漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

ダメな私に恋してください10巻39話のネタバレ感想

  コメント (4)

YOU2016年8月号のダメな私に恋してください39話のあらすじです♪

39話はおそらくコミック10巻に収録。10巻の発売日は2016年9月ごろだと思います。

ダメな私に恋してください10巻39話のあらすじ【ネタバレ注意】

実家

実家へ帰ってきたミチコ達。しかし、お父さんは庭で草むしりをして、顔を合わそうともしません。

お母さんは、せっかく来てくれた主任に申し訳なくなります。

「いつもこんなじゃないのよ?」

「いつもこんなですよ」

「そうねだいたいこうね」

ミチコにこんなステキな彼氏ができたなんて信じられないお母さん。お金でレンタルでもされたんじゃないかと疑われ、ミチコは必死に否定します。

「じゃ なにしたのあんた」

「なにって・・・」
「多大なご迷惑をおかけすることしかしてないかな・・・」

ミチコを見ながら微笑む主任。

「ちょっとくらい否定してくださいよ」

「しようと思ったけど言葉が出なかった」

ミチコとお父さん

そんなやり取りをしていると、お父さんがノソッと家を出て行ってしまいます。

主任に2人で話をしてくれるように言われ、お父さんを追いかけていくミチコ。橋の上で寂しそうにたたずんでいるお父さんに、ミチコが話しかけます。

「あのね」
「お父さん」
「私あの人のこと大好きなんだ」

「・・・結婚してもらえんでもか」

「・・・うん」

たとえ今は結婚してもらえなくて、がんばっていい女になるというミチコ。

「それで自信がついたら」
「もう一回ちゃんとプロポーズしてみる」
「だからお父さん」
「もうちょっとだけ待ってて」

少しの間無言でミチコを見つめ、トボトボと歩き出すお父さん。

「待っとる間にミイラになりそうじゃな」

主任とお父さん

ミチコ達が帰ってきて、みんなで一緒に夕食を食べます。しかし、食事中もお父さんはずっと無言のまま。

食事を終えると、外から賑やかな音が聞こえてきます。この日はお祭りのようで、お母さんがミチコに浴衣を着せてることになります。

ミチコとお母さんが着付けをしている間、居間には主任とお父さんが二人っきりに。相変わらずお父さんは無言で、気まずい雰囲気が流れます。

「・・・あの」
「先日は本当に変な姿を見せてしまってすみません」
「いつもはちゃんとしてるんですけど」

「・・・・・・・・・・・・うん」

主任とりあえず、この前のことを弁解。

そして、自分の結婚観について話し始めます。自分は頑固で我儘で、自分の勝手に他人を巻き込むのが嫌で、家庭を持つというのもピンとこないという主任。

「・・・でも」
「・・・最近彼女といると時々思うんですよ」
「彼女となら迷惑をかけたりかけられたりしながらでも」
「毎日楽しくやっていけるんじゃないかって」

そう言いながら、主任はミチコとの楽しい日々を思い浮かべます。

「・・・嫁らしいことは何ひとつできんぞあいつは」

「嫁らしいことは大体僕がこなせます」

「・・・そうか」

主任の方へ向き直り、もう2人のことに口を出さないことを約束するお父さん。

そんなお父さんには、主任はまた改めて挨拶に来ることを伝えます。

「今度来る時は」
「娘さんをくださいってお願いすると思います」

お祭り

主任とミチコは、二人でお祭りに出けています。

お父さんの態度が悪いことを謝るミチコ。しかし、ミチコはそんな話をしてる間にも、たこ焼き等をパクパク食いまくります。

「主任も食べます?」
「はいどうぞ」

ミチコがたこ焼きを1つ差し出しますが・・・

その手を押しのけ、不意打ちでチュッとキスする主任。

「ごちそうさま」

ニヤッと笑う主任に、ミチコは真っ赤になって狼狽してしまいます。

「なっなにっ」
「なに言ってんですけスケベー!!」

翌日

翌日、帰っていくミチコと主任を、お父さんとお母さんが見送ります。

「・・・娘を」
「よろしく頼む」

「・・・お父さん」

無愛想ながらも、心から心配するように、主任へミチコを託すお父さん。そんなお父さんの姿を見て、ミチコはボロボロと涙が溢れてきます。

「お父さん!!」
「私っ」
「幸せになるから!」
「絶対」
「幸せになるからぁ!」

ミチコと同じように、お父さんの目からも滝のような涙が流れてきます。

「ミチコー!!」
「信じて待っとるぞー!!」

「待っててー!!」

「幸せになるんじゃぞー!!」

「はいー!!」

「気合じゃー!!」

「気合じゃー!!」

ダメな私に恋してください10巻39話の感想【ネタバレ注意】

今回のダメ恋も、軽快なボケツッコミを挟みながら、テンポよく話が進んでいってすっごい面白かったです(笑)

お父さんも主任のことを認めてくれましたし、主任もプロポーズの一歩手前という気持ちになっているのが分かりましたし、いいことだらけでしたね~

ネコミミマスターの誤解も解くことができましたしね(笑)お父さんの反応はすっごい微妙だったけど(笑)

お父さんは、主任のことを認めてくれましたけど、それでもやっぱりとても寂しそうでした。

正直、娘を嫁にやる父の気持ちっていうのはよく分かりません。すでに家を出ちゃってるので、あんまり変わらないような気もしますけど、娘がもう自分のものじゃなくなるっていうのが、やっぱり寂しいのかなあ。

でも、お父さんの人見知りさえ無くなれば、主任とお父さんはすっごい気が合うと思うんですけどね(笑)

結婚までは、まだまだ引っ張って欲しいですけど、主任とお父さんがもっと仲良くなって、二人の掛け合いをいっぱい見たいなあと思います♪