漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

ダメな私に恋してください2巻6話のネタバレ感想

  コメント (0)

ダメな私に恋してください6話のあらすじです♪
6話はコミック2巻に収録されています

ダメな私に恋してください2巻6話のあらすじ【ネタバレ注意】

むくりと起き上がる主任。

「・・・おはよう」
「ございます」

すると部屋の隅に、恐ろしい形相で布団をかぶって座っているミチコが。昨日、寝ぼけてキスをされてしまい、動揺して寝られなかったミチコ。

主任が作った朝ごはんを一緒に食べて話をしますが、主任は昨日のことを全然覚えていないようです。

「春子って誰ですか?」

唐突に訊かれて、ブホッと飲み物を吹き出す主任。しかし、知らない、聞き違いだと護摩されてしまいます。ミチコも自分には関係ないことだと言い聞かせ、忘れることに。

お店が開店すると、後輩の柴田が結婚式の招待状を持ってやっきます。会社が潰れたことがキッカケで、結婚することになったという柴田。

「先輩」
「ピンチはチャンスですよ」

そう言われるものの、ピンチが大ピンチになっているミチコは笑えません。しかし、幸せそうな柴田の笑顔見ていると、自分もがんばろうという気になってきます。

(私もこの大ピンチを幸せに変えたいね)
(今度はちゃんと恋をして)
(ちゃんと幸せになりたい)

翌日

翌日、寝坊してしまうミチコ。しかし、珍しく主任も寝坊して、さらに遅れてやってきます。

テリーが調子悪いと主任は酔うと言っていたことを思い出すミチコ。もらった映画のチケットで、息抜きでもしてもらおうと思います。

しかし、それを伝えると付き合うよう誘われ、動揺してしてしまうミチコ。

(だって)
(主任とふたりきりで夜に車乗って映画って)
(それって)
(それって)

店が終わり、映画へ向かうミチコたち。ミチコが飲み物を買ってこようとすると、主任に止められます。女はただ待っていればいいと言って、自分が買いに行く主任。

(やめてくださいよ)
(モテない女はそういうの慣れてないんですよ)

映画を見終わると、一緒にゲームセンターへ。ミチコがUFOキャッチャーのバカでかい肉の抱きまくれに見とれていると、主任がアッサリと取って渡してくれます。

肉の抱きまくらを抱いたミチコを見て、「なかなか似合う」とイタズラっぽく笑う主任。誰かに物をもらたことなんてないミチコは、涙が溢れそうになってきます。

(・・・ほんとやめてください)

夜景

帰りに夜景スポットへ寄り道。ボーッと夜景を眺めている主任に、ミチコが声をかけます。

「・・・主任」

「ん?」

「・・・やっぱいいです」

しかし、喉まで出かかった言葉が出てきません。

(ほんとに好きな人いるんですか?)
(彼女がいても忘れられないくらいの)

自分がそれを聞いてもしょうがないと言い聞かせるミチコ。

しばらく夜景を眺めて帰っていくと、冷たい風が吹いてきます。サッと上着をかけてくれる主任。ミチコは泣き出しそうになってしまいます。

(かんべんしてください)
(モテない女は単純なんです)
(ちょっとやさしくされるとすぐに)
(はあ・・・)

ベッド

店の部屋に戻り、もらった肉の抱きまくらを抱いていると、どこか幸せな気持ちになってくるミチコ。その夜は、主任の夢を見えしまいます。

怨霊に囚われたミチコをさっそうと現れた主任が助けます。そして、二人は見つめ合い・・・

「柴田ァァァ!!」
「いつまで寝てんだ起きろ!!」

そこへ主任が怒鳴りこんできます。

「・・・・・・はい」

真っ赤な顔で返事をするミチコ。

(主任はあのやさしいキスを)
(誰にするつもりだったんだろう)