漫画ファンBlog

大好きな漫画について語り合いましょう♪

ダメな私に恋してくださいR1巻4話のネタバレ感想

      コメント (0)

YOU2017年2月号のダメな私に恋してくださいR4話のあらすじです♪

4話はコミック1巻に収録されると思います。

ダメな私に恋してくださいR1巻4話のあらすじ【ネタバレ注意】

ミチコと主任

「ちがうんです主任!」

「あ゛?」

言い訳しようとするミチコを、主任が恐ろしい形相で睨みつけ、ミチコは見がすくみます。

ウソをついたことを素直に認め、主任に謝るミチコ。しかし、ウソをつかれた主任は、怒りが収まりません。

「・・・私」
「仕事やめた方がいいですか?」

ミチコの言葉に、さらにイラッとする主任。

「知らねえよ勝手にしろよ!」

「だって!」

「社長と仕事することに怒ってんじゃねつってんだろ!人の話聞いてんのか!?」

「聞いてますよ!」

「だったらオレの器に委ねるのやめろよ!」

「器の話はしてないです!」

結局、不機嫌な顔をしたまま主任は部屋へ戻っていきます。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

翌日

朝になっても主任の怒りは収まっておらず、ミチコは朝ごはんにもありつけないまま出社。どうしていいか困り果て、就業後ミチコは晶のお店へ向かいます。

晶に全ての経緯を打ち明け、泣きそうになるミチコ。しかし、そんなミチコを見て、晶はどこか嬉しそうな表情を浮かべます。

すると、晶がイキナリ主任に電話をかけ始めます。

「もしもし黒沢くーん?」
「いま黒沢くんのかわいいハニーちゃんと一緒にいんだけどぉ」
「しばらくの間拉致らせてもらうわ」

「・・・は?」

「誘拐だよ誘拐」
「器の小せえ男に天罰」

「禁句!!」
「晶さんそれ禁句だから!」

「返してほしけりゃ一億用意しなあー」

「晶さん!!」

隣でミチコが狼狽しているものの、晶は無視。言いたいことだけ言って、電話を切ってしまいます。

「はいオッケー」

「なんてこと・・・しばかれる・・・」

「大丈夫だって」
「すぐ黒沢くんが迎えに来るって」

大泣きするミチコを適当になだめ、晶の部屋で2人で主任を待つことになります。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

晶の部屋

晶の部屋で主任を待つミチコ達。しかし、いつまで経っても、主任はやってきません。

「来ないじゃないですかあ!」

「だよねー」
「あいつ根に持つタイプだもんねー」

「だもんねーじゃないですよ!」

結局、ミチコは店へ帰ることもできず、そのまま晶の部屋に泊めてもらうことに。

「やーでも安心したわあ」

「え?」

布団に入ると、ニコニコしながら晶が話しかけてきます。

「あんた愛されてるじゃん」
「黒沢くんに」
「ヤキモチ焼かれてるでしょ」

晶の言葉にハッとするミチコ。

「・・・黒沢くんはもう誰のことも好きになんないんじゃないかって思ってたんだよね」
「ファルコンの呪縛で」

「春子さんですよね」

「ファルコン」

「春子」

「サンコン」

「春子」

「なんでもいいわ」
「よかったよかった」
「柴田お幸せに♡」

そう言って、晶は何の心配もないようにサッサと寝てしまいます。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

会社

翌日、ミチコの会社へ南雲社長がやってきます。ミチコのおかげで価格設定が見直されたらしく、南雲社長はミチコにお礼を伝えます。

そして、この前2人っきりで遅くまで付き合わせてしまったことを謝る南雲社長。その話題になると、ミチコは主任のことを思い出しシュンとなってしまいます。

そんなミチコの様子を見て、南雲社長が耳打ちしてきます。

「仕事のお話は終わったんでここからはプライベートなアドバイスですが」
「こんなくだらないことで彼女につらい顔させる男なんてロクな奴じゃない」
「別れた方がいいですよ」
「じゃあまた」

(な・・・)
(な・・・)
(な・・・)
(なんだとー!!)

南雲社長の言葉にフツフツと怒りが沸いてくるミチコ。帰っていく南雲社長をあわてて追いかけます。

「別れませんよ!!」

「そう」
「残念」

南雲社長はクスクスとおかしそうに笑います。

(ムキーーーー!!)
(おかげで目が覚めたわ)
(へこんでぐずぐずしてる場合じゃない)
(帰るぞ!!家に!!)

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

お店

そのころ、晶は主任のお店を訪ねます。やって来た晶を、主任はジッと睨みつけます。

「ヘソ曲げた器の小せえ男に仲直りできるチャンス用意してあげてんでしょー?」
「なにが気に入らないのよ」
「たかがポッと出の社長でしょ?」

南雲社長の顔を思い浮かべる主任。

「・・・兄貴にちょっと似てんだよ」

「・・・ふーん」
「なるほどね」
「そっちの呪縛か」

主任の返事に、晶が頷きます。

「は?」

「どっかの社長がファルコン持ってったみたいに柴田も持ってかれるかもしれないってワケね」

「ファ・・・?」

「バッカみたい」
「柴田が今さら心変わりなんてありえると思う?」
「あの子 黒沢くんのこと大好きじゃん」
「知ってるでしょ?」

ミチコの顔を思い浮かべる主任。主任のことになると、思いっきり喜び悲しむミチコの姿が思い出されます。

「・・・知ってる」

ミチコのことで思いっきり思い悩む主任を、晶はニヤニヤしながら見つめます。

「やーだ」
「くろさわクンかぁーわいー♡」

「!」
「うるせいえなとっとと帰れ!」

晶の部屋

夜、仕事を終えて帰ってきた晶を、ミチコが出迎えます。

「わたし帰ります!」
「ボッコボコにしばかれてもいいから」
「土下座する勢いで帰ります!」
「大好きな主任のところに!!」

ミチコは思いっきり晶に宣言。そんなミチコを見て、くっくっくっとおかしそうに笑う晶。

すると、晶の後ろからのそっと主任が現れます。

「帰るぞ」

「しゅに~~~~ん!」

ミチコが主任に飛びつき、一緒に帰ることに。

帰り道、ミチコはウソをついたことを改めて謝ります。

「・・・クリスマス」
「空けとけ」

「へ・・・?」

「温泉予約取ったから」

ウルウルと涙が溢れてくるミチコ。

(やったーーー!!)
(温泉だーーー!!)

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

ダメな私に恋してくださいR1巻4話の感想【ネタバレ注意】

ミチコと主任のケンカは、もうちょっと長引くのかな?と思ってたんですけど、1話で無事仲直りできたみたいです。

ミチコ死にそうになってたので、よかった♪ 仲直りできたのは晶のおかげですね~ さすがに、主任のこと良くわかってる。

晶から「器が小さい」と言われまくる主任が面白かったです。男性が言われたくない言葉ベスト5に入りそうなフレーズですね(笑)言われてもないのに、最初は主任が自分から言ってたので、自覚はあるのかもしれません(笑)

まあ、器がどうこうって、あんまり関係ない気もするんですけどね。誰だって大切なものに対しては、あれこれ言いたくなってしまうと思います。それだけミチコのことが好きなんだなあと、ほっこりしました。実際、晶と付き合ってる時は放置気味だったみたいですし。

次回は多分2人で温泉に行くことになるのかな。ラブラブな展開になるのか、温泉でもまた一悶着あるのか、どっちの展開になるのか楽しみです♪