漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

デスノート1巻1話のネタバレあらすじと感想

  コメント (0)

デスノート(週刊少年ジャンプ)1巻1話のあらすじです♪
以下、ネタバレを含むのでご注意ください。

デスノート1巻1話のあらすじ【ネタバレ注意】

「?」
「ノート?」
校庭に黒いノートが落ちているのを見つける八神月(ライト)17歳。表題は「DEATH NOTE」。そして、裏表紙にはノートの使い方が書かれています。

・このノートに名前を書かれた人間は死ぬ
・各人間の顔が頭に入ってないと効果はない
・名前の後に人間界単位で40秒以内に死因を書くとその通りになる
・死因を書かなければ全てが心臓麻痺となる
・死因を書くと更に6分40秒詳しい死の状況を記載する時間が与えられる

5日後
ライトが机の引き出しからデスノートを取り出し見つめていると・・・
「気に入ってるようだな」
「う」「うわっ・・・」
なんと死神が現れます。名前はリューク。驚いて腰を抜かしたものの、落ち着くとリュークを怖がる様子はないライト。そして、リュークにデスノートを開いて見せると、そこにはギッチリと大量の名前が。
「くくっ・・・これは凄い」
以前にも、人間界にデスノートが出回ったことはあるものの、ここまでノートを使った者はいないと言うリューク。よくこんなに書いたと感心していると・・・

「退屈だったから・・・」
最初は信じなかったものの、このノートには誰でも試したくなる魔力があるというライト。幼児らを人質に保育園に立てこもる通り魔のニュースを見て、試しに犯人の名前を書いてみることにします。しばらくすると、建物から人質が出てきて、犯人が心臓麻痺で死んだという報道が。
(心臓麻痺・・・)
デスノートの効果かと思いながら、偶然の可能性も考えるライト。

塾帰り
ライトは全国模試で1位になるほどの優等生です。帰宅していると、自己紹介しながら女性に絡むチンピラを発見。もう一度デスノートを試してみることに。
40秒後・・・
ゴシャッ
トラックに轢かれるチンピラ。
(き・・・決まりだ)
(デスノート)
(本物だ!!)
驚き狂喜するライト。

しかし、ひとを二人殺したという事実がライトに重くのしかかります。夜はうなされ眠れず、5日で4キロも痩せたライト。それでも・・・
(世の中は腐ってる)
(腐ってる奴は死んだ方がいい)
常々そう思っていたライトは、世の中を変えるため犯罪者の名前をノートに書き続けます。

デスノートを眺めていると、リュークはチンピラに事故死を試した以外は死因が書かれていないことに気づき、なぜだか訊ねます。犯罪者が次々と心臓麻痺で死んでいけば、みんな誰かが悪人を消していることに気づくはずだと言うライト。
「世の中に知らしめるんだ僕の存在を」
「正義の裁きをくだす者がいるって事を!!」
「僕は新世界の神となる」