漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

デスノート1巻7話のネタバレあらすじと感想

  コメント (0)

デスノート(週刊少年ジャンプ)1巻7話のあらすじです♪
以下、ネタバレを含むのでご注意ください。

デスノート1巻7話のあらすじ【ネタバレ注意】

バス停で女友達のユリと待ち合わせをするライト。これからスペースランドへデートのようです。その様子を眺める尾行者。平日は学校と予備校、休日はたまにデート。いたって普通の学生だと、ライトを疑う様子はありません。ライト達は後ろの方の席に座り、尾行者はさらにその後ろへ。

(来た!!)
(奴だ!!)
スペースランドへ向かうバス。次のバス停へ停まると、ライトがデスノートに書き込んだ麻薬常習犯が乗り込んできます。

「このバスは俺が乗っ取った!!」
運転手へ銃を突きつける犯人。そして、運転手にスペースランドへ電話させると、売上を指定の場所へ持ってくるよう伝えます。

突然、バスジャックに遭遇し怯えるユリ。そんなユリにライトはメモを見せます。刑事である父からこういう時の対処は習っていて、犯人の隙を見て銃を押さえると書かれています。後ろから、そのメモを覗いて驚く尾行者。

「危険だ」
「やめろその時は私がやる」
ライト達の安全を考え、小声でやめるよう話しかける尾行者でしたが・・・
「あの犯人の共犯者ではないという証拠はありますか?」
自分を信用しないライトに、身分証を見せてしまいます。
(し・・・仕方ない・・・)
(八神月がキラであるわけはない・・・)
(キラなら犯人を心臓麻痺で殺せるんだ・・・)

尾行者から渡された身分証はFBIのもの。名前はレイ・ペンパー。FBIが日本警察関係者を探っていたことが分かり、さすがに驚いた様子のライト。しかし、平静を装い、万が一の場合は任せることを伝えます。

ポロ・・・
ライトのポケットからメモがこぼれ落ちます。
「おい おまえ!」
「動くな!!」
「なんだその紙は・・・」
犯人がそれに気づき、乗客同士メモで相談していたのかと疑います。しかし、拾って見てみると、デートの時間と待ち合わせ場所のただのメモ。

ひと安心する犯人でしたが・・・
「な・・・なんだてめーは!?」
イキナリ現れたリュークに驚愕。
「おまえ俺の姿見えるのか・・・?」
リュークもなぜ自分の姿が見えているのか分かりません。

発狂したようにリュークに向かって銃を撃ちまくる犯人。ライトが犯人に拾わせたメモは実はデスノートから切り取ったもの。周りには麻薬中毒者が幻覚を見ているようにしか思えません。

「ひぃぃ~~~~っ」
銃の弾が切れ、犯人がバスを止めさせ外へ飛び出すと・・・
キキキキキキキキキキ
後ろから来た車に轢かれてしまいます。

その様子を冷静に見つめるライト。
「ジュスト11時45分」
「デスノートに狂いなし」
犯人の一連の行動は全てライトがデスノートに書き込んだものだったようです。