漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

覆面系ノイズ12巻66話のネタバレ感想

  コメント (0)

花とゆめ2016年23号の覆面系ノイズ66話のあらすじと感想です♪

66話はおそらくコミック12巻に収録されると思います。

覆面系ノイズ12巻66話のあらすじ【ネタバレ注意】

部室

「だめだめじゃん!!」
「指全然動いてないし動きとかヨボヨボだし!」
「あんな最低なライブ美桜初めてなんだけど!?」

美桜に怒鳴られるハルヨシ。

結局、3ヶ月も楽器に触っていないハルヨシはヨボヨボの動きで、見ている新入生達もドン引きだったようです。

これで、もう新入部員は期待できないと、誰もが思ったその時・・・

「失礼します」
「1年D組神余杏です」
「軽音部入部希望です」

なんと入部希望者がやってきて、みな湧き上がります。

それぞれが自己紹介をしていると・・・

「あ」
「梅田のクアトロで泣いてた人」

杏がクロの顔を見て、声をかけます。

「う」
「梅田て大阪の?」
「行ってへんよー」
「人違いちゃう?」

どうにか平静を装って誤魔化すクロ。

しかし、確かにあの時この子がいたのを思い出し、冷や汗が出ます。

翌日

「桃ちゃんその子誰~?」

放課後、ニノがモモと一緒に帰っていると、モモのクラスの女の子が声をかけてきます。

「・・・幼なじみ」

「・・・・・・」

幼なじみという言葉に引っかるニノですが・・・

「・・・幼なじみだろ」

「・・・イ」
「イエス幼なじみ」

訂正もせず、そのまま帰って行きます。

そのころ部室では、クロがひとりでドラムを叩いています。

(新曲はよ合わせたいな・・・)
(・・・ドラム)
(楽しいな・・・)
(なあ)
(ユズくんオレ)
(これから何のために叩けばええんやろ)

「あ」

そこへ杏が入ってきます。

「すみませんお邪魔して」
「入ってもいいですか」

一緒にベースを引き始める杏。

すると、ニノと美桜もやって来て、あっという間は3人は仲良く話を始めます。

杏がいい子のようで、ホッと安心するクロ。

「俺ジュース買うてくるー!」
「皆何がええ?」

自販機

クロがおごりのジュースを買いに、自販機まで来ると、運ぶのを手伝いに杏もやって来ます。

「おおきに」
「助かるわー」
「杏ちゃん何やったっけ」

杏に訊ねるクロ。すると、杏は当てっこしようと言い出します。

「ええで当てるでー!」
「杏ちゃんは~ーいちごミルク!!」

「違います」

杏は、スパッと否定。

「ざんねーん!」
「じゃあ次杏ちゃん!」

「牛乳ですか」

「ぶー!オレ牛乳苦手!」

「そうですか」

自分で言い出しておいて、ろくに反応もせず、スタスタと先に帰っていく杏。

(なんやこの子)
(ぜんぜんわからん!!)

翌日

廊下でモモがクラスの女の子と話している姿を、物陰から見つめているニノ。

「どしたん仁乃っち」

イキナリ後ろからクロが声をかけてきて、ドキッとします。

「・・・クロくん」
「今わたし醜い顔してない・・・?」
「こんなやきもち初めてで」
「こころの中がぐちゃぐちゃしてて」

真っ赤な顔でそう訊ねると、ニノはその場にうずくまってしまいます。

「・・・仁乃っちはさあ」
「モモに想い届ける為に歌ってたやろ」
「ほんなら」

モモに想いが届いた今、何のために歌うのか、クロはニノに聞こうとしますが・・・

「考え過ぎー!!」
「妬いてることそれとなーく本人に言うてみ~」

結局、聞けずにごまかしてしまいます。

(俺のアホ)
(ニノっちに聞くことちゃう)

保健室

放課後、クロは保健室のベッドに寝っ転がっています。

うつろうつろしていると、羽依や兄のことを考えてしまいます。

「羽依・・・」

目の前の手を握りしめるクロ。

「うわごめっ寝ぼけてて!」

目の前にいたのは、杏。クロはあわてて跳ね起きます。

杏は、何となく元気のないクロのことが心配な様子。

「黒瀬先輩ドラム嫌いなんですか?」
「気のせいだったらすみません」
「黒瀬先輩」
「叩いてる時」
「いつも泣きそうなので」

今まで楽しいと自分に言い聞かせ、笑いながらドラムを叩いていたクロ。

誰にも言われたことがないことを、杏に指摘されハッとします。

「これ」
「飲んでください」
「お大事に」
「それから」
「梅田のこと」
「みなさんがいるところで話してしまってごめんない」

紙パックのジュースを手渡して、部活へ戻っていく杏。

1人になり、クロがもらったジュースをよく見てみるとそれは牛乳です。

「・・・苦手て言うたやんけ・・・」
「・・・・・・」
「めっちゃ苦手なタイプ・・・」