漫画ファンBlog

大好きな漫画について語り合いましょう♪

覆面系ノイズ13巻75話のネタバレ感想

      コメント (2)

花とゆめ2017年11号の覆面系ノイズ75話のあらすじと感想です♪

75話はおそらくコミック13巻に収録されると思います。

覆面系ノイズ13巻75話のあらすじ【ネタバレ注意】

次の曲

予定を変更して始まった次の曲。ニノは、声を全くセーブせずに歌い続けます。

(アリス)
(僕にはわかるよ)
(どうせろくでもないこと考えてんだろ)

このままではイノハリを駄目にしてしまう。モモを手放したくない。

ニノの考えていることが手に取るように分かるユズ。そして、両方を掴みに来ようとしないニノが歯がゆくてたまりません。

(怖くても)
(もう自分からは逃げないと決めた)
(ニノ)
(俺はここにいるから)

その頃、舞台裏では・・・

「リハからセトリ変わってますよね!?」
「困ります!」

「申し訳ない!」
「さすがに変えるのは順番だけかと!」

突然の変更に、やはり みな大慌て。ヤナさんが、対応に追われています。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

ラス前

さっきの曲が終わり、ラス前の曲。ダダーンとユズがイントロを弾き始めます。

「次はコレえーっと」

「あっ新曲です!」

順番の変更に加えて、ここでまさかの新曲。舞台裏はさらに大混乱に陥ります。

この曲はイノハリの中でも、比較的穏やかなもの。

(もう限界だろアリス)
(ここで一旦クールダウンして・・・)

ユズはここで一旦ニノを休ませようと意図しますが・・・

ニノは構わずフルスロットルで声を張り上げます。

(この曲で声張るとかバカかよ)
(ごうじょっぱりーーー!!)

(もうやめる準備に入ったって言ってるじゃない)
(眼帯牛乳ーー!!)

ユズとニノは顔を付き合わせ、目と目で互いを罵り合います。

(ふざけんなよ)
(この曲は)
(この曲は・・・)

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

ユズ

この曲は、ユズが父の遺骨と「再会した」帰りの電車で書いた曲。

父が遠い海に消えた時から歌えなくなったユズ。もし、父に「会えたら」、また歌えるようになるのではないかという予感がします。

(でも)
(歌えたら君を求める理由が消える気がして)
(息を吸うこともできなかった)

それからすぐニノとモモが付き合い始め、いつも溢れていた音が全く出てこなくなります。そして、かわりに毎日ニノが夢に現れるように。

(僕の腕の中で)
(きみは榊を想って歌ってた)
(歌も音もなくした)
(からっぽの僕の中に)
(皮肉な恋心だけが残ってた)

いつか自分は空っぽだと言ったニノ。

しかし、ユズはそんなの嘘だと分かっています。そして、ニノがどんなにもがいても、絶対に断ち切れないと確信します。

(僕の恋もきもの歌も)
(きっと捨てるなんでできない)
(だって僕らは)
(ひどく諦めが悪いんだから)

その時、突然ユズが自分の口を覆っていた包帯を剥ぎ取ります。

(もう歌わないと言ったきみを止めた)
(あの時みたいに)

すーーーっと大きく息を吐くユズ。

(今ならきっと)
(きっと)
(きっと・・・!)