漫画ファンBlog

大好きな漫画について語り合いましょう♪

ヒノワが征く!1巻2話のネタバレ感想

  コメント (0)

ビッグガンガン2017年8月号のヒノワが征く2話のあらすじです♪

2話はおそらくコミック1巻に収録されると思います。

ヒノワが征く1巻2話のあらすじ【ネタバレ注意】

家の前で剣の訓練をしているヒノワとトバリ。

「必殺」
「二十三式」
「超トバリ斬りぃ」

二刀流のトバリが片方の剣を投げつけ、ヒノワに隙ができた瞬間、頭をスパアンと打ち付けます。

「やったぜ今回もトバリ様の勝ちぃー!」

「くっ」

勝ったトバリは大喜び。そして、ヒノワが再戦を挑もうとしていると、家からアカメが出てきます。

「・・・お前達が・・・」
「手当してくれたのか?」
「本当にありがとう礼を言う」
「私はアカメ」

「私はヒノワ」
「彼女はトバリだ」

3人は軽く自己紹介を交わします。

「それで・・・」
「ここは神和の国なのか?」

「神和ぁ?」
「蒼海国だぞ」
「な?」

トバリはヒノワの方へ顔を向けます。

「千年ほど前」
「統一国家だった頃は確かに神和と呼ばれていたが・・・」

(!!)
(来られたんだな・・・)
(目的の地に)

アカメは2人に案内してもらい、外を歩くことに。辺りは自然豊かでのどかな風景が広がっています。

「アカメ!」
「お前がどこから来たとかすげえ興味ある」
「今度塾に連れて行くからオレや皆に聞かせてくれよ」

トバリはアカメに興味津津の様子。

「・・・塾?」

「そこで仙人に武術や学問」
「色々教わってるんだ俺たち5人は」

「この戦国の世で功を立てていくためにな」

トバリの説明をヒノワが補足します。

(今この国はそういう時代なのか)

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

夜、ヒノワ海の幸のいっぱい詰まった鍋を振る舞われ、アカメは美味しそうに食べていきます。

「・・・それにしても」
「ここは賑やかだな」

ヒノワの家の中では、たくさんの犬や猫が駆け回っています。

「あはは拾った以上幸せにしてやらないとな」
「アカメも責任持って幸せにするぞ」
「知らない土地に1人で大変だろうが私がいるから」

ヒノワは困っている人や動物を放っておけない性分のようです。

「・・・他の家族は」

「父は・・・思い病気にかかり良い医者に診せられず死んだ」
「母は二度とそんな思いをしないようにと金を貯めるべく」
「休漁期に志願兵となり戦死した」

少し顔を曇らせながら、身の上話を始めるヒノワ。両親が亡くなり、今は1人で漁をして暮らしているようです。

始めは組合に入っていたものの、まだ子供はヒノワはいくら良い獲物を獲っても休漁を上げてもらえません。そして、組合を抜けてからは嫌がらせを受けることもあるようです。

これまで弱い立場で嫌というほど理不尽さを味わってきたヒノワ。

「だから私は・・・」
「これから先」
「大切な者を守るためにも」
「自分の誇りを守るためにも」
「偉くなりたい」

ヒノワは力強く宣言します。

「・・・戦場に出て功を立てるというのか」
「お前への手助けが出来るかもしれない」

翌日から、アカメの指導のもと、ヒノワの訓練が始まります。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

3日後

それから3日後、ヒノワとトバリは再び模擬戦を行います。

「なんかやりづらくなったなヒノワ!」

今回は2人は一進一退の攻防を繰り広げます。

(アカメとの鍛錬でわかった)
(自分がどれだけ道場的な戦い方をしていたかを)
(もっと柔軟でいい!)
(固く考えるな!)

地面を滑るようにして、ヒノワへ突っ込むトバリ。

「必殺」
「二十三式」
「超トバリ斬りぃ」

膝下への攻撃交わしながら、ヒノワは足場の悪い場所まで後退してきます。

(転がるのを諦めて立ち上がる瞬間・・・)

スパアアアアン

トバリが身体を起こした瞬間、ヒノワの木刀がクリーンヒットします。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

アカメとヒノワ

「見事だヒノワ!」

「アカメが鍛えてくれたお陰だ」

2人の戦いを観戦していたアカメがヒノワの方へ歩いてきます。

「・・・こういう風に」
「少しずつお前に・・・」
「お前たちに恩返しをしていきたい」
「まだ暫く家に置いてもらっていいか?」

「当たり前だろ」
「どうして遠慮するんだ」

ヒノワが怪訝そうに問い返します。

「・・・私は元いた国で任務として沢山の人を殺めた」
「追われているわけではないが・・・」
「私がいると積もった因果でろくなことが怒らないかも・・・」

ヒノワは、アカメが悲しそうな目をしている理由を察します。

「それは頭の理屈だよな」
「心は?」

「・・・まだここにいたいと思う」

「じゃそうしろ!」
「大歓迎だ!」

太陽なような明るい笑顔を浮かべるヒノワ。アカメはヒノワといると、不思議と温かい気持ちになるのを感じます。