漫画ファンBlog

大好きな漫画について語り合いましょう♪

ひるなかの流星番外編Redのネタバレ感想

      コメント (1)

マーガレット2017年8号のひるなかの流星番外編Redのネタバレ感想です♪

ひるなかの流星番外編Redのあらすじ【ネタバレ注意】

馬村の部屋

この日、すずめは馬村の部屋へ来ています。

「おい」
「すー」
「ちょっとここ座れ」
「もっと近く」

そう言って、すずめを自分の隣に座らせる馬村。

「いいか」
「一度しか言わねーからな」
「オレ」

ピピピピピピピピ

馬村が何かを言いかけた瞬間、すずめの携帯が鳴り出します。

「・・・・・・」
「もういい」
「気がそがれた」
「電話出ろよ」

「ごめん」

すずめは馬村に謝り、チュッとキスをします。

(・・・ったく)
(時間はまだたくさんあるから)

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

翌日

「馬村」
「ちょっと」

馬村は会社で上司に呼ばれ、何やら話をされます。

その日の夜、馬村は猿丸や犬飼と一緒に飲みに行きます。

「なーちゃんときいてる!?」
「何だよ馬村ボーっとして」

話をしていても、何かボーっとしている馬村。そして、犬飼達から仕事のことを聞かれると・・・

「転勤決まった」

馬村は静かにそう答えます。

「え!!」
「マジ・・・」
「けどホラ」
「これを気に与謝野さんと結婚てのもアリじゃない」

ほんの少しの間、すずめのことを考え込む馬村。

「どうかな」
「きっと言えばついてきてくれるだろうけど」
「オレのこと隙なら来てくれって」
「何か違う気がすんだ」

犬飼達はキョトンとしてしまいます。

「・・・・・・」
「何か」
「めんどくさいねお前」

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

高校時代

(オレは)
(あいつのこととなると)
(昔からそうなるんだ)

高校時代のことを思い出す馬村。

「馬村ってさ」
「案外面倒くさいタイプだよね」
「調子悪いなら別日にしたのに」

ベッドで寝込んでいる馬村にすずめが話しかけます。熱があるのを押して、すずめとデートに行った馬村は、イキナリ倒れてしまたようです。

「キャンセルできるわけないだろフツー」
「ちゃんと付き合って」
「一回目のデート」
「キャンセルなんてできるわけねーじゃん」
「・・・悪かったな」
「めんどくさくて」

そんな馬村にすずめはチュッとキスをします。

唇を離すと、真っ赤になるすずめ。そして、同じく馬村も真っ赤な顔で呆然となります。

「じゃあ」
「早く直して」
「早く仕切り直し行こう!」

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

すずめ

割烹で板前の見習いをしているすずめ。この日 仕事を終えると、すずめもゆゆか達と飲みに行きます。

この日は、ののかの恋愛相談で盛り上がります。

「いーなーみんな相手がいて」

みんな相手がいるのに、自分だけは独り身の亀吉。あまりの寂しさに、みんなの前で嘆いてしまいます。

「もーいいじゃん」
「カメは猿丸で」

「やだよ猿丸なんて~!!」
「あ!」
「そだ!!」
「猿丸で思い出した!!」
「こないだ猿丸から聞いたんだけど」
「馬村」
「福岡に転勤になるんでしょ?」

亀吉の話のすずめはキョトンとなってしまいます。

「えーーーーっと」
「なにその話?」

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

すずめと馬村

「うお!!」
「何お前・・・」
「来てたならそういえよ」

馬村が部屋へ帰ってくると、静かな部屋で1人すずめが正座していて驚いてしまいます。

「馬村」
「福岡行くって」
「本当?」

悲しそうに訊ねるすずめ。

「うん」

馬村が静かに肯定するとすずめは怒り出してしまいます。

「何で言ってくれないの」
「私しには関係ないから?」
「それとも私と別れるつもりだから?」

「オレなんかのために」
「仲良い友達もおいて」
「仕事もやめて」
「それが本当にお前にとって幸せなのか」
「そんなのオレが勝手に決められることじゃねーだろ」

そんな馬村の頬を両手でパチンと叩き、すずめは真っ直ぐな瞳で馬村を見つめます。

「私の幸せは」
「おいしい魚をおいしく調理することと」
「馬村の隣にいることで」
「おいしい魚は背荷重どこでもあるけど」
「馬村はたった1人しかいないんだよ」
「そんな」
「比べる以前の問題でしょ」

初めて出会った時から、こんな真っ直ぐなすずめが好きだったことを思い出す馬村。

「結婚しようか」
「オレの隣にいてよ」
「後悔させないから」

馬村の顔は真っ赤に。同じくすずめも顔を真っ赤にして硬直してしまいます。

「・・・が」
「がってんしょーちのすけ」

ニッコリと笑顔で見つめ合う二人。

「こんな感じで言う予定じゃなかったんだけどな」