漫画ファンBlog

大好きな漫画について語り合いましょう♪

カカフカカ7巻35話のネタバレ

  コメント (0)

Kiss2018年6月号のカカフカカ35話のあらすじと感想です♪

35話はおそらくコミック7巻に収録されると思います。

カカフカカ7巻35話のあらすじ【ネタバレ注意】

亜紀と長谷

(・・・さて)
(どういうことだろう)

ちょっとしたお出かけを提案したつもりが、なぜかシェアハウス解散の話に。亜紀は、訳が分からず混乱してしまいます。

「ええ?」
「・・・いや」
「あの」
「えっと」
「・・・・・・あれ?」

返事に困る亜紀を見て、長谷もそれを察した様子。

「・・・・・・あー・・・・」
「2人でどっか」
「ね」
「うん」
「いいね」
「・・・・そうだな」
「たぶん次の土日あたりはちゃんと休めると思うから」
「ちょっと遠出でもする?」

「・・・あ」
「ハイ・・・」

一緒に旅行へ行くことを約束し、長谷は自分の部屋へ戻っていきます。

(あれれ?)
(え?)
(あれ?)

自分の提案通り、一緒にお出かけすることになったものの、亜紀はかえって大混乱。

解散の話を切り出しておいて、結局それはスルー。一体どうなっているのか、訳が分かりません。

一方、自分の部屋へ戻り、心を落ち着ける長谷。

(・・・・・・)
(焦っちゃだめだ)
(少しずつ)
(確実に・・・)

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

「・・・あら」
「なあに」
「温泉行くの長谷くん?」

夜、長谷がリビングで温泉のことを調べていると、あかりがやってきます。

あかりに、次の土日に亜紀と一緒に旅行へ行くことを伝える長谷。

「ああだからごめんね」
「次の土日寺田さんご飯作れないけど」
「・・・まぁ」
「ためには独り占めさせてよ」

苦笑いする長谷の顔を、あかりがジッと見つめます。

「・・・長谷くん」
「あなた」
「大丈夫?」

「・・・何が?」

亜紀の問いに、長谷はキョトンとします。

「・・・まぁ」
「私が口出すことでもないけどね」
「・・・とりあえず」
「報告したからにはお土産よろしく」

そう言って、あかりは自分の部屋へ戻っていきます。

翌日の朝、長谷から温泉旅行を伝えられる亜紀。もちろん亜紀も了承し、長谷は出社していきます。

長谷を見送った亜紀は、ボンヤリと本行の部屋の方へ目をやります。あれから、本行はまた部屋へこもり、ここ数日は顔も合わせていません。

(・・・何か)
(もしかしたらこのままもうほとんど顔を合わせないまま)
(シェアハウス解散とかで離れてしまうのかもな・・・)

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

温泉

そして、土曜日。長谷と一緒に温泉へやって来た亜紀。

長谷が予約した旅館はとても豪華で、露天風呂までついています。その露天風呂を見て、亜紀は自分から提案したというのに、急にドキドキしてきます。

夕食前に、2人は別れてそれぞれ普通の浴場へ行くことに。温泉へ浸かりながら、亜紀はまた緊張してきます。

(誰かとの”初めて”はいつだって)
(ドキドキする)
(緊張する)
(でも)
(きっとこれで)
(何か変わるんだって)
(きっといい方向に変わるんだって・・・)
(いつも・・・)

そう考えていると、本行とのことが頭をよぎります。

(・・・・・・ま)
(まぁ)
(何も変わらなかったってこともあったけど・・・)

温泉を上がると、部屋に豪華な食事が用意してあります。

そして、楽しい食事を終えると、段々といい雰囲気になってきますが・・・

「お風呂どうする」

「へ?」

ここでまたお風呂の話になり、亜紀はキョトンとしてしまいます。

「てゆーか」
「あの」
「そっ外の露天風呂」
「入りません!?」
「一緒に!」

亜紀は思わず、一緒に露天風呂へ誘ってしまいます。

そのまま2人は露天風呂へ。

(自分で言い出しておいて)
(なんですが)
(何かすっごい恥ずかしい!)

向かい合わせになるのも恥ずかしく、亜紀は長谷に背中を預けるような格好に。しかし、それが返ってひどく恥ずかしくなってしまいます。

緊張で、あまり会話も続かず、沈黙が続いていると・・・

「寺田さん」
「そろそろ」
「あがろうか」
「ごめん」
「ちょっとのぼせちゃって」

そう言って、長谷は先に出ていってしまいます。

キョトンとしながら、温泉へ残される亜紀。

(・・・ま)
(まぁ)
(のぼせたならしょうがないよね)