漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

神様はじめました25巻145話のネタバレ感想

      コメント (4)

花とゆめ2016年7号の神様はじめました145話のあらすじと感想です♪
145話はおそらくコミック25巻に収録。
25巻の発売日は2016年8月19日です。

神様はじめました25巻145話のあらすじ【ネタバレ注意】

連れ去られた奈々生

イキナリ奈々生がどこか連れ去られ、怒り出す巴衛でしたが・・・

「心配するな」
「わからが奈々生に危害を加えるはずなかろう」

皇女(ひめみこ)の一言で冷静になります。

「皇女様!」

そこへ奈々生達がやってきていると聞き、家臣が駆けつけてきます。ここには巴衛しか来ておらず、多々良沼とミカゲ社の友好について話し合いをしていると言って、誤魔化すと一応納得する家臣。

「皇女様・・・人神といえど人間の娘」
「これ以上人間と関わらぬというお約束決してお忘れなきよう」

家臣がキツく念を押して戻っていきます。

人間との関わりを断つよう迫られているという皇女。

「だからこそ・・・」
「そなたらに式を挙げて欲しいのじゃ」
「我らにその門出を祝福させてたも」

そのころ奈々生は・・・

「いかがでございます?」
「奈々生様」

奈々生が連れて行かれたのは皇女の衣裳部屋。皇女が、小太郎と一緒になる日を夢見て用意した花嫁衣装を着せられます。

「きれいです」

鏡に映った花嫁嫁姿の自分を見て、ポーッとなる奈々生。そんな奈々生を侍女たちが心から祝福してくれます。

「これから奈々生様は好いたお方の胸に」
「真っ白になって飛び込んでゆかれるのでしょう?」
「うらやましゅうございます」

そのころ皇女と巴衛は、皇女の部屋でお茶をしています。自分の恋は責められるばかりで、祝福されなかったことを悲しそうに語る皇女。

「だが奈々生は」
「皆に認められ皆に祝福される」
「それがどんなに幸せなことか」
「狐殿にわかるか?」

そこへ奈々生が手を引かれてやってきます。花嫁姿の奈々生に見とれる巴衛。

「・・・巴衛」
「に・・・似合う?」

恐る恐る訊ねる奈々生に・・・

「きれいだ」

とても穏やかな表情で巴衛が答えます。

衣替え

白無垢からウェディングドレス、サリーなど次々と衣装を着せられていく奈々生。それを黙って見ていた巴衛でしたが・・・

「してもいいな」
「結婚式」

ポツリとつぶやきます。ビックリして、どうしてイキナリ心変わりしたのか訊ねる奈々生。

「こんなに眩しいお前を見せびらかしてやりたい気持ちもあるが」
「なにより」
「また幸せに笑うお前の顔をお前が見たい」

巴衛がニッコリと微笑みます。

そんな巴衛に皇女は、ちゃんと言うべきことを言ったのか確認します。

ポーッと顔を紅くする奈々生と、それをじっと見つめる巴衛。

「俺と結婚してくれ」
「奈々生」

「うん」

ふたりはとても幸せそうに抱き合います。

ミカゲ社

そのころミカゲ社では、瑞希とミカゲが出来立ての新酒を一緒に味わっています。もうすぐ大国主大神との約束の日。

「・・・・・・」
「さみしい・・・」
「さみしい」
「奈々生ちゃんの未来には」
「僕がいない」

元気に振る舞っている瑞希ですが、やはり寂しさを隠しきれません。そんな瑞希の頭に手をやり、語りかけるミカゲ。

「縁は巡ってくるものさ」
「たとえ一時道がわかれても」
「それで終わりというわけじゃない」
「時が来て再び交わる日が来るかもしれない」
「縁を信じてみるといい」

神様はじめました25巻145話の感想【ネタバレ注意】

奈々生が連れて行かれたのは衣裳部屋でした。花嫁姿の奈々生とってもかわいかったです♪

今回は、巴衛からちゃんとプロポーズもしてもらえてよかったですね。すごく幸せそうでした。

それと、神様はじめましたは、やはりあと4話でみたいですね。最後に結婚式を挙げる感じになるのかな。

巴衛もどんな衣装をするのか楽しみですね。やっぱり和服かなあ。それと、多分もう転生した悪羅王も産まれているはずなので、亜子が式に連れて来てくれるといいなあ。

終わってしまうのは寂しいですが、どんな結婚式になるのか楽しみです♪