漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

君に届け26巻107話のネタバレ感想

      コメント (3)

別冊マーガレット2016年3月号の君に届け107話のあらすじ&感想です♪
107話はおそらくコミック26巻に収録。
26巻巻の発売日は2016年4月ごろだと思います。

君に届け26巻107話のあらすじ【ネタバレ注意】

家の前

「わたしと」
「教育大に行こうよ!」

くるみの突然の誘いに、少し唖然となる爽子。そんな爽子に、くるみは必至に自分の思いをぶつけます。

「・・・風早と爽子ちゃんを離したいとかっ」
「今までのこと全部忘れて仲良くとかっ」
「そんなんじゃないから!!」

コクリと頷く爽子。

(・・・私を)
(認めてくれてる)

あやねの部屋

受験勉強が行き詰まり、部屋でひとり悶々としているあやね。

「おまえ焦ってんだろ」

この前、ピンに言われた言葉が思い出されます。そして、バカをしているピンの姿を思い出すと・・・

「ぷっ」

と、思わず吹き出してしまいます。

(・・・うん)
(焦りすぎてたかな・・・)
(今からこんなじゃもたないか!)

ピンの顔を思い出していると、少し気分が晴れてきます。

机の上には、ピンにもらったのど飴が。それをヒョイと手に取るあやね。

「・・・もうっ」
「あたし好みじゃないんだよね~~!」
「どうすんのよコレ!」

そんなことをしていると、あやねの携帯が鳴り出します。

公園

「ひさ」
「しぶ」
「りぃ~~~~~~~~~~~!!!」

呼び出した爽子とあやねを、千鶴がメチャクチャ嬉しそうに出迎えます。受験する2人に気を遣って連絡をとらず、ずっと会えなくて寂しかったようです。

2人に勉強合宿のことを聞かれ、爽子はくるみが噂のことを一生懸命謝ってくれたことを伝えます。

「爽子のこと」
「すきになっちゃんだね」

謝るのは怖くても、それを乗り越えて爽子と付き合いたいのだろうと、くるみの心境を察するあやね。

「なんかすごい」
「くるみと仲深めてるっぽいね・・・・・・」

あやねとは対照的に、ズーンとした雰囲気で、爽子とくるみに焼きもちを焼きまくる千鶴。しかし、爽子が用意してきた、千鶴の大好きなせんべいを見せると、一気に機嫌がなおります。

自分が好きな人たちに、自分も好かれていることを実感し、爽子は幸せな気分になってきます。

一方、千鶴はというと、龍と離れていても毎晩電話で話しているようです。そのラブラブっぷりを2人に冷やかされ、千鶴は大慌て。

「・・・やっぱ安心するなー」
「来てよかった」

ポツリとつぶやくあやね。勉強に焦って行き詰まっていたのが、2人がバカをしているのを見て、リラックスできたようです。

千鶴はそんな時に、よく出てこれたと心配しますが・・・

「ピンのアホ面思い出してたらちょっと息抜きしてみようかなって!」

そう言って、はははっと笑うあやね。しかし、夏休みだというのに、ピンなんかのことを思い出すあやねに千鶴が呆れていると・・・

「いや・・・」
「そんな思い出してる・・・」
「・・・わけ・・・じゃ・・・」

この日は解散し、あやねは駅へ。コンビニの前を通ると、雨の中で泣いてる時に、ピンにビニール袋をかけられたことが思い出されます。

ピンの顔を振り払うかのように、足を早めるあやね。

「お?」
「矢野じゃねーか」

「きゃああああああああああ!!」

駅についた瞬間ピンがいて、あやねは思わず絶叫。駅員さんに不審者かと疑われますが、なんとか誤解を解きます。

2人になっても、顔を真っ赤にして落ち着かない様子のあやね。ピンは、あやねがいつもと違って何となくしおらしく感じます。

「・・・煮詰まってんだろ?」
「なんかできることあるか」
「なんか」
「あんなら」
「言え」

体をかがませ、覗きこむようにあやねを見つめるピン。あやねは思わずサッと顔を顔をそむけてしまいます。しかし、真っ赤な顔で、思い切ったようにピンの方へ向き直り・・・

「じゃあ・・・手・・・・っ・・・」
「・・・握手!!」
「受験勉強」
「頑張れるように・・・!!」

あやねが差し出した手をギュッと握りしめるピン。

「心配すんな」
「大丈夫だ」
「おまえならできる!!」

ピンは真剣な表情で、あやねを励まします。

ピンと別れ家へ帰ってきたあやね。喉の調子が悪い姉に、のど飴か何か持ってないか聞かれますが・・・

「・・・・・・」
「持って・・・」
「ない」

あやねは自分の部屋に戻ると、棚の上ののど飴をギュッと握りしめます。

君に届け26巻107話の感想【ネタバレ注意】

これまでもチラチラとピンのことが気になる素振りを見せていたあやねちゃんですが、ついにそれを誤魔化せないところまで来てしまったようですね。

吊橋効果みたいなのもなるのかな~ あやねちゃんが落ち込んでいる時は、ことごとくピンが心に響く言葉をくれますからね。

あやねちゃんは、いつも強気で虚勢を張ってる感じですが、ホントは3人の中で一番心が弱いんですよね。というか、それを隠すために去勢を張ってる感じでしょうか。

そんなあやねちゃんに、いつも自信満々でブレないピンに惹かれるのも分かりますね。でも、問題はピンに全くそんな気はないどころか、全然気づいてもいないところ(笑)

残り少ない高校生活で、あやねちゃんは何か具体的な行動に出ることができるんでしょうか。後で後悔しないように、がんばって気持ちを伝えてほしいなあと思います♪