漫画ファンBlog

大好きな漫画について語り合いましょう♪

君に届け29巻119話のネタバレ感想

      コメント (3)

別冊マーガレット2017年6月号の君に届け119話のあらすじ&感想です♪

119話はおそらくコミック29巻に収録されると思います。

君に届け29巻119話のあらすじ【ネタバレ注意】

卒業式

整列し、体育館へ向かう爽子達。爽子は答辞を読むことになっており、ガチガチに震えてきます。

「緊張してる!」
「答辞?」

そんな爽子の緊張をほぐすように、風早が笑顔で声をかけます。

「いつも通り黒沼の言葉で」
「きっと大丈夫!」

卒業式が始まり、卒業証書が授与されていきます。

「いえーーーい」

きゃーーーー

卒業証書を受け取ったケントがハシャギ周り、ピンは他の先生から渋い顔をされてしまいます。

そして、いよいよ答辞に。爽子は先ほど風早に言われたことを思い出します。

(・・・・立派じゃなくても)
(いいのかな・・・)
(・・・いつも)
(自分の言葉で伝えられていたのかな)

壇上へ登り、用意していた答辞を読み始める爽子。

「ようやく雪も溶け始め」
「この北国の長かった冬も終わりを迎えようとしています」
「先生方」
「来賓の皆様・・・」

感謝の言葉を述べ、入学した時の心境や、この学校生活で起こったこと、爽子はよどみなく話し続けますが・・・

「沢山の思い出が今も・・・」
「・・・・・・・・・」

そこで爽子が無言に。何かあったのかと館内がザワつきます。

用意した文章へ目線を落とし、そしてすっと顔を上げる爽子。

「私のあだ名は貞子です」
「入学してからずっと本名で呼ばれることが目標でした」

爽子は突然用意していた答辞とは違うことを話し始めます。そして、その内容に先生達はイジメかと慌てふためきます。

「でも」
「今は」
「もうどっちでもいいです!」
「霊感も」
「あってもなくてもどっちでもいいです!」
「この学校で」
「みんながそう思わせてくれました!」
「貞子として過ごした日々を誇りに思います」
「楽しかったです」
「ありがとう」

大声で訴え、爽子は笑顔で締めくくります。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

クラス

式が終わり、爽子達は自分たちのクラスへ。

「おまえらやってくれたな!!」
「こってり怒られたわ」
「あの老人たちまじうっせーんだからなーーー!!」

悪目立ちしすぎた自分の生徒たちに愚痴を飛ばすピン。しかし、生徒達は我関せずとばかりに、逆に最後の言葉を求めてきます。

「言うことなんかかわんねーよ!」
「何でも自分でどーにかしろ!!」
「お前らが犯罪者になっても多分味方だからよ!!」
「ま!!」
「達者でな!!」

「ええーーーー何それーーーー!!」

「荒い!!」

「荒井だけに!!!」

ピンが荒く締めくくり最後のHRも終了。

後はみな思い思いに動き始めます。

「風早ー!!」
「ネクタイちょーだーい」

人気者の風早は女子達からネクタイをねだられますが、それを必死に拒否。

そんな風早を横目に、爽子は教室を出て行きます。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

爽子

「おう」
「全く主席らしくねー答辞だったな」
「いんじゃねーの」
「おまえらしかったよ」

教室を出た爽子に、ピンが声をかけ通り過ぎていきます。

それから爽子はくるみのクラスへ。そして、くるみ用のブローチを手渡します。

「爽子ちゃんにはこーいう風にわたしが見えていたわけね・・・」

「に」
「似てるかな!???」

くるみは不気味な刺繍に苦い顔をしますが、爽子には伝わりません。

「梅!」
「そろそろ行くわよ」
「・・・お友達?」

その時、くるみにお母さんが声をかけます。

爽子の顔を見つめ、そしてお母さんの方へ歩いて行くくるみ。

「・・・・・・」
「別にっ・・・」
「・・・ただの」
「親友!」

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

風早

そのころ、今度は後輩たちに群がられてている風早。

一緒に写真を取り、さらにネクタイをねだられてしまいます。

「あっ!!」
「ごめんオレ誰にもあげてないんだ!!」

「あっ!!」
「ですよね!!」
「すみません!!」

風早がやんわり拒否すると、今度はみな胸のブローチに目が行きます。

「いーですね!!」
「風早センパイのクラスだけみんなつけてるなって思ってました!!」
「黒沼先輩の手作りですか!?」
「黒沼先輩と二人で歩いてるとこ」
「私たち憧れでした!!」

「・・・ありがと!!」

後輩の言葉に、風早はとても嬉しそうな笑顔で応えます。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

あやね

クラスは一旦解散したものの、みんなで記念写真を取ることに。教室にいないピンをあやねが、爽子を風早が呼んでくることになります。

職員室からピンを呼び出し、一緒に教室へ歩いていくピンとあやね。

「・・・ね・・・・」
「こ・・・これで最後なんだよね」
「も・・・」
「会えないんだよね・・・・」

あやねは顔を伏せ、寂しそうにピンに訴えます。

「言っただろ」
「オレはいつでも味方だよ」
「何があってもだ」

寂しそうな顔から一転、あやねは元気よく顔をあげます。

「ピン」
「やっぱ10年は髪立て続けなよ!!」
「そーっちのがいい!!」
「そーして!!」

イキナリ変なことを言われて、ピンは戸惑ってしまいます。

「言われなくても立てるが!?」
「なにか??」

「・・・おろすとかっこーいから!!」

爽子と風早

用事を終え帰ってくる爽子を、風早が待ち構えています。風早はみんなで記念写真を取ることを伝えますが、爽子だけブローチがないことに気づきます。

「あ・・・」
「そっかー・・・」
「作れば良かった・・・」
「まさか」
「みんなつけてくれると思ってなくて・・・」

嬉しさと寂しさで涙が出てくる爽子。すると、風早がグイッと自分の首元に手をやります。

「かわりに」

風早は自分のネクタイを取り、爽子につけてあげます。

爽子が風早のネクタイを装着し、一緒に教室へ向かう2人。爽子のがやってくると、みなの視線は爽子の首のネクタイへ。

「!!」
「あーーー」
「風早それーーー!!」