漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

黒崎くんの言いなりになんてならない5巻18話のネタバレ感想

  コメント (0)

別冊フレンド2015年8月号の黒崎くんの言いなりになんてならない18話のあらすじです♪
18話はおそらくコミック5巻に収録。
5巻の発売日は2015年10月ごろだと思います。

黒崎くんの言いなりになんてならない5巻18話のあらすじ【ネタバレ注意】

もうすぐ体育祭

運動神経も抜群の黒崎くんと白河くん。ふたりは少しでも多くの競技に出てくれるようにお願いされますが・・・

「黒」
「出る競技最低限にしときなよ」

意味深なことを言う白河くん。

黒崎くんへの気持ちが恋なのかどうか確かめたい由宇。あの笑顔をまた見ることができれば確かめられるかも・・・と考えた由宇はみんなで楽しい思い出ができるよう、寮生による応援団を企画します。

しかし、肝心の黒崎くんはくだらないと一蹴。しかし、絶対に引く気のない由宇。

「・・・言うこと」
「なんでも聞いてあげてもいいけどっ・・・」

そう提案すると・・・

「・・・へぇ なんでも?」
「おまえが絶対服従か」
「面白いな」

そう迫ってくる黒崎くんに、由宇は何でもは言い過ぎたかと少し後悔。

バイト帰り

臨時のバイトから帰っていく由宇。すると道で黒崎くんが年上の男性とどこかへ出かけていくのを見かけます。お父さんかと思いますが、なんとなくギスギスした雰囲気で心配になってしまいます。

夜、寮に帰ってきた黒崎くんの頬には殴られたようなアザが。玄関で見かけた由宇は心配しますが、冷たくあしらい部屋へ戻っていく黒崎くん。

黒崎くんが部屋で着替えていると白河くんが入ってきます。

「おじさんに会ってきたんだろ?」
「おとなしくしてたほうがいいよ」

翌日

だんだんと体育祭が迫り盛り上がるクラスメイトたち。梶くんは、わざわざ用意してきた衣装を黒崎くんに見せますが、黒崎くんは体育祭には参加しないと言い残し教室を出ていってしまいます。

黒崎くんの様子がおかしいのを感じ、必死に追いかけていく由宇。何があったのか訊ねますが、それには答えず・・・

「おまえとの約束もなしだ」
「よかっただろ」

約束のことを思い出しカーッと赤くなる由宇。しかし、必死な顔で・・・

「・・・アリでいいから」
「だから出てよ」

由宇の腕を取り引き寄せる黒崎くん。

「おまえ」
「やっぱりバカ犬だな」
「そんなに何かされたいのか?」