漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

黒崎くんの言いなりになんてならない7巻26話のネタバレ感想

  コメント (18)

別冊フレンド2016年4月号の黒崎くんの言いなりになんてならない26話のあらすじです♪

26話はおそらくコミック7巻に収録。7巻の発売日は2016年6月ぐらいだと思います。

黒崎くんの言いなりになんてならない7巻26話のあらすじ【ネタバレ注意】

黒崎くんの部屋

流れで白河くんと一緒に布団の中に隠れることになった由宇。そこへ、寮監さんが入ってきます。

しかし、落ち着いた様子でヒソヒソ話をする白河を見てると、心強くなってきますが・・・

「冷静なんかじゃないよ」
「・・・すごい」
「ドキドキしてる」

少し頬を紅潮させながら呟く白河くん。

ドスッ

「ひゃあっ・・・」

その時、由宇の上に猫が飛び乗り、思わず声を漏らしてしまいます。

ベッドの中に誰かいることに気付き、確かめようとする寮監さん。もうオシマイかと思いきや・・・

「おい」
「あきらめて出てこいタクミ」

黒崎くんの機転で、何とか救われます。

ピンチ脱出?

寮監さんが出いていってなんとかピンチを脱出した由宇たち。

「勝手に人の部屋忍びこみやがって」
「ふざけるなよ」

しかし、黒崎くんという新たなピンチが。。。

言い訳しようもなく、謝ろうとする由宇。しかし、白河くんが詰め寄る黒崎くんの手を取ります。

「仕返しだよ」
「黒」
「由宇ちゃんのこといじめてばっかりだから」
「部屋教えたのこの僕だから」
「罰なら僕が受けるよ」
「副寮長」

黒崎くんの怒りは収まらないものの、白河くんのおかげで何とか無事解放された由宇。そして、芽衣子と帰ろうとしていると、白河くんが由宇の耳元でそっとささやきます。

「由宇ちゃん」
「僕の部屋は」
「いつでも大歓迎だからね」

学校

翌日の学校。文化祭が近づき、この日は出し物を決めることに。

女子達は黒崎くんの仮装を提案し、大盛り上がりとなります。しかし、黒崎くんがそれをのむとは思えませんが・・・

「着てやってもいい」
「オレの衣装は」
「赤羽が担当しろ」

何と由宇が担当することを条件に了承。

みんな由宇が指名されたことより嫉妬するよりも、黒崎くんがOKしてくれたことに大喜び。しかし、そんな中、芽衣子だけは複雑そうに黒崎くんを見つめます。

これは黒崎くんの部屋に侵入した罰だと疑わず、由宇がヨロヨロしながら帰っていると、白河くんが女子に囲まれています。

「由宇ちゃん」
「よかったら一緒に帰ろ」

白河くんに誘われ一緒に帰っていく由宇。しかし、あの女の子たちを放っといてよかったのか心配になりますが・・・

「うん」
「僕がユウちゃんと帰りたかったから」

白河がニッコリと微笑みます。

翌日

翌日、黒崎くんの採寸をすることになる由宇。みな乗り気でとても断ることはできません。

せめて芽衣子に手伝ってもらおうとお願いしますが・・・

「黒崎くんに頼まれたのはユウでしょ?」

言った途端ハッとなる芽衣子。

しかし、すぐに由宇はみんなに押されて、教室で黒崎くんと二人っきりに。するとイキナリ黒崎くんが上着を脱ぎ出します。想定がの事態に、由宇はオロオロしてしまいます。

「せめてシャツは着てて」

「そこまで脱ぐかよ」
「見たいのか?」

自意識過剰の自分と、黒崎くんの罠にカーッとなってしまう由宇。しかし、なんとか採寸を進め、あとは胸囲。

黒崎くんの背中に手を回すと、ほとんどくっつくような距離になり、ドキンドキンと胸が高鳴ります。

「おまえ」
「なんでオレの部屋勝手に入った」
「タクミの言うとおりじゃないだろ」
「芦川か」

採寸の最中、突然昨日のことを蒸し返す黒崎くん。

「・・・っち」
「がう」

由宇は、芽衣子は付き添ってくれただけと言い張ります。

「仕返し」
「あたしが勝手に」
「部屋侵入したの・・・」

紅い顔で何とか答える由宇の髪に、黒崎くんが手をやります。

黒崎くんの言いなりになんてならない7巻26話の感想【ネタバレ注意】

今回の黒崎くんの言いなりになんてならないもドキドキの展開でした~

寮監さんに気づかれた時はもうダメかと思いましたが、黒崎くんに救われましたね。一瞬でサラッと機転を効かせる黒崎くんがカッコよかったです♪

そして、白河くんもこれまでにも増して積極的になってきたような・・・? 今回だけで何度もドキッとさせられました。白河くんも、黒崎くんに遠慮せずグイグイ来る感じですね~

さらに最後には、黒崎くんともうほとんど抱きつくような状態に。由宇は真っ赤っ赤になっちゃいました(笑)

でも、最後の由宇の髪に手をやる黒崎くんの表情がよく分からなかったです。どこか優しげで、単に酷いイジワルをする感じにも見ないし、どうするつもりかなあ。

またキスして、「やりたいからやった」とか言っちゃうのかなあ(笑)

次回もまたドキドキする展開が続きそうです♪