漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

黒崎くんの言いなりになんてならない7巻27話のネタバレ感想

  コメント (7)

別冊フレンド2016年5月号の黒崎くんの言いなりになんてならない27話のあらすじです♪

27話はおそらくコミック7巻に収録。7巻の発売日は2016年7月13日です。

黒崎くんの言いなりになんてならない7巻27話のあらすじ【ネタバレ注意】

教室

由宇の髪にそっと手をやる黒崎くん。

「なっ・・・」
「に・・・」

ジッと自分の方を見つめる黒崎くんに、ドキンドキンと由宇の胸が高鳴ります。

「動くな」
「・・・傷」
「あるな」

由宇の額に、傷を見つける黒崎くん。

何の傷か聞かれ、由宇は子供の時に三輪車で坂を転げ落ちてしまったことを、恥ずかしそうに説明します。

「ドジすぎんだろ」

至近距離でニコッと笑う黒崎くんに、由宇のドキドキはピークに。すると、真っ赤な由宇の顔を見て、黒崎くんも一瞬ハっとなりますが・・・

キーンコーンカーンコーン

チャイムが鳴ると同時に、我に返ったように由宇から手を離す黒崎くん。そして、またいつもの冷静な顔に戻って教室を出ていきます。

黒崎くんは出て行ったものの、いまだに動揺が収まらない由宇。

(・・・あんな)
(やさしくふれるなんて)

由宇と芽衣子

由宇が教室から出てくると、芽衣子が待っています。芽衣子は由宇の顔を見て、黒崎くんと何かあったことを察します。

「由宇」
「黒崎くんのこと好きなんでしょ?」

あわてて否定しようとする由宇。しかし、芽衣子には誤魔化すことができません。

由宇が気まずそうに、友達なのに同じ人を好きなんて言えなかったことを打ち明けると・・・

「あたしが」
「それ聞いたら」
「ユウと友達・・・やめるとでも思ったの?」
「・・・バカ由宇っ」

芽衣子は悲しそうに、走り去っていきます。

文化祭の準備

翌日から、本格的に文化祭の準備が開始。由宇は芽衣子を手伝おうとしますが、静かに拒絶されてしまいます。

由宇が落ち込んでいると、黒崎くんがズボッときぐるみをかぶせ、D組の出し物を宣伝してくるよう命令。

「シケた面みせるな」
「気分悪い」

そんな気分にはなれないものの、仕方なく宣伝してまわる由宇。

すると、いつものように白河くんが女の子たちに追いかけられています。ばっと巨大なきぐるみの後ろに白河くんを隠し、そのまま外へ。

渡り廊下に出ると、外を芽衣子が歩いています。その芽衣子の姿を、由宇が見つめていると・・・

「・・・芽衣子ちゃんと」
「何かあったんだ?」

まだ正体も明かしていないというのに、何でもお見通しの白河くん。

由宇は黙っているのが友達だと思っていたのに、その結果、芽衣子を傷つけてしまったことを打ち明けます。

「本音なんて言わないほうがいいんだよ」
「友達ならなおさら」
「ぶつかりあっても」
「自分が傷つくだけでしょ」

遠くを見ながら、どこか寂しそうにつぶやく白河くん。白河くんは、黒崎くんとケンカすらしたこともないようです。

「人の気持ちなんてすぐ変わるもんだし」
「たとえば明日には由宇ちゃん」
「黒じゃなくて僕を好きになってるかもだ」
「し・・・」

そう言って白河くんが由宇のきぐるみを取ると・・・悲しそうに涙ぐむ由宇の顔が。

体育館

体育館では、黒崎くんの指揮のもと、何やらすごく本格的なアスレチックが作られています。

由宇がそれを見ていると、作業でグッタリの男子に代わり、試しにアスレチックを登ることになってしまいます。

網を登っていく由宇を、横から見つめている黒崎くん。

「おまえ」
「なに芦川からコソコソしてんだ」
「情けねぇな」

急にそんなことを言われ、カァと恥ずかしくなる由宇。しかし、芽衣子にまた嫌われたらという思うと、どうしようもありません。

「なにビビッてんだよ」
「おまえらしくねぇ」
「尻尾まいて逃げてんじゃねぇよ」

黒崎くんの言葉にハッする由宇。するとそこへ、高いところが苦手な由宇を心配して、芽衣子がやってきます。

「・・・芽衣」
「子」

初めて芽衣子と友達になった時のことを思い出す由宇。

「・・・あたし」
「友達だからって言い訳して」
「傷つきたくなくて逃げてた・・・」
「・・・でも今は」
「正直にぜんぶ話したいって」
「そう思ってるっ・・・」

と、その瞬間、グラッとバランスを崩し、由宇は網から放り出されます。