漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

黒崎くんの言いなりになんてならない8巻29話のネタバレ感想

      コメント (18)

別冊フレンド2016年8月号の黒崎くんの言いなりになんてならない29話のあらすじです♪

29話はおそらくコミック8巻に収録。8巻の発売日は2016年11月ごろだと思います。

黒崎くんの言いなりになんてならない8巻29話のあらすじ【ネタバレ注意】

学校

この日、学校に白河くんの姿がありません。いつも一緒にいる黒崎くんに、由宇は白河くんのことを聞きますが、黒崎くんは全く関心がない様子。

その頃、学校を休んだ白河くんは、別荘で犬のミシェルと戯れています。すると、そこへ由宇からメールが。

「白河くんげんき??」
「心配だよ~(T_T)」
「黒崎くんと・・・ケンカでもしたの?」

そのメールを少し虚ろな目で見つめる白河くん。

「・・・ケンカなんて」
「ほんとは」
「僕は黒の相手にもならないよ」

由宇は白河くんのことを心配するものの、結局返信がないまま放課後に。

夜遅くの寮。

「・・・や」
「だ」
「・・・ねぇ」
「もぇ」
「ムリだってば・・・」
「門限やぶった罰ならもう十分でしょ!!」

寮の掃除でヘトヘトになる由宇。しかし、由宇の前に鬼のような形相をした黒崎くんが立ちはだかります。

「まだだ」

一向に許してくれる様子のない黒崎くん。他の寮生たちも巻き添えを食い、一緒に掃除させられヘトヘトになっています。

「黒崎くんいつになく厳しいよな・・・」

「いつも白王子がフォローしてくれるからねー」
「なんでいないのかなー」

翌日

翌日、由宇がようやく文化祭の衣装を仕立て、黒崎くんが試着中。軍服を着用した黒崎くんがあまりにカッコよく、由宇は黒崎くんを直視できません。

すると、黒崎くんから衣装の不備を指摘され、由宇はボタンを新しくつけることに。黒崎くんから目を逸らしながらボタンを縫い付けていると、ブスッと自分の指を針で刺し、血が出てきてしまいます。

「愚図」

そう言って、由宇の指をペロリと舐める黒崎くん。由宇はポーッと、固まってしまいます。

ハッと我に返り、慌てて黒崎くんから離れる由宇。

「き(急に)こっ(こんなこと)・・・びっ(びっくりしたからっ)・・・」

由宇は言葉が声になりません。

(この衣装反則っ)
(素直に受け入れそーだったよ!!)

ベランダ

教室の外から白河くん達の声が聞こえてきて、ベランダへ出る由宇。由宇は白河くんが学校に来たのが嬉しくて、黒崎くんにも知らせます。

「タクミタクミうるせえ」

ベランダの由宇に覆いかぶさるように、身を寄せる黒崎くん。

「アイツがオレから離れたいならそれでいいだろ」
「おまえには関係ねぇ」

いつも一緒にいた黒崎くんと白河くんの姿を思い浮かべ、由宇は悲しくなります。

「あたしは芽衣子とケンカしたとき」
「すごくさみしかったよ」
「黒崎くんだって」
「ほんとは・・・」
「さみしいくせに」

由宇の言葉に少しイラッとした様子の黒崎くん。さらに、由宇に詰め寄ってきます。

「由宇ちゃん」

その時、二人に気付いた白河くんが校庭から声をかけます。

「芽衣子ちゃんと仲直りできてよかったね」
「落ちたら危ないから早く中入りなよ」

そう言って、帰っていく白河くん。すると、そんな白河くんを追いかけていくように、黒崎くんが二階のベランダから飛び降ります。

黒崎くんは、白河くんの襟を掴むと、自分に何も言わずに寮を出て行ったわけを迫ります。

「・・・黒には」
「僕の気持ちわかんないよ」

少し悲しそうにつぶやく白河くん。そして、黒崎くんの襟を掴み返します。

「文化祭で奪い返す」
「今度は本気だから」

子供の頃

子供のころを思い出す白河くん。

「は 晴人くん」
「おくれてゴメン・・・」

放課後、黒崎くんのもとへ走ってくる白河くん。しかし、なぜか白河くんは靴ではなく、スリッパを履いています。

少し離れたところでは、白河くんのことをゲラゲラ笑っている男子たちの姿が。

「タクミの靴返せ」

いきなりガキ大将っぽい男子に蹴りを入れる黒崎くん。殴り合いになり、自分もボコボコにされながらも、黒崎くんは靴を取り返します。

その後、先生に怒られるものの、全く気にする様子のない黒崎くん。

「また なんかされたらオレに言え」
「いいな」

そう言って、黒崎くんは白河くんと一緒に帰っていきます。

(黒はずっと)
(僕のあこがれだった)

黒崎くんの言いなりになんてならない8巻29話の感想【ネタバレ注意】

今回は、黒崎くん好きには堪らない回だったんじゃないでしょうか。

黒崎くん軍服似合いすぎでしょう(笑)日本一軍服が似合う男って感じ。由宇が真っ赤になって、直視できないのも分かります。

あと、回想シーンの子供の頃の黒崎くんがかわいすぎる。小学校低学年の頃なのかなあ。ちっちゃい黒崎くんが、通学帽をかぶって、カバンをからってるなんて反則です(笑)

まあ、それはいいですけど、今回は白河くんが黒崎くんに挑戦状を突きつけた感じになりましたね。文化祭はただの行事でなくて、白河くんと黒崎くんが由宇を奪い合う感じになるのかなあ。

由宇もそろそろ態度をハッキリさせないといけないかもしれません。今は黒崎くんに気持ちがあると思いますけど、また白河くんの方にってこともあるんでしょうか。

由宇がどっちを選ぶのか文化祭がとても楽しみです♪