漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

黒崎くんの言いなりになんてならない8巻30話のネタバレ感想

      コメント (5)

別冊フレンド2016年9月号の黒崎くんの言いなりになんてならない30話のあらすじです♪

30話はおそらくコミック8巻に収録。8巻の発売日は2016年11月ごろだと思います。

黒崎くんの言いなりになんてならない8巻30話のあらすじ【ネタバレ注意】

小学校

6年生の集団に呼び出しをくらう黒崎くん。それを知った白河くんは、慌てて現場へ駆けつけようとしますが、怖くて怖くてたまりません。

黒崎くんが6年生達に囲まれ因縁を付けられていると、そこへキャッチャーのメットにプロテクター、さらにバッドで完全武装した白河くんが現れます。

「・・・は」
「晴人・・・くん」
「に・・・」
「・・・手」
「だす」
「な・・・」

精一杯6年生を威嚇しようするものの、やはり怖すぎてその場で気を失ってしまう白河くん。

6年生は黒崎くんが自力で撃退し、白河君が目が覚めるとそこは保健室のベッドの上。結局、迷惑をかけるだけになってしまった白河君は、黒崎くんに謝ります。

「いちいちあやまるな」
「飛び込んできたときすごかったけどな」
「スーパー戦隊かと思った」

そう言いいながら、黒崎くんはどこか嬉しそうに微笑みます。

(いつか)
(僕も黒に頼られるような)
(そんな対等な関係に)
(なれるって思ってたんだ)

中1

体育のバスケで、華麗にシュートを決める白河君。

「白河くんかっこいー」

女子達の黄色い声が飛び交います。

「・・・すげっ」
「ドリブルはえーっ」

となりのコートから、今度は男子達の叫び声が。黒崎くんが一人で、5連続シュートを決めています。

(・・・すごいなぁ)
(・・・僕なんて)
(コッソリ練習してやっとなのに・・・)

白河くんは、黒崎くんのすごさに改めて感心します。

中学生になっても誤解されやすく、相変わらず敵の多い黒崎くん。しかし、いつも白河くんが側にいて、うまくフォローします。

(黒のそばにいられるのは)
(僕だけだと思ったし)
(そんな僕にみんな一目おいてた)

ミサ

毎年恒例のミサのピアノ演奏に、1年代表として黒崎くんが選ばれます。黒崎くんのお父さんに媚を売りたい担任が、勝手に決めてしまったようです。

しかし、黒崎くんが目立ってしまうと、また面倒なことに巻き込まれそうで心配になる白河くん。白河くんは、思い切って自分が代役を買って出ます。

それからピアノの練習の励むものの、思っていたよりずっと難しく、苦戦していまいます。

「ピアノ練習うまくいってるのか?」

「・・・もちろん」
「楽勝だよ」

黒崎くんに調子を訊かれるものの、つい強がってしまいます。

「あの曲ならそんな難しくないしな」

「・・・そうだね」

何気ない黒崎くんの一言に、胸がズキンと痛む白河くん。その後もなかなか上達せず、当日が近づくにつれ、プレッシャーが大きくなってゆきます。

そんなある日。

「白河が失敗するとこ見てえよなー」
「ナヨっとしてるだけのくせに人気あってムカつくわー」

「あの黒崎と一緒だから手だせねぇよな」

「失敗しやがれー」

白河くんは、男子達の陰口を聞いてしまいます。すると、またしても胸がズキンと痛み出します。

そして、当日。出番を待つ白河くんは、緊張で顔が真っ青に。

「タクミ」
「大丈夫か」
「顔色わるいぞ」

そこへ、白河くんを心配した黒崎くんがやってきます。やはり黒崎くんの前では、大丈夫だと強がるものの、ヨロヨロと足が泳いでしまいます。

「休んどけ」

白河くんの出番が来ると、代わりにピアノの方へ歩いていく黒崎くん。そして、完璧に演奏してのけます。

(あぁ・・・完璧だ)
(黒 すごいなぁ・・・)

これまで勉強でもスポーツでも、必死でやらなければ追いつけなかった白河くん。

(黒は)
(僕の憧れだけど)
(黒にとっての僕は)
(なんだ?)

中2

2年になり、黒崎くんとクラスが別れたこともあり、少しずつ黒崎くんから距離を置き始める白河くん。そして、いつも女の子と過ごすようになります。

(女の子は)
(やさしくしたら)
(必要としてくれる)
(こんな僕でも・・・)

しばらく経ったある日。黒崎くんが襲撃され、警察沙汰になったという噂を聞きつけます。

「黒」
「大丈夫っ・・・」

「よぉ」

真っ青になって、黒崎くんが入院する病院へ駆けつける白河くん。黒崎くんは包帯だらけて、髪の毛もボサボサですが、いつもと変わらぬ泰然とした態度で出迎えます。

白河くんが黒崎くんと会うのは、なんとこれが半年ぶり。つい病室まで駆けつけては来たものの、何も言わずに黒崎くんから離れ、黒崎くんがムカついているのではないかと不安になってきます。

そんな白河くんに、黒崎くんは・・・

「タクミ」
「そういや久しぶりだな」
「見舞いに来るようなモノ好き」
「おまえだけだぞ」

と、全く怒る様子も気にする様子もありません。

(・・・かなわないなぁ)
(あいかわらずってゆーか・・・)

その場にへたり込んで、頭を抱える白河くん。

(・・・たとえ)
(対等にはなれなくても)
(僕はやっぱり・・・)

高校

そして、同じ高校へ入学した2人。

(・・・へぇ)
(黒にはむかう女の子か)
(まぁでもあの黒だし)

白河くんは、黒崎くんに敢然と立ち向かう女の子を興味深そうに見つめます。

(これからはもう僕らは)
(変わることはないと思ってたんだ)