漫画ファンBlog

大好きな漫画について語り合いましょう♪

黒崎くんの言いなりになんてならない9巻35話のネタバレ感想

      コメント (8)

別冊フレンド2017年3月号の黒崎くんの言いなりになんてならない35話のあらすじです♪

35話はおそらくコミック9巻に収録されると思います。

黒崎くんの言いなりになんてならない9巻35話のあらすじ【ネタバレ注意】

ホテル

一瞬、由宇が見えた気がした黒崎くん。しかし、ゲレンデ上を探し回ってもどこにも由宇の姿はなく、一旦ホテルへ戻ることに。

黒崎くんがあわててホテルに駆け込むと調度 白河くんと顔をあわせます。

「タクミ」
「赤羽帰ってるか?」

「・・・由宇ちゃん?」
「一緒だったんだろ」
「まだ戻ってないよ」

白河くんの返事に、青ざめる黒崎くん。そして、またゲレンデへ引き返そうとしますが、白河くんにグイッと襟首を掴まれてしまいます。

黒崎くんの様子を見て、状況を察する白河くん。

「・・っなに見失ってんだよ」

「悪いっ・・・」

怒鳴りつける白河に、黒崎くんはそれだけしか言葉が出てきません。

「・・・っ大事につかまえておけないなら」
「僕ひかないからな」

結局、何も言えないまま、黒崎くんはまたゲレンデへ飛び出して行きます。

「・・・・・・」
「言い返せよ」
「黒らしくないだろ・・・」

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

由宇

何とか黒崎くんのネックウォーマーを見つけることができた由宇。吹雪に一瞬ヒヤッとしたものの、それも収まり、下山していきます。

(・・・なんで)
(告白の返事)
(ずっと)
(保留のままなのかな・・・)

帰りながらも気になるのは黒崎くんのことばかり。

(キッ・・・)
(キス・・・も)
(何度もされたし・・・)
(嫌がらせでも少しは期待するっ・・・)

ズルッ

黒崎くんのことを考えて注意が散漫になったのか、由宇は足を滑らせてしまいます。その拍子にスキー板が折れ、さらに悪いことにまた吹雪が激しくなってきます。

だんだんと不安が増していく由宇。

(・・・あたし)
(ここで1人)
(しんじゃったりして・・・)
(告白も)
(放置のままで・・・?)
(・・・そんなの)
(やだ)

「黒崎くんらしくないでしょっ」
「いつもみたくハッキリ言えーーーっ」
「黒悪魔の大バカヤローッ」

由宇はその場で思いっきり叫びます。

「・・・バカだと?」

すると、ちょうどそこへ黒崎くんが。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

洞窟

とりあえず由宇を近くの洞窟へ避難させる黒崎くん。そして、白河くんに携帯で連絡を取り、救助を要請します。

洞窟で救助を待つことになりますが、黒崎くんはずっと無言です。

「ごめん」
「怒って当然だよね」
「勝手なことして」
「探しにまでこさせて・・・」

由宇は思いって黒崎くんに謝り、見つけたネックウォーマーを差し出します。

由宇が持つネックウォーマーにチラリと目をやる黒崎くん。

「おまえに怒ってるわけじゃねぇ」

「・・・え?」

ピカッ

由宇が黒崎くんの言葉がどういう意味かと戸惑っていると、ちょうどライトの光に照らされます。

救助隊の人が2人を発見し、下山することに。由宇の方を見ながら、黒崎くんが先に洞窟を出ていきます。

「赤羽」
「オレはおまえが嫌いだ」
「それが答えだ」
「もう近寄るな」

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

ホテル

発見が早かったおかげで特に大事になることもなく、ホテルではパーティが開かれます。しかし、黒崎くんはホテルへ戻るなり、自分の部屋へ引きこもってしまいます。

みんながパーティで盛り上がり中、ひとりズズーンと落ち込んでいる由宇。すると、それを心配して白河くんが話しかけてきます。

由宇は白河くんにさっきの経緯を打ち明けることに。

「・・・それで」
「返事は」
「嫌いだっ・・・て」
「言われて・・・」

「・・・嫌い」
「ねぇ」

黙って由宇の話を聞いていた白河くんがボソッとつぶやきます。

「それでもうあきらめるんだ?」
「こういうときだけ言うこときくんだね」
「それに黒から好かれてると思ってたの?」
「最初から2人やりあってたのに」
「なのに今さら泣きべそなんて」
「意外と根性ないなぁ」

「泣っ・・・きベソなんてしてないし!」

イジワルなことを言われて、思わずガタッと席を立つ由宇。そんな由宇を見て、白河くんがニッコリと微笑みます。

「新館の1001」
「黒の部屋」
「くらいつくんでしょ?」
「いってらっしゃい」

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

黒崎くんの部屋

そのままの勢いで黒崎くんの部屋の前までやってきた由宇。しかし、ここまで来てまた怖気づいてしまいます。

(白河くんの言うとーり)
(もともと)
(好かれてなかったじゃんん)

何とかノックをするのの、その手がガタガタと震えます。

(・・・だとしても)
(あたしは)
(あんたのこと好きだって言ってやるっ)

ドキンドキンと胸が高鳴る由宇。そして、しばらくしてガチャっとドアが開きます。

由宇は出てきた黒崎くんにまずさっきのことを謝ろうしますが、黒崎くんがガタッと由宇の肩に倒れ込んでしまいます。

(・・・え!?)
(なっ・・・に!?)
(・・・からだ)
(あついっ・・・)
(・・・熱!?)

あわてて黒崎くんの身体を支え、ベッドまで運ぶ由宇。そして、白河くんを呼びに行こうとしますが、黒崎くんにグッと腕を掴まれてしまいます。

「・・・・・・」
「行くな」
「ここにいろ・・・」