漫画ファンBlog

大好きな漫画について語り合いましょう♪

黒崎くんの言いなりになんてならない10巻40話のネタバレ感想

      コメント (8)

別冊フレンド2017年7月号の黒崎くんの言いなりになんてならない40話のあらすじです♪

40話はおそらくコミック10巻に収録されると思います。

黒崎くんの言いなりになんてならない10巻40話のあらすじ【ネタバレ注意】

新学期

冬休みが終わり、黒崎家から帰ってきた由宇。すると寮で空調トラブルが見つかったようで、何と新年度まで閉鎖になることが告げられます。仮の寮として男女別々にアパートが用意され、慌ただしく引っ越しを済ませます。

そして、この日から3学期がスタート。登校してきた由宇は、下駄箱で黒崎くんと顔を合わせます。

スッと由宇の胸元をめくる黒崎くん。

「!?」
「なにっ・・・」

「つけてるな」

由宇がちゃんとペンダントをつけていることを確認すると、黒崎くんはさっさと教室へ向かいます。

(・・・確認か)

由宇がドキドキしていると、今度は白河くんが近寄ってきます。

「なに?」
「仲いいなぁ」
「黒んちでイイコトあった?」
「『接吻以上は許さん』」
「もう手遅れだったりして」

そう言って、白河くんはクスクスを笑います。

「・・・っ白河くん?」
「なぜそれを・・・」

由宇は狼狽して真っ赤に。白河くんにまで筒抜けになっていることを知り、由宇は黒父の恐ろしさを改めて実感します。

この日の授業が終わり、放課後に。仮寮が男女別となり、夜は黒崎くんに会うことができなくなった由宇は、このまま帰りたくはありません。

「黒崎くん」
「帰り男子寮見に行っていい?」

由宇は思い切って誘ってみますが・・・

「赤羽」
「女子寮は逆方向だ」

黒崎くんにアッサリ却下されてしまいます。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

翌日

翌日の学校では、なかなか黒崎くんと話すチャンスがなく、悶々とする由宇。夜、思い切って黒崎くんに電話をかけてみることに。

「24時間つながれてるって自覚しろ」

由宇はペンダントを貰った時に言われたことを思い出します。

(それだけじゃなくて)
(もっと・・・)

ドキドキしながら電話をかけると、すぐに黒崎くんが出ます。

「何かあったのか」

電話越しの声は少し低く、いつもと違う感じがして由宇はドキッとします。

「あっ」
「いま」
「何してた」
「ちょっと話したくて」

由宇の胸がドキンドキンと高鳴りますが・・・

「そんな無意味なことでかけてくるな」
「馬鹿犬」

ブチッ

ツーツーツー

黒崎くんにソッコーで切られてしまいます。

(くっ・・・・)
(黒悪魔ーーーーーっ!!)

その時、黒崎くんの部屋では・・・

「電話よかったの?」
「由宇ちゃんでしょ今の」

「くだらねぇ用だった」

白河くんに訊かれ、黒崎くんは舌打ちします。

「せっかくソッコー出たのにね」

「・・・だからなんだよ」

「別にー?」

白河くんにからかわれ、黒崎くんは気まずそうに冷や汗を流します。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

男子寮

次の日、黒崎くんと会いたくてたまらない由宇は、タラちゃんと一緒に梶くんのところへ遊びに行くことにして、男子寮へ遊びにいきます。

黒崎くんは学校で寮監さんとミーティングがあるらしく、まだ戻っていません。ちょうど1人で帰ってきた白河くんを捕まえ、4人でおしゃべりすることに。

「・・・それ」
「黒からでしょ」

そう言って、胸元を指す白河くん。

「・・・うん」

由宇の満面の笑みを見て、白河くんは切なそうな表情を浮かべます。

そんな話をしていると、タラちゃんに急用ができ、帰ることに。梶くんが家まで送り、部屋には由宇と白河くんが残されます。

白河くんは由宇も帰るよう勧めますが・・・

「もう少し待ってちゃダメかな」
「せっかく来たし」
「・・・やっぱり」
「少しでも話したいし・・・」

由宇は黒崎くんに会うのをあきらめきれません。

「・・・いや」
「うん」
「わかるんだけど・・・」
「2人きりでいるのはね」
「とにかく出よう」

「?」
「うん・・・」

白河くんは、少し強引に由宇を帰らせます。

ガチャ

玄関のドアを開けると、ちょうど帰ってきた黒崎くんと出くわします。

由宇の顔を見て、目を丸くする黒崎くん。

「何やってる」
「馬鹿が」

黒崎くんは由宇の手を引っ張り、無理やり寮の外へと追い出します。

「・・・なにそんな怒ってんの?」
「寮離れたし」
「会いに来るのもダメって・・・」
「黒崎くんは何とも思ってないの?」

「お前がフラフラしてなきゃいい」
「そんなことで二度と来るな」
「帰れ」

黒崎くんくんの言葉にイラッとする由宇。

「・・・そんなコト?」
「・・・つないどく気なら少しはかまえっ」
「黒悪魔のバーカ」

由宇は黒崎くんの胸元を引っ張り、大声で叫びます。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

由宇の部屋

翌日の放課後。外は雨で、ひとり部屋で悶々とする由宇。冬休みの間ずっと黒崎くんと一緒に過ごした日々を思い出すと、由宇はドキドキしてきます。

「・・・フラフラしてなきゃいいって」
「こーやって大人しく?」
「でも今さら学校で会うだけじゃ物足りないよっ」
「いっぱい一緒にいたいし」

由宇は思わず絶叫。しかし、すぐに我に返ると・・・

「・・・え?」
「いっぱいってなに・・・」
「え?」
「あれ・・・」
「えぇ!?」

赤面し、ヘナヘナとその場にへたり込んでしまいます。

(なんか気持ちがどんどん・・・)

ピンポーン

呼び鈴がなり、玄関を開ける由宇。

「・・・なんで」
「いるの?」

そこには、何と黒崎くんが。

「構えっておねだりしたろうが」
「寮監に報告あって来たついでだ」
「じゃあな」

(えええっ)
(それだけ!?)

「・・・っ少し」
「部屋で休んでけば?」
「外も雨だし・・・」

すぐに帰ろうとする黒崎くんを、由宇は必死に引き止めます。

すると、黒崎くんが険しい表情に。由宇を抱き寄せると、強引にキスをする黒崎くん。

(!?)
(えっ・・・)
(やっ)
(今までと)
(ちがうっ・・・)

ようやく解放されると、由宇は腰が抜けてしまいます。

「警戒心なくしやがって」
「最近甘くしすぎたな」
「しつけ直してやる」