漫画ファンBlog

大好きな漫画について語り合いましょう♪

黒崎くんの言いなりになんてならない12巻45話のネタバレ感想

      コメント (6)

別冊フレンド2018年4月号の黒崎くんの言いなりになんてならない45話のあらすじです♪

45話はおそらくコミック12巻に収録されると思います。

黒崎くんの言いなりになんてならない12巻45話のあらすじ【ネタバレ注意】

新学期

クラス替え掲示板を見て、「う゛う゛・・・」と涙を流す由宇。

由宇は芽衣子ともタラちゃんとも、そして黒崎くんとも別々のクラスになってしまいます。白河くん・梶くんとは同じクラスのようです。

さらに、この日は服装検査があるとの噂が。ネクタイをしてこなかった由宇が、トボトボと寮に戻っていると黒崎くんと出会います。

「これ取りに戻ってんだろ」

そう言って、パサッと自分のネクタイを由宇の首にかける黒崎くん。

由宇が頬を紅らめていると、2人の様子を見た新入生達がコソコソと話し始めます。

「気づかれるだろうが」
「とっとと行け」

ドンっと背中を押され、由宇は自分のクラスへ。

由宇が黒崎くんのネクタイを触りながらニヤニヤしていると、自己紹介が始まります。

「1番」
「相田美菜子です」
「恋愛っ・・・」
「2年生ではがんばります」

その声にドキッとする由宇。

この子は学年で評判の美少女。しかし、バレンタインで黒崎くんにフラれていて、みんなもそれを知っています。

「相手は・・・」
「黒崎くんです」
「未練がましいかもしれないけど」
「あきらめられなくて・・・」

真っ赤になる美菜子に、みなキュンとします。

自己紹介が終わると、後ろの席の由宇に美菜子が話しかけてきます。

「ね」
「赤羽さんって同中よね」

そう言われるものの、全く覚えのない由宇は固まってしまいます。どうやら、美菜子は中2の時に引っ越してしまったようです。

HRが終わると、由宇は廊下で芽衣子とタラちゃんと顔を合わせます。美菜子のアタック宣言はすぐに他のクラスにも知れ渡り、2人も知っているようです。

「まぁでも」
「大丈夫でしょ?」
「黒崎くん一度フッてるし・・・」

芽衣子はそう慰めてくれるものの・・・

「あーまーいー」
「黒王子だって」
「『男』ってモンなの」
「あんな美少女がガンガン迫ったら」
「気持ちも変わるよー」

タラちゃんの言葉に、由宇は青ざめます。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

翌日

翌日から、美菜子はあっという間にクラスの中心に。

ナチュラル清楚で、いつも笑顔で、ときにはボディタッチ。昨日、由宇が雑誌で見た「愛され女子ルール」に全て当てはまっています。

由宇がベランダで、ボーッと美菜子のことを考えていると、外に黒崎くんの姿が。

黒崎くんを見ながら、由宇も美菜子のような愛され女子を目指そうと考えていると・・・

「体育がんばってねー」

梶くんがやって来て、黒崎くんに向かって声を張り上げます。

「こっそり覗くチャンス」
「邪魔されちゃったね」

さらに、そこへ白河くんも。そして、その後から美菜子までやって来ます。

「3人って仲いいの?」
「ミナ」
「タクミくんとゆっくろお話してみたかったの」

白河くんに身体を寄せ、耳元でささやく美菜子。さりげないボディタッチに、由宇はドキッとし、思わずその場を離れます。

「黒のことなら何も教えないよ」

「そんなつもりじゃ・・・」
「ミナ」
「タクミくんとも仲良くなりたくて」

「名前呼びもやめてくれる?」
「僕 君のこと嫌いだから」
「同族嫌悪ってやつかな」

珍しく女の子に冷たい態度を見せる白河くんに、美菜子は一瞬 真顔に

「そう」
「残念だわ」
「白河くん」

しかし、すぐに何事もなかったようにニコニコしながら、教室へ戻って行きます。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

由宇と黒崎くん

由宇が雑用で準備室へ行くと、由宇の姿を見た黒崎くんが入ってきます。

「!」
「これから取ってくる・・・」

由宇は黒崎くんの顔を見て、昨日 借りたネクタイのことを思い出します。

「今じゃなくていいだろうが」

黒崎くんの言葉にキョトンとする由宇。

「だって」
「それ言いにきたんでしょ?」
「用ないと会う理由ないって言ったじゃん」

そう言われ、今度は黒崎くんがハッとします。

「俺は・・・」
「・・・・・・?」

黒崎くんは、何かを言おうとしますが、自分でもよく分からなくなり沈黙。

こんな時、美菜子のようにさりげなくボディタッチすればいいのかと考え、由宇がドキドキしていると・・・

「・・・そうだよ」
「さっさと渡せ!」

黒崎くんがグイッと由宇の身体を掴み、胸から由宇のネクタイを奪い取ります。

黒崎くんはすぐに出ていき、残された由宇は唖然と立ち尽くします。

(・・・胸)
(あ・・・)
(あたった!?)

由宇の顔は真っ赤に。

「・・・あぁもう」
「黒アクマのが」
「小悪魔力高いんだった・・・」

一方、黒崎くんは準備室の扉に、背を持たれかけています。

「・・・赤羽は」
「おとなくしくしてる」
「・・・なのに俺が何やってんだよ」

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

黒崎くんの言いなりになんてならない12巻45話の感想【ネタバレ注意】

今回から、由宇達は2年生になりました。

クラス替えで誰と一緒になるかドキドキしてたと思うんですけど、由宇は見事に恋人や親友と別々になっちゃいましたね~(笑)

白河くんとは同じクラスになっているので、これから何ありそうな気がします。2年生は修学旅行もあるし、受験もまだなのでどこかへ遊びに行くこともあると思いますし、色んなイベントが起こりそうです。

もしかしたら一旦黒崎くんと別れて、白河くんと付き合うようなこともあるかもしれないなあと思います。

あと、今回はライバルっぽい子が現れました。美菜子ちゃんって子は、男性にはすごい好かれそうな感じの子ですね。

由宇は、けっこう危機感を持ってしまい、美菜子みたいになりたいと思ったみたいですけど大丈夫かな~ 黒崎くんは由宇みたいなタイプが好きなのであって、美菜子みたいになってもしょうがないと思うんですけど。

まあ、他人のことはよく分かるけど、自分のことは分からないのが恋愛の難しいところですね(笑)

ラストの方では、黒崎くんもちょっと自分の気持ちがよく分からなくなってる感じがありました。由宇も黒崎くんも、これから何か変化があるかもしれません。それがいい方に行くか悪い方に行っちゃうのか、どうなるのかドキドキします♪