漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

クズの本懐7巻37話のネタバレ感想

  コメント (2)

ビッグガンガン2016年5月号のクズの本懐37話のあらすじと感想です♪

37話はおそらくコミック7巻に収録。7巻の発売日は2016年9月ごろだと思います。

クズの本懐7巻37話のあらすじ【ネタバレ注意】

部屋

「今まで付きあわせてごめんね」
「・・・・・・ありがとう」

穏やかな顔で、これまで花火の優しさにつけ込んできたことを謝る早苗。

花火は呆然としながら、別れを告げる早苗の話を聞きます。

「違うの!!」
「付け込んだのは私!」
「わがままなののは私!!」
「全部私なの」
「だから・・・」

花火は必死に自分の想いを伝えようとしますが・・・

「もういいよ」
「花火」
「私あなたを諦めるから」

ニッコリと静かに拒絶する早苗。そして、最後まで穏やかな表情で、部屋から出ていきます。

「えっちゃん」

部屋を飛び出し、早苗を追いかけていく花火。

「私と友達で居て!!」

ずっと言おうと思っていたことを伝えます。

「・・・・・・っ」
「ふざけないで!!!」

花火の方へ振り返り、怒鳴りつける早苗。

「できるわけないじゃない」
「私がどれだけ・・・」
「好きだったかなんて・・・っ」
「知らないくせに・・・っ」

先程までの穏やかな表情とはうって変わり、ボロボロと涙を流し、顔を真っ赤にして叫びます。

外は雨。あの日、過ちを犯してしまった時にも、雨が振っていたことを思い出す花火。自分の弱さがこんなにも早苗を傷つけてしまったのだと実感します。

「わ・・・」
「わたしが知りたいの」
「これからあなたのことは私が知りたいの」

花火は早苗の手を握りしめ、泣きじゃくります。

雨の中

大切なものを失った時のつらさを知ってしまった早苗。それなら、もう1人でいたいという想いが大きってきます。

しかし、雨の中じっと自分を見つめる花火を見ていると、花火も自分と同じように怯えた目をしていることに気づきます。

「わかった」
「・・・いつになるかわからないけど・・・」
「まだすごく好きだから」
「でも・・・がんばるから」
「・・・がんばって忘れるから」

しっかりと抱き合い、キスをする二人。

翌日

翌朝、篤也はまだ熱でうなされています。

「えっ」
「もう帰っちゃったの?」

早苗から、もう花火が帰ったことを教えられる篤也。

「・・・早苗がんばったね」

篤也は昨日ふたりの間にあったことを察します。

「早苗にはオレがいるじゃん」

「んー・・・・」
「そうだね」

「えっ」

早苗の意外な返事に驚き、ゴホゴホとむせ返ってしまう篤也。

「あんたもだし・・・」
「少しは信じてみようかな」