漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

クズの本懐7巻38話のネタバレ感想

  コメント (3)

ビッグガンガン年6月号のクズの本懐38話のあらすじと感想です♪

38話はおそらくコミック7巻に収録。7巻の発売日は2016年9月ごろだと思います。

クズの本懐7巻38話のあらすじ【ネタバレ注意】

9月1日

新学期。久しぶりに登校していく花火。どことなく居心地が悪く、心細く感じます。

同じ教室の麦も、早苗も、そしてお兄ちゃんのことも、まともに直視できません。

(しかたないよね)
(まだ痛む)
(まだ染みる)
(しかたないの。)

放課後

学校が終わり、暗い顔で下校していく花火。

「あら?」
「一人で下校~~~?」

そんな花火にモカが声をかけてきます。

「もしかして」
「あなたもフラれたんだ?」

イジワルそうな笑みを浮かべるモカ。

「っ・・・」
「もってなにも」
「もって!!」
「あんたはもともとフラれっぱなしでしょーが」

花火がイライラしながら怒鳴りつけます。しかし、なぜかすっきりしたカオで、堂々と胸を張るモカ。

「私の方がずっと長くまっすぐに!」
「麦を好きだったわ!」
「だからすっきりしてんの!」
「あんたも自分だけで歩いてみたらわかるわ」

モカはそう言い捨てて、歩いていきます。

そんなモカの後ろ姿を、ハッとしたように見つめる花火。自分が、この世でたったひとりっきりになったような気になっていたことに気づきます。

(どうしてだろう?)
(「ひとりで」歩き出すことなんて)
(考えもしなかったの)
(おかしいよね!)

クスッとおかしそうに笑う花火。

麦と

なぜか、並んで一緒に歩いている麦と茜。麦が手をつなごうとしますが・・・

「・・・だめよ」
「制服なんだから」

茜が軽くいなします。

麦が、では先生が生徒の家に来るのも、マズイんじゃないかと聞き返すと・・・

「それはいいのよ」
「教育的指導」
「・・・です♡」

色っぽい笑顔でニッコリと微笑む茜。

「ふふ」
「家庭訪問ってやつだー」

麦の家に上がり込む茜。家庭訪問に来た教師ぶって、ハシャギます。

「・・・やめてよ」
「先生ぶるの」

茜の首にキスをしながら、麦がつらそうにお願いします。

「やめないよ」
「だって・・・」
「本当に先生なんだもの」

イジワルそうな笑みを浮かべながら、麦にキスをする茜。そして、二人は体を重ねます。

ホントは真面目な家庭訪問のはずが、保護者は不在で相手は男の子。茜がそんな気分で、自分とプレイしていることは百も承知の麦。

(わかってんだよ)
(わかってるけど)
(くそっ)
(くそっっ)
(あーもう)

自分が弄ばれていることは分かっていても、自分の体の上の茜の姿を見ていると、もうどうしようななくなってしまいます。

その夜、夢を見る麦。花火やモカに囲まれ、正座でうなだれます。

「情けない」

「ごもっともです」

「このサル」

「返す言葉もございません」

「そんなにいいんだ?」

「そりゃもう・・・」

「私よりも?」

じっと麦を見つめ、泣いている花火。

(夢の中の俺は嘘がつけない)
(・・・から)
(またあいつを泣かせてしまう)

「うん」

麦が悲しそうに答えます。