漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

LDK18巻71話のネタバレ感想

  コメント (0)

別冊フレンド2015年6月号のLDK70話の感想です♪71話はおそらくコミック18巻に収録。18巻の発売日は2015年7月ごろだと思います。

LDK18巻71のあらすじ【ネタバレ注意】

玲苑のクラスの打ち上げ

残念ながら2位でしたが、盛り上がるクラスメイトたち。しかし、玲苑だけは一人浮かない表情で何か考え込んでいます。

そんな玲苑にクラスメイトの女子が話しかけてきます。みんなを引っ張っる玲苑の姿にときめいたという女の子たち。すると、そのうちの一人の女子が

「あの!!あたし」
「2番目の女にどうですか?」

積極的にアプローチ。玲苑はそれをボーッとした表情で聞いていたかと思うと・・・

「2番目・・・」
「・・・2番目でいいと思うか?」
「・・・ほんとに2番目でいいのか?」

そう言いながら顔を寄せてくる玲苑に、その女の子は緊張しすぎてドタンと倒れてしまいます。

店の通路

玲苑がトイレへ向かっていると、同じ店で打ち上げ中の柊聖がいます。顔をそらし、そのままトイレへ入ろうとする玲苑に

「玲苑」
「おまえ葵のこと好きなんだろ」
「71点なんかじゃないよな?」

柊聖が声をかけます。ストレートに来る柊聖に少し戸惑う玲苑でしたが・・・

「・・・ああ」
「100点だよ」

キッパリとそう言い、柊聖の彼女を好きになってしまったことを謝ります。玲苑はもう一緒にあの部屋にはいれないと覚悟。

しかし、アパートは出ても、アメリカに帰るつもりはないことを伝えます。

「俺はカンタンには帰らねえ」
「親父の跡を継ぐのは」
「おまえしかいねーんだからな」

柊聖に父の会社を継がせるという思いは変わらないようです。

しかし、それならまだ一緒にあの部屋へ居るようにと言う柊聖。玲苑は柊聖が何をしたいのかよく分かりませんが、柊聖には何か伝えたいことがあるようです。

友達と一緒に帰宅中の葵。電車が途中の駅に停まると、玲苑がひとりベンチでうなだれているのが目に入ります。

自分が葵が好きだと分かったにも関わらず、それでも一緒に暮らすように柊聖から言われ、訳の分からなくなってしまう玲苑。突然の嵐にも祟られ、ふんだり蹴ったりです。

(アパートに戻るか)
(それとも・・・)

玲苑がうなだれながら、今後のことを考えていると・・・

「玲苑くん!!」

玲苑が具合が悪そうに見え、葵が電車を降りてきます。大丈夫か聞かれ、ボーッとした表情で、色々と疲れたと答える玲苑。

そんな玲苑を励まそうと思ったのか、葵は玲苑の模擬店の運営が素晴らしかったことを褒め始めます。玲苑のクラスの料理と自分のを比べてヘコんだことや、玲苑がタルトを味見してくれたおかげで大盛況だっとことを伝える葵。

(やべえ)
(すげえ抱きしめてえ)

一生懸命はげましてくれる葵に玲苑は手を伸ばそうとしますが、何かを思い伸ばしかけた掌を握りしめてしまいます。

そして、早くアパートに帰るよう伝えますが・・・

「ただいま音羽線」
「台風と落雷の影響により」
「運転を見合わせております」

運休を告げる放送が流れます。

葵たちのアパート

柊聖の携帯に葵から電話がかかってきます。外は暴風雨で帰ってこれるか心配する柊聖に、電車が止まってしまったことを伝える葵。そして、玲苑と一緒にいて、駅の近くの玲苑のマンションで待たせてもらおうと思っていることを伝えますが・・・

「もー動かねーだろこの雨じゃ」
「泊まるってことじゃんそれ」

柊聖が不機嫌そうになってしまい、それならタクシーで帰ることを告げますが・・・

「・・・いーよ」
「泊まらせてもらえよ」
「ヘタに外うろつかれるより」
「俺もそのほうが安心するし」

今度は泊まれという柊聖。

「あ・・・う」
「うん・・・」

柊聖が怒っているのかいないのかイマイチ分からず、葵は思わずウンと答えてしまいます。

電話を切り、葵は玲苑の部屋へ。そして、柊聖は壁によりかかると・・・

「・・・葵のバーカ」

LDK18巻71話の感想【ネタバレ注意】

玲苑と葵が一晩一緒に過ごすことになっちゃいましたね。突然の嵐でしょうがなく・・・って、こういう漫画ではありがちなパターンですね(笑)

前回、玲苑が葵と柊聖のキスシーンを目撃してしまい、もう三角関係もこれで終わりかな~ 最後どうケリがつくのかな~と思ってましたが、その前にまさかの急展開でした。

まあ、玲苑は柊聖の彼女に手を出すつもりはないとは思いますが、何もなければ盛り上がらないし、どういう展開になるんでしょうね。

多分ここが三角関係のクライマックスだと思うので、次回が楽しみです♪