漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

LDK20巻80話のネタバレ感想

  コメント (2)

別冊フレンド2016年4月号の80話の感想です♪

80話はおそらくコミック20巻に収録。20巻の発売日は2016年4月13日です。

LDK20巻80話のあらすじ【ネタバレ注意】

部屋

葵を押し倒し、キスをして離さない玲苑。葵は抵抗しようとしますが、どうにもできません。

しばらくして、ようやく口と手を離す玲苑。

「・・・オレは」
「おまえのことなんか好きじゃねーよ」
「・・・ざまーみろ」

目に涙を浮かべ、悲しそうにつぶやきます。そして、おもむろに立ち上がると、部屋を出て走っていきます。

ちょうど玲苑とすれ違った柊聖は、玲苑の様子がおかしいのに気づくと、慌てて部屋の中へかけつけます。

何があったのか訊かれた葵は・・・

「・・・・・・」
「あたしがなにか」
「・・・玲苑くんを怒らせちゃったのかも」

口に手をやり、呆然とします。

公園

公園のでっかいボール(?)の中で、ボーッとしている玲苑。何時間経ってても、そこから動きません。

そして、夕方になったころ、「ガンッ ガンッ ガンッ」っと、外からボールを蹴飛ばす音が聞こえてきます。

「うるせーぞコラ・・・」

玲苑が出て行くと、そこには柊聖の姿が。

「・・・葵に何した」

恐ろしい形相で訊く柊聖。

「キスした」

玲苑は挑発するように笑みを浮かべ、柊聖のアゴに手をやります。

「殴るんなら殴・・・」

言い終わる間もなく、ゴンッと殴り飛ばされる玲苑。

「いつもスカした顔しやがって・・・」
「おまえがムカつくんだよ!!!」

玲苑もすかさず殴り返します。

「・・・俺のが」
「おまえにすっっっげーーーーー」
「ムカついてんだよ!!!」

さらに柊聖が殴り返し、玲苑が吹っ飛びます。

柊聖の本音

玲苑が葵の進路の相談にのっていること、あっさり名前で呼ばれるようになったこと、玲苑と話してる時の方が葵がウケていることなど、玲苑にムカつくことをまくし立てる柊聖。

「葵に触んじゃねよ」
「なれなれしくすんな」
「近づくな話すな」
「同じ空気吸うな!!!」

柊聖の必至の形相に、玲苑は呆気に取られます。

「・・・シュウおまえ・・・・」
「ちっちぇーな」

「・・・・・・・・・」
「・・・ちっちぇーよ」

柊聖はドカッと玲苑の横に腰をおろし、語り始めます。ホントはビビリなくせに、昔からずっと自分の弱さを抱えて闘う玲苑を見てきた柊聖。

「俺にとっては」
「おまえのがヒーローだよ」

玲苑の目的

本音を全てぶちまけた柊聖は、今度は玲苑に日本にきた目的を訊ねます。

うつむきながらボソボソと、柊聖の説得に成功して、父に認めてほしかったことを打ち明ける玲苑。

「・・・本音はそれだけか?」

「・・・・・・・・・」
「・・・俺が親父のあとを継ぎたい」

柊聖に促され、今度は真っ直ぐな瞳で玲苑が答えます。

「・・・だろ?」
「俺のヒーローは」
「『もっと』闘えるんだよ」

柊聖の言葉にハッとする玲苑。

「・・・自分自身にガッカリだぜ」

バチンと顔を叩くと、柊聖の方へ指さします。そして、自分の弱さを認め、それでも戦う強さを宣言。

「俺のが後継ぎにふさわしいって」
「親父に認めさせてやる」
「俺はそこから逃げねえ!!」

覚悟を決めた玲苑の顔を見て、ニコリと微笑む柊聖。そして、アメリカに帰って、さっさと父にそれを言ってくるよう伝えます。

しかし、その言葉に今度はまた別の意味で動揺する玲苑。

「もう追い出すのかよ」

「言ったよな」
「葵に手出したら殺すって」

「けどよ」
「俺・・・」

玲苑がか細い声で何かを言おうとしていると、そこへ葵が歩いてきます。

LDK20巻80話の感想【ネタバレ注意】

今回のLDKは、いつもとちょっと違う感じで面白かったです♪

いつもは表情とか態度での心理描写がわりと多い気がするんですよね~ でも、今回はとても書き切れないくらい、セリフいっぱいでした。

柊聖なんかイメージ崩れるほど、ぶっちゃけちゃいましたね(笑)「同じ空気吸うな!!!」にはウケました(笑)

それだけ葵のことで必死だったんでしょう。玲苑が来てから、何となくいつもの余裕がないというか、心穏やかでない感じはしてましたが、あそこまでだったとは(笑)

でも、実際ホントは誰でもちっちゃいことのために必死になってると思います。それを、ちゃんと認められる柊聖と玲苑はカッコ良かったです♪

ちょっと前にも書いた気がしますが、玲苑が柊聖にはない自分の良さに気づいてくれてよかった~ あとは、葵の件ですね。それも次回あたり決着が付きそうかな~と楽しみです♪