漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

LDK22巻85話のネタバレ感想

      コメント (0)

別冊フレンド2016年9月号の85話の感想です♪

85話はおそらくコミック22巻に収録。22巻の発売日は2016年12月ごろだと思います。

LDK22巻85話のあらすじ【ネタバレ注意】

道端

突然現れ、ふざけたよにパシャパシャと写真を撮りまくる草樹。そんな草樹を、柊聖がキッと睨みつけます。

以前、草樹が面白がるように、柊聖を怒らせていたことを思い出す葵。

「なにしにきたの!?」
「柊聖にまたひどいことしにきたの!?」

葵は、草樹に向かって、カバンを振り回しますが・・・

「『柊聖なんて呼んじゃってんだ!!」
「すっかり恋人じゃん!!」

草樹は一向にふざけた態度をやめる様子がありません。

「・・・はやく言えよ」
「用件があるんだろ」

柊聖は暴れまわる葵を落ち着かせ、草樹に訊ねます。

「うちに来いよ柊聖」
「住むとこないんだろ」

草樹は、ようやく真面目な顔になり、本題を切り出します。

「・・・1人でなんとかする」

そう言い残し、葵の手を引っ張り帰っていく柊聖。

「ガキのころはそんなんじゃなかったのになー」

黙って歩いていく柊聖の背中に、草樹が語りかけます。

空港

アメリカへ戻る玲苑を見送りに来た柊聖と葵。すると、玲苑が葵をギュッと抱きしめます。

「れ・・・」
「れれれ」

葵は真っ赤になって狼狽。

「アメリカ式のあいさつだ」

玲苑はそう言って、いつまでも葵を離そうとしません。しばらくして、ようやく玲苑に解放されると、葵は恥ずかしいのを隠すようにお土産を買いに走っていきます。

「玲苑」

柊聖の声にギクリとする玲苑。振り返ると、柊聖が手を広げて、ニッコリと微笑んでいます。

「いててててててて」

柊聖は、骨がきしむほど思いっ切り、玲苑を抱きしめます。

そんな柊聖に、玲苑はビッグになってまた戻ってくることを誓います。

「・・・シュウ」
「おまえはそんなことないって言うかもしんねーけどよ」
「おまえはいつだって」
「俺のヒーローなのには変わりねえよ」

玲苑の言葉にハッとなる柊聖。

「またヘタレたときは俺に言えよ」
「そのへん俺は大先輩だからな」

玲苑は、冗談っぽく言いますが・・・

「・・・怖いんだよな」

「早速かよ!!?」

虚ろな表情の柊聖を見て、玲苑は本気で柊聖が何かに悩んでいるのを感じます。

「・・・いろんなことが」
「・・・いまの俺じゃダメな気がして」

力な続ける柊聖。すると、柊聖に向かって、玲苑が拳を突き出します。

「シュウ」
「Face to face(向き合う)」
「・・・ってやつだ」

玲苑の拳に、自分の拳をコツンと合わせる柊聖。

空港の屋上

空港の屋上で、葵と柊聖は玲苑が乗った人が飛び立って行くのを見送ります。

「・・・俺さ」
「草樹の家に行こうと思う」

何か覚悟を決めたように、静かに語る柊聖。

しかし、葵にはなぜよりによって、あのお兄さんの所へ行くのか理解できません。

「・・・俺にもわかんない」
「ガキの頃は」
「わかってた気がしたのに」

草樹の家

数日後、草樹の家へ引っ越してきた柊聖。草樹に促され、シャワーを浴びます。

「柊聖」

外から草樹に呼びかけられ、ビクンとする柊聖。

「タオルここに置いとくなー」

草樹の言葉に、柊聖は無言で答えます。

「おまえと暮らすの2年ぶりくらいか?」
「それも少しの間だったか」
「あの家はもうないしな」

柊聖は、何かを思い出すように暗い表情になります。

柊聖が体を洗って風呂場の外へ出ると、そこにあるハズの服がどこにもありません。

「おい草樹オレの服・・・」

柊聖がイラツイて叫んだ瞬間・・・パシャとカメラの音が鳴り響きます。

「スクープ激写!!」
「いいねいいねー」
「立派になったな柊聖!!」

いつものようにふざけまった態度の草樹。

柊聖は、そんな草樹にツカツカと詰め寄ると・・・ドンッと足で壁ドン。

「世話にはなるけど」
「馴れ合うつもりねーから」

キツく草樹を睨みつけます。