漫画ファンBlog

大好きな漫画について語り合いましょう♪

ライアーライアー最終回10巻70話のネタバレ感想

      コメント (0)

デザート2017年7月号のライアーライアー70話のあらすじと感想です♪

70話はおそらくコミック10巻に収録されると思います。

ライアーライアー最終回10巻70話のあらすじ【ネタバレ注意】

透と桂

この日、透たちの部屋に桂が遊びに来ています。

「しかし・・・」
「マジで結婚したんだな~」
「ふたり・・・」
「幸せか?透」

桂がしみじみとように訊ねると・・・

「うん・・・」
「幸せすぎて」
「毎日死ぬんじゃないか?」
「って思いながら目覚めてる」

透の目覚めがいいのか悪いのか分からない返事に、桂は若干引いてしまいます。

透が色んな女の子と付き合っていたころから、何となく透は姉のことが好きなんだろうと思っていたという桂。

「ふたりがこうなってビックリはしたけど・・・」
「なんか落ち着くところに落ち着いたな~って感じたんだよな」
「あれ?」
「そういや姉さんは?」

そんな話をしていると、桂は湊の姿がないことに気が付きます。

透によると湊はいま友達と会っていて、午後は透と一緒におでかけするようです。

「午後からデートか~」

「いや・・・」
「今日はデートじゃないんだ」

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

湊と真紀

この日、久しぶりに真紀と会う湊。真紀はコスプレがきっかけで、湊たちが付き合うようになった時のことを楽しそう話します。

一方、湊は複雑な表情。

「もう嘘つくのはこりごりだよ」
「ロクなことにならないって身をもって体験したわ」
「今後は正直に行きたいと思う・・・!」

湊はキッパリと宣言しますが・・・

「いや嘘って悪いことだと思われがちだけどさ」
「あたしは嘘って大事だと思ってるよ」

なぜか真紀は否定。

「日常生活での嘘はだいたいがその場の空気を壊さないようにだとか」
「一緒に居る相手が気分よく過ごせるようにだとか・・・」
「確かにあんんたはいろいろ嘘ついてたけどさ」
「その時その時で自分以外の誰かを思って嘘ついてたって」
「あたしには見えてたよ」

真紀がそんな風に思ってくれていたと知り、湊は少ししジーンときてしまいます。

「おっとそろそろ時間じゃね」
「旦那さんとのデート楽しんできな」

そんな話をしていると、そろそろお昼が近づきてきたようです。

「へへ」
「でも今日はデートじゃないんだ」

「?」
「なんなの?」

「新婚旅行!」

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

動物園

「・・・と言ったものの」
「新婚旅行に動物園てなかなかないよね?」

「まあね」

動物園へとやってきた湊と透。

(でもふたりの思い出の場所って聞いたらここしか浮かばなかった)
(ここは)
(わたしたがいが初めて会った場所)

湊は透に、出会った時の第一印象を訊ねます。

「第一印象・・・」
「あれ見ようこれ見ようって」
「ひっきりなしに連れ回されて」
「落ち着きがない女の子だな・・・だった」

あまりよくない印象だったことを知り、湊はズズーンとショックを受けてしまいますが・・・

「でも繋いだ手が優しくて」
「あちこち連れ回されたのに全然引っ張られる感じじゃなくて」
「それが不思議ですごく好きだと思ってた」

透はその時のことを思い出しながら、嬉しそうに笑います。

「あ」
「そうだった!」

その時、湊が何かを思い出します。

「はい」
「ペンギン見に行こうって言ってたもんね」

そう言って、湊は透にスッと手を差し出します。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

回想

まだ両親が再婚する前、親に連れられこの動物園で初めて出会った2人。

「おいで」
「一緒にペンギン見よう!」
「迷子になったら大変だから手を繋ぐよ」

湊は透と手をつなぎ、色んなところを見て回ります。

とても楽しく過ごすものの、すぐに夕方となり帰る時間に。

「もうそんな時間か・・・」
「楽しいとあっという間だねえ」
「また絶対会おうね!」

「うん」

2人はそう約束し別れます。

帰り道、お母さんから透の印象を訊ねられ、とても楽しかったことを伝える湊。

「わたしたちきっと仲良し家族になれるって思ったよ!」

湊は満面の笑みを浮かべます。

一方、お父さんと帰っていく透も同じようなことを聞かれます。透は湊の優しさが印象に残った様子。

「これからもみんなで一緒に遊びに行ったりすると思うけど」
「大丈夫かな?」

「うん」
「会えるの楽しみだよ」

控え目ながら、嬉しそうな笑みを浮かべる透。

「ぼく」
「また湊ちゃんと一緒にペンギン見たいな」