漫画ファンBlog

大好きな漫画について語り合いましょう♪

なまいきざかり11巻60話のネタバレ感想

  コメント (0)

花とゆめ2017年7号のなまいきざかり60話のあらすじです♪

60話はおそらくコミック11巻に収録されると思います。

なまいきざかり11巻60話のあらすじ【ネタバレ注意】

由希の部屋

この日、部屋に宇佐三さんが遊びにきます。

「ん?」
「あれ?」

小さなソファが増えていくことに気づく宇佐三さん。

「ソファ買ったの?」
「何なに?」
「わざわざ2人がけってことは彼氏といちゃいちゃする用とかー」

からかうようにそう言って由希の方を見ると、首まで真っ赤になって硬直しています。

「くっっっそうらやましい」
「ひたすら彼氏が欲しい」

宇佐三さんはソファの上で悶絶。

そんなことを言われた由希は、この前の成瀬が来た時のことを思い出してしまいます。成瀬のために買ったのは確かなものの、想定以上に距離が縮まり必要以上にキレてしまった由希。

(い・・・)
(いや別に・・・)
(あいつに触られたの初めてじゃないし)
(すごく嫌だった・・・)
(とかいうワケでもないと思うけど)
(使いこまれた自動ブレーキシステムが・・・!!)

夏が迫り、こんな調子で恋人としてやっていけるのか、不安になってきます。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

翌日

授業を終え、教室で帰る準備をしている由希。

「町田さん助けてーーーー!!!」

そこへ暑苦しい男たちが駆け込んできます。

「町田さん」
「央崎バスケ部マネージャー」
「引き受けてください!!!」

やってきたのは男子バスケ部の部員達。マネージャが急に1人やめることになったようです。

由希は、無言で拒否ろうとしますが・・・

「わかる」
「わかるよ」
「速攻で断ろうとしてるその目わかるよ!」

部員達が由希に畳み掛けます。

「お願い」
「お願い町田さん」
「凄腕の町田さん」
「レジェンド町田!」

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

「は?」
「何じゃあまたバスケ部やんの?」
「臨時の時もオレちょー嫌がったのに」

この日も由希の部屋へ来ている成瀬。由希は結局マネージャーを引き受けてしまったようで、それを聞いた成瀬は嫌な顔をします。

成瀬が床からソファに座りなおすと、由希はピクンと反応し硬直してしまいます。

「せっかく買ったのに何でソファ座んねーの?」

「あんたがおかしなとこ触ってくるからでしょ」

由希は拒否ろうとしますが・・・

「『おかしなとこ』ってどこ?」
「オレは雪先輩がすきで」
「先輩もオレがすきで」
「付き合ってる恋人同士なのに」
「触っちゃいけないとこって例えばどこ?」

成瀬が由希の耳元で囁きます。

(ど・・・)
(どこだ・・・・・・?)

成瀬の言葉に唖然とする由希。いくら考えてもどこがダメなのか思いつかず、成瀬の方がまともなことを言っている気がしてきます。

「つーか話し戻るけど」
「あのチャラ男もまだバスケ部いるんでしょ?」
「・・・でも」
「がまんする」
「オレえらくね?」

由希が考え込んでいる間に、勝手に成瀬が話を進め、由希はめだてく(?)マネージャー復活することとなります。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

大学

そして、翌日から由希はバイトのない日にマネージャーをすることに。あらためて部員達に紹介され、仕事を始めます。

由希がタオルを入れ替えようと、洗濯室へ向かっていると、物陰で男性が隠れるように座り込んでいます。

「・・・どうかしました」

「うっわ」
「すんませ・・・」

由希の声に驚き叫び声を上げる男性。

(!!)
(えっ)

何とそこにいたのは袴田。関東大会の時に央崎(由希の大学)のコーチに声をかけられて見学しに来たものの、迷ってしまったようです。

コーチのところへ案内していく由希。そして、この前の関東大会の優勝を祝福しようとしますが、なぜか袴田は苦しそうな顔になります。

(あれ)
(なんか)

「元気ない?」

由希の言葉にハッとして、バチンバチンと顔を叩き出す袴田。気合を入れようとしますが、やはり元気なくうなだれてしまいます。

「オレ」
「何かから回ってて」
「ムカつくけど」
「焦ってんですよ」
「次もちゃんと勝てんのかとか」
「次は追いつかれんじゃないねーかとか」
「次は」
「あいつらもまた強くなってんじゃねーかとか・・・」

弱々しく語る袴田。

由希は、成瀬も同じようなことを言っていたことを思い出します。

「本気だから自信なくしたり」
「慌てたり迷ったりするんだよね」
「だから」
「今感じてるプレッシャーも焦りも」
「全部袴田くんの味方なんだと」
「思う」

そう言って励ます由希。そして、仕事中だったことに気づいて体育館へ戻ろうしますが・・・

袴田に後ろからぎゅ~~~と抱きつかれます。

「・・・は・・・」
「袴田く・・・」

ハッと我に返り、由希を解放する袴田。

「・・・すいません」

由希はホケーっと魂が抜けたような顔をして、体育館へ戻っていきます。

(・・・ムリだ)
(ムリだ)
(ムリだ)
(ムリ・・・)

袴田は、真っ赤な顔を手で抑え、その場にうなだれます。

「・・・すきだ」