漫画ファンBlog

大好きな漫画について語り合いましょう♪

なまいきざかり14巻80話のネタバレ感想

      コメント (0)

花とゆめ2018年8号のなまいきざかり80話のあらすじです♪

80話はおそらくコミック14巻に収録されると思います。

なまいきざかり14巻80話のあらすじ【ネタバレ注意】

由希

スマホで諏訪さんの連絡先を表示する宇佐見さん。そして、手を震わせながら、思い切って通話ボタンを押しますが・・・・・・

発信音は鳴るものの、いつまで待っても諏訪さんの応答はありません。

そのころ、諏訪さんは着信音を無視し、ギューっと由希を抱きしめています。

「誰ともまともに向き合えなくて」
「自分には『恋愛』なんて出来ないって思い込んでたけど」
「それも」
「町田さんとなら変えられる気がする」

そう言って、体育館を出ていく諏訪さん。そして、去り際 もう一度由希の方を振り返ります。

「じゃあ」
「そーいうことだから」
「一応 告白だから」

由希はカーっと真っ赤に。しかし、告白と言われても、何か違和感のようなものを感じます。

翌日、構内のベンチで宇佐見さんと話をする由希。

「諏訪さん昨日部活終わり何してのかな」

宇佐見さんはそう言って、ボーッとスマホを見つめます。由希は宇佐見さんを応援したいものの、そうすることもできず気まずくなってしまいます。

すると、2人の前を成瀬が通り過ぎていきます。スレ違いさま・・・

「年上マニア」

小声でそうささやく成瀬。

そんな成瀬の態度に由希はイラッとしていまいます。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

成瀬

翌日、成瀬が街を歩いていると、なんと木戸先輩と出会います。

成瀬は渋い顔をするものの、ズイズイと話しかけてくる木戸先輩。

「今日は彼女は一緒じゃねーのか?」
「インハイ決めて交際宣言とかお前かっこよすぎだろーが~」

そう茶化されるものの、成瀬は寂しそうな顔に。

「・・・別に」
「すぐ負けたし」
「そもそも全国出場自体まぐれだったのかもしんねーし」

成瀬の態度に、木戸先輩は軽く驚きます。

「・・・お前変わったた?」
「ちょっと大人になった気がする」

そう言われるものの、成瀬には「大人になる」ということ自体どういうことが分からない様子

「そーやって悩んで考えてること自体」
「ちょっとくらい成長してるってことじゃん?」

木戸先輩の言葉にハッとした様子で考え込む成瀬。そして、木戸先輩の脇にイキナリ頭突きを喰らわせます。

「・・・やっぱムカつく」
「・・・やっぱ」
「あんたには一生 勝てねー気がする」

成瀬は切なそうに、つぶやきます。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

由希と諏訪さん

そろーっと部活の用具室へ入っていく由希。この日の部活は休みですが、予想通り諏訪さんが1人で自主練をしています。

「昨日の返事でもしにきてくれたの?」

「はい」
「すみません!!!」

諏訪さんの方から切り出され、キョドりながら返事をする由希。あまりにキッパリと断られ、諏訪さんは大笑いしてしまいます。

「諏訪さんが私を『盗りたい』って感情は・・・」
「恋愛とは別物というか・・・」
「何かきっかけを求めているというか・・・」

由希はこの前感じた違和感を素直に伝えますが、諏訪さんはイマイチ納得がいかない様子。

「じゃあ町田さんは何で成瀬と付き合ったの?」
「町田さんに成瀬は重たそうっていうか」

逆に聞き返す諏訪さん。由希もイマイチ自分が成瀬と合ってないことは自覚しますが・・・

「あいつが必死でバスケしてるとこだけは」
「自信持って『好きだ』って言えるから」
「あいつを支えるためなら」
「何があったも側にいます」

キッパリとそう伝え、由希は帰っていきます。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

宇佐見さん

その日の夜、宇佐見さんが部屋に帰っていると、雨のなか道端にへたりこんでいる諏訪さんを見つけます。

「諏訪さん!!?」

宇佐見さんが声をかけるものの、諏訪さんはグデングデンに酔っているようで、反応はイマイチ。

「・・・あの」
「私のアパート」
「この近くですけど・・・」

「いく・・・」

どうにか諏訪さんを部屋まで運び込み、着替えがないか探す宇佐見さん。すると、イキナリ後ろから諏訪さんが抱きついてきます。

「何で俺のこと見てくれんと・・・?」

そう言いながら、ジッと宇佐見さんの顔を見つめる諏訪さん。酔っ払って方言を話し出す諏訪さんに、宇佐見さんはキュンとしてしまいます。

「・・・ごげん好いとーとか」
「何でなんも分かってくれんと・・・」
「俺も」
「側におって欲しかとに・・・」

「好き」という言葉に、宇佐見さんはドキッとしますが・・・

「町田さん・・・」

(・・・・・・・・・え?)