漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

逃げるは恥だが役に立つ6巻27話のネタバレ感想

  コメント (0)

逃げるは恥だが役に立つ27話のあらすじです♪

27話はコミック6巻に収録されています。

逃げるは恥だが役に立つ6巻27話のあらすじ【ネタバレ注意】

回想

なぜか寝巻きで街中を全力疾走している平匡。頭が真っ白になり、落ち着こうとしますが、どうにもなりません。

頭の中を整理するために、平匡は先ほど起こった出来事を順に思い浮かべます。

コンドームを取り出し、準備万端でみくりと抱き合う平匡。

「みくりさん」
「・・・触ってもいいですか」

「私も平匡さん触っていいですか」

お互いの身体を触り合う平匡とみくり。2人のテンションはマックスまで跳ね上がります。

(そして)
(結局あいつは使われることはなかった)
(なぜなら)
(半分しか勃たなかったから!!!!!)

もう死にたくなってしまう平匡。着の身着のまま、外へと逃げ出します。

街中

ハアハアと息を切らし、ようやく立ち止まる平匡。思い返してみると、自分はいつもいつも何かから逃げているような気がしてきます。

(でも)
(置いていかれたほうは?)
(この先 関わりたくない人なら放っておけばいいけど)
(大事な人だった場合)
(相手を傷つけることになってないか)

自分からは動かず、いつもみくりから動いてくれるのを待っていた平匡。

(彼女はずっと)
(こんな自分を見捨てずに好きでいてくれたのに)

平匡は我に返ると、みくりが受け止めてくれると信じて、またダッシュで部屋へと戻ります。

寝室

そろりと寝室へ入っていく平匡。

「・・・みくりさん」
「寝ちゃいましたか・・・?」

みくりの反応はなし。平匡はそっと布団に潜り込み、みくりの隣に横になろうとしますが・・・

「起きてますよ!」
「眠れるわけがないじゃないですか」

バッとみくりが起き上がります。

「でっですよね~!」

平匡が、気まずそうに相打ちを打ちます。

「ハグしてください」

心細そうにお願いするみくり。

2人はギュッと抱き合い、そのまま朝までベッドでウトウトします。

翌朝

朝になり、目を覚ます2人。

「・・・おはようございます」

2人はベッドに横になったまま、火照った顔で見つめ合います。

「んん?」

平匡の手がみくりのほっぺに。

「なあに?」

みくり目がトロンとなります。。

「へへ」

「ふふ」

見つめ合い、照れたような笑いが溢れる2人。

(きみの心と体の柔らかい部分すべてに触れたい)
(それが僕の心と体の硬い部分を溶かすんだって)
(絶対に知られたくないような)
(きみには知ってほしいような)