漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

お迎えです。1巻1話のネタバレ感想

  コメント (0)

LaLa2016年4月号の赤髪のお迎えです。1話のあらすじと感想です♪
1話はおそらくコミック1巻に収録されると思います。

お迎えです。1巻1話のあらすじ【ネタバレ注意】

ベンチ

「ひょっとして何か」
「『未練』とかあったりします・・・?」

ベンチで隣に座った半透明の男性に話しかける少年。少年の名前は堤円。大学4年生。

「おお~~~っと?」
「こっちが依頼する前から仕事をするとはGSGバイトの鏡!!」

「えらいぞえんちゃん!!」

そこへ兎の着包みの男と、女の子がやってきます。

このふたりは、GSG(極楽送迎)というこの世に未練を残した霊たちを送り届けるあの世の会社の社員。そして、円はGSGでアルバイトをしています。

あらためて、先ほどの男性に依頼を聞く先輩たち。

「この男の『体』いくらでも使っていーからさ!」

円は霊を自分の体の中に入れて、「体験の共有」をさせてやれるという特殊能力のせいで、GSGで働くことになったようです。

鉄棒

霊の名前は桂さん。その桂さんの目線の先で、男の子が必至に逆上がりの練習をしています。

男の子は桂さんの息子の優一。運動が苦手な優一と一緒に体を動かし、色々教えてあげたかったようですが、多忙な桂さんはそれが叶わぬまま亡くなってしまったようです。

「うそつき」

生前、優一に言われた言葉が思い出される桂さん。

円は勝手に体を動かさないことを約束してもらい、桂さんに体の中に入ってもらいます。そして、優一に声をかけ、逆上がりを教え始めます。

(私に似て)
(口下手で運動が苦手)
(それを咎めるつもりは決してなかったが)
(努力すること)
(その大切さは息子に伝えたかった)

優一の体の中から桂さんは、必至に逆上がりを練習する息子を見つめます。

(きっとこの子は)
(ちゃんと努力を続けたんだ)
(だから私に怒ったんだ)

運動会を必ず見に行くという約束を果たせなかった桂さん。一秒一瞬どんどん成長していく息子を、ちゃんと見てやる時間を作らなかったことを後悔します。

「でっ・・・」
「できたーーーーっ!!」

ついに逆上がりに成功し、優一は満面の笑みを浮かべて喜びます。

公園

息子が逆上がりできたというのに、浮かない顔をしている桂さん。円はまだやり残したことがあるのか訊ねます。

「返してよ!!」

桂さんの返事を聞く前に、優一の叫び声が聞こえてきます。イジメっ子達から本を取り上げられている優一。そして、イジメっ子は追いつけたら返してやると約束し、走っていきます。

「わっ桂さん!」

突然、円の体を使って走りだす桂さん。つい動いてしまい、円に謝りますが・・・

「いいよ」
「追いかけるなら体は任せます」
「悔いは残さないでね」

円の提案に驚きながらも、優一を追いかけていく桂さん。そして、自分がしたかったことが何なのか考えます。

「あきらめるな」
「目線は少しだけ先に」
「足の親指とつま先を意識しなさい」

腕をしっかり振って、力いっぱい地面を蹴って、次々と優一にアドバイスを送る桂さん。そして、ついに優一がイジメっ子達を追い抜きます。

「よし!」
「やったな優一」

ハイタッチを交わすふたり。優一の目には一瞬お父さんの姿が映ります。

(一緒に)
(並んで)
(応えて)
(走って)
(少しでも一緒に)
(笑い合った思い出を残したかった)

約束どおりイジメっ子に本を返してもらいにいく優一。

しかし、イジメっ子は往生際悪く負けを認めません。そして、あろうことか池に向かって本を投げ捨ててしまいます。

これは兎の着包みのナベシマさんが何とかキャッチ。しかし、本は無事だったというのに、なぜかまだ優一が何かを探しています。

「全部で何通?」

「え?」

本に手紙が挟まっていたことに気づいた円が、声をかけます。

「探すよ」
「大事でしょ」
「お父さんからの手紙」

円と一緒に、生前お父さんがくれた手紙を探しだす優一。そして、優一が持っていたのはこども辞典。

「わからない言葉はその時すぐに調べなさい」

そう言って、優一に手渡したことを思い出す桂さん。ボロボロになるまで使い込まれた辞典を見て、自分も息子に愛されていたことに気づきます。

(もっときちんと)
(伝えられるとよかったのだけど)
(今はもう)
(祈るだけ)
(「どうか幸せに」と)

お迎えです。1巻1話の感想【ネタバレ注意】

今日買ったLaLaで新しくこの漫画の連載が始まっていました。

私は知らなかったのですが、大分昔に連載していた漫画が同じ名前で再開するようです。未練を残した霊を体に入れて、願いを叶えて成仏させるという設定が面白いですね。

4月からはドラマ化もされるみたいです。ちょうど何か新しい漫画を読みたいと思っていたので、旧作のコミックも買ってみようかなと思っています。

お迎えですみたいな漫画はハートフル漫画っていうのかな?私はそういう漫画も好きですが、あまりいい漫画を知らないんですよねえ。

1話読んだだけですが、お迎えですは感動の押し付けみたいなのも感じず、素直に感動できました。次回もどんなお話なのか今から楽しみです♪