漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

狼陛下の花嫁13巻71話のネタバレ感想

      コメント (2)

LaLa7月号の狼陛下の花嫁71話のあらすじと感想です♪
71話はおそらくコミック13巻に収録。
13巻の発売日は2015年7月ごろだと思います。

狼陛下の花嫁13巻71話のあらすじ【ネタバレ注意】

狼陛下へ挨拶をする夕鈴

「本日より」
「後宮にお部屋を賜り」
「お仕えさせて頂くことになりました」
「夕鈴にございます」

改まった様子で、陛下へ挨拶をする夕鈴でしたが・・・

「どうぞ末永く」
「か・・・」
「かわいがって」
「下さい」
「ま」
「せ」

恥ずかしそうにボソボソそう言うと、カーッと真っ赤に。

妃からそんなかわいい事を言われ、狼の顔になった陛下は、後の仕事は全て放ってこのまま夕鈴と過ごすと言い出してしまいます。そんな陛下を慌てて止めつつ、トンデモナイ挨拶をする夕鈴を叱る李順。

「だって老師が決まりだから絶対言えってーーー!!!」

挨拶まわりにいく夕鈴

老師のイタズラだったことが分かり、夕鈴は急にいなくなったり戻ってきたりして、迷惑をかけた人たちに改めて挨拶して回ることにします。

夕鈴が戻ってきたことに涙を滲ませる女官や政務官たち。急にいなくなったことにチクリと嫌味を言う柳方淵。怖い顔で迎えながらも、実は裏で夕鈴の帰還を積極的に支持してくれた柳義広。イマイチ何を考えているのか分からない氾親子。

などなど、反応はそれぞれですが、みな夕鈴が再び後宮へ戻ってきたことを喜んでくれているようです。

陛下と夕鈴は二人っきりに

そこへ陛下がやってきて、夕鈴を抱えて行きます。李順は渋い顔をしますが、もう仕事は終わらせたと有無を言わせません。

陛下と二人っきりになれて嬉しそうな夕鈴。すると突然モゾモゾし始めます。

「ええっと」
「あの」

何か言いたいことがありそうですが、なかなか言い出せない夕鈴。しかし、思い切って覚悟を決めると・・・

「私っ」
「貴方のことが」
「ずっと好きで」
「怖くても好きで」
「優しいのもぜんぶ」
「大好きで」
「今日っ」
「本当のお嫁さんになるわけですが」
「私っ」
「絶対陛下のこと」
「幸せに」

真っ赤になりながら自分の想いを一生懸命伝えようとしますが・・・

全部言い切らないうちに、陛下が夕鈴を抱き寄せキス。

「っ」
「・・・っ」
「・・・・」
「なんですぐ口塞いじゃうのーーー!!!」

告白を全部言わせてもらえず、ウルウルしながら叫ぶ夕鈴に陛下は・・・

「・・・我慢は本来そう得意じゃないんだ」
「だから」
「・・・もう逃してあげないよ」

狼陛下の花嫁13巻71話の感想【ネタバレ注意】

今回も陛下の前になると、恥ずかしそうに目をウルウルさせる夕鈴がかわいすぎ!

まだまだ本当の恋人(というか嫁)になったことに慣れてないようですね~ 老師や狼の顔になった陛下にいいようにイジられてかわいいです(笑)

それと、前回の予告通り、今回で第一部はオシマイということになるみたいです。第二部は少し間が空くのかな?と思っていましたが、来月号からまたすぐ始まるみたいで安心しました。

第二部というからには、これまでとはガラッと雰囲気が変わるんでしょうかね~ 正式に妃になった夕鈴が陛下を支えていく姿が楽しみです♪