漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

狼陛下の花嫁15巻79話のネタバレ感想

      コメント (0)

LaLa4月号の狼陛下の花嫁79話のあらすじと感想です♪
79話はおそらくコミック15巻に収録。
15巻の発売日は2016年9月ごろだと思います。

狼陛下の花嫁15巻79話のあらすじ【ネタバレ注意】

陛下と夕鈴

「もしかして夕鈴は」
「僕の浮気を疑ってあんなかわいい行動を取っていたの?」

「ちっちが・・・っ」

ニッコリと笑みを浮かべながら迫ってくる陛下。夕鈴はその静かな迫力に圧倒され、後ずさりしてしまいます。

「僕の君への想いは信じてもらえなかったってことかな?」
「・・・今までの伝え方では物足りなかった?」

顔を近づけ、ささやく陛下の言葉にボンッと頭から煙が出そうになる夕鈴。

「足りてます!!」
「ちゃんと伝わってます!!」

赤面しながら必至に弁解しようとしますが、弁解するほどに怪しくなる気がして、何も言えなくなってしまいます。真っ赤な顔で震える夕鈴をしばらくじっと見つめた後、陛下は身を離します。

「まったく」
「・・・どうしたものかな」

さきほどまでとは打って変わり、少し寂しそうにつぶやく陛下。

陛下が仕事へ行き、ひとりになった夕鈴はズドーーーンと落ち込んでしまいます。円満だった夫婦がイキナリこんなことになり、頭を抱えます。

王宮

柳方淵から使節団について報告を受ける陛下。特に目立った問題は起きていないものの、一部の役人が今回の交流に不満を持ち、炎波国の使者と口論になる場面があったようです。

これまでと態度をガラッとかえて交流を望んできた炎波国と、頭の堅い人間が揃った白陽国。多少の諍いは予想外済みだった様子の陛下。

「今回の親善が次へ繋がる一歩となれば良い」

陛下は静かな声で、自分の考えを伝えます。

(さすがは陛下)
(常に遠くを見据えておいでだ)
(しかし少々疲れていらっしゃるような・・・?)

数日後

夕鈴は、このところろ勉強会への参加で忙しかった朱音姫と久しぶりに顔を合わせます。李順に言われた通り、夕鈴は夫婦で対応しようとするものの、陛下へ二人っきりで相談がしたいという朱音姫。

(え)

「・・・では」
「あちらの池の周りでも歩きながら」

(え)

呆気に取られる夕鈴を尻目に、陛下はアッサリと朱音姫のお願いを承諾してしまいます。一緒に歩いていく陛下たちの背中を見ながら、真っ青になる夕鈴。

「もしかの国の姫君が」
「陛下に嫁いでくることとなれば」
「それは即ち『正妃』にございますよ」

蘭瑶の言葉が頭に響き、動揺してきます。

そんな夕鈴に、朱音姫のワガママを謝る炎波国の文官・飛録。夕鈴は我に返ると、妃として冷静な対応を心がけます。

しばらくして帰ってくる陛下たち。

「それでは」
「今日のところはごきげんよう」

夕鈴の方を見ながら、朱音姫が挑発的な笑みを浮かべます。

陛下と夕鈴

「た・・・」
「楽しそうでしたね」
「一体どんなお話を?」

探るように、さきほどののことを尋ねる夕鈴でしたが・・・

「やきもち?」

陛下にアッサリと見ぬかれてしまい、慌てて否定します。

「私は」
「他の男と話す君を見て」
「嫉妬の炎で身を灼かれるようだった」

自分から行っておいて、こんなことを言い出す陛下。

(ああ)
(もう)
(この男はズルイ)

夕鈴は、堪らない気持ちになってしまいます。

「へーか」
「抱きついてもいいですか?」

真っ赤な顔でボソリとつぶやく夕鈴。すると、言われた陛下の方から、ぎゅううううううううと抱きついてきます。大慌てで陛下を振りほどく夕鈴に・・・

「いやだって僕のお嫁さんがかわいすぎたから!」

子犬モードで無邪気に言い訳をする陛下。そんな陛下を見て、夕鈴は改めて浮気対策会議の弁解をしようしますが、陛下がそれを遮ります。

別に気にしていないという陛下。ただ、夕鈴でも隠し事をすることに驚いたと、どこか寂しそうな笑みを浮かべます。

トクンと胸が締め付けられそうになる夕鈴に・・・

「それよりもさ夕鈴」
「炎波の文官とは何を話していたのかな」

先ほどのことを蒸し返してくる陛下でした。

狼陛下の花嫁15巻79話の感想【ネタバレ注意】

今回も陛下にイジワルされて、真っ赤になって狼狽する夕鈴がメチャクチャかわいかったです♪ でも、これまでの無邪気に夕鈴をイジるドSな陛下とは何か違うような気が・・・

浮気対策会議の件は気にしてないということで、なんとか夫婦の危機は回避できたように見えます。でも、夕鈴が隠し事をしていたことが、どこか最後まで尾を引いていたような・・・

お嫁さんが浮気を心配するなんて可愛いもんだと思いますが、陛下は隠し事に関して何かトラウマがあるのかなあ。まあ、あの陛下には過去に何があっても不思議ではないですけど。

しかし、朱音姫たちは一体いつまでいるんでしょうね(笑)正確な日数は分からないけど、もう結構長いこといるような気も。でも、やっと今回から朱音姫が陛下にアプローチしてきた感じなので、まだまだこれからでしょうね。

朱音姫の件が早く片付いて、夕鈴がまた何の心配もせずに陛下とイチャイチャできるようになってほしいですね。その時には、陛下のラブラブ攻撃が、それまで以上にパワーアップしてるんじゃないかと期待します(笑)