漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

狼陛下の花嫁15巻80話のネタバレ感想

  コメント (0)

LaLa5月号の狼陛下の花嫁80話のあらすじと感想です♪

80話はおそらくコミック15巻に収録。15巻の発売日は2016年9月ごろだと思います。

狼陛下の花嫁15巻80話のあらすじ【ネタバレ注意】

部屋

「僕は思うよ」
「君はもう少し自分の可愛さを自覚した方がいいって」

いつもの調子でグイグイ夕鈴へ迫ってくる陛下。

「陛下もどうか理解してください」
「そんなことを言うのは陛下くらいなものだということを!」

夕鈴は真っ赤になりながら、自分を抱き寄せようとする陛下に必死に抵抗しますが・・・

「・・・なんてことを言うんだ」
「我が妃はこの世で一番可愛い」

この一言に、ドキューンと撃沈。あまりの恥ずかしさにプルプルと震えが止まりません。

結局、浮気対策会議の件は許してもらえたようですが、夕鈴が他の男性と話をしていたことに陛下はヤキモチを焼いているようです。

訓練場

それからしばらくしたある日、なぜか朱音姫の希望で、みんなで白陽国の兵士達の訓練を見学することに。訓練には朱音姫の護衛の夏豪も参加しています。

夏豪の素晴らしい動きに感心を示す陛下と、楽しそうに訓練について語る朱音姫。

(いいわよ)
(夏豪)
(そうやってうまく私に話題を提供なさい!!)

陛下に寄り添う一方、夕鈴へは挑発的な視線を送ります。どうやら自分の得意な分野で、陛下と共通の話題を持つ作戦のようです。

(やってやろうじゃない)
(じわじわおびきよせて)
(至近距離まで来たら)
(逃げ場を封じて)
(オトす!!)

建物の裏

訓練を見学している最中、家来が朱音姫に何かを耳打ちしてきます。陛下にことわって退席すると、慌てて建物の裏へ向かう朱音姫。

「私を呼んだのはお前?」
「姐さまから内密の・・・火急の報せだなんてどういうこと!?」
「まさか姉様に何かっ」

ザッ

駆けつけてきた朱音姫に、黒い頭巾をかぶった男がイキナリ斬りつけてきます。朱音姫は何とかかわすものの、男はトドメを刺そうとさらに詰め寄ってきます。

「オマエ何者」
「ダレノ手ノ」

その男の前に、いつか夕鈴が救った密偵の男の子が立ちはだかります。ジャマが入ってしまい、男は舌打ちしながら、そそくさとその場を立ち去っていきます。

「朱音姫こちらにいらっしゃいますか?」

イキナリ退席していった朱音姫を心配し、夕鈴がちょうどそこへやって来ます。

「近ヅクナ」

密偵の男の子は、夕鈴が先ほどの黒頭巾の男とグルかと警戒し、敵意むき出しに。

久しぶりに再会した男の子の様子に驚く夕鈴。しかし、その後ろでケガを負っている朱音姫を見て、状況を察します。

「大丈夫だから」
「絶対に弱ってる子イジメたりしないから!!」
「おいで!」

夕鈴の真剣な眼差しを見て、男の子は自分が夕鈴に助けられた時のことを思い出します。

今回の事件にさすがにショックを受けたのか、部屋で臥せっている朱音姫。そこへ、朱音姫を元気づけようと夕鈴がごはんを持ってやってきますが・・・

「はあ?」
「なんで妃がそんなもの持ってくるのよ」

もう素を隠そうともせず、イラつく朱音姫。

「ゴハン」
「オイシイ」
「食べテ」

「そう!」
「ごはんおいしい!」
「食べて元気にならないと!」

密偵の男の子が夕鈴を援護。それに乗っかって、夕鈴もズイズイと朱音姫へ迫っていきます。

「なんなのよアンタ達」
「仲良く哀れんでるんじゃないわよ!!」

狼陛下の花嫁15巻80話の感想【ネタバレ注意】

今回は、陛下と夕鈴のバカップルぶりは冒頭のちょっとだけでした。残念(笑)

で、ついに使節団の方に動きがありましたね~ 朱音姫がイキナリ襲われちゃいました。その時、朱音姫はなぜかお姉さんのことを心配してたので、お姉さんが今回の使節団派遣と何か関係があるのかもしれませんね。

イマイチそれが陛下を落とすことと繋がりませんが、今お姉さんが危険な状況にあって、狼陛下を味方につけたいとかいうことなんでしょうか。よく分かりませんが、まずは朱音姫には早く元気を取り戻してほしいですね。

まあ、夕鈴が来たから多分大丈夫でしょう。ウザがられているのにも構わず、あの密偵のかわいい男の子と一緒にグイグイ迫っていく夕鈴がちょっと面白かったです(笑)

一応、今はライバルっぽい関係ですが、朱音姫が夕鈴に心を開いてくれるといいなあと思います♪