漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

狼陛下の花嫁15巻83話のネタバレ感想

      コメント (3)

LaLa8月号の狼陛下の花嫁83話のあらすじと感想です♪

82話はおそらくコミック15巻に収録。15巻の発売日は2016年9月ごろだと思います。

狼陛下の花嫁15巻83話のあらすじ【ネタバレ注意】

陛下と夕鈴

使節団が炎波国に帰り、夕鈴たちにようやく普段の日常が戻ってきます。

「今考えればやはり君はどうにも客人のために心を砕きすぎだったように思う」
「その視線の全てを私に注いでほしいと思うのは我儘だろうか・・・?」

陛下が狼モードのキリッとした表情で迫ってきます。

「陛下・・・」

カーっと赤面しながら、たじろぐ夕鈴。

「そんなにお近くに来ていただかずとも陛下を見つめておりますから」
「もっと普通の体制で会話をしませんか・・・!?」

話をしているだけなのに、陛下が至近距離まで接近して、寄りかかってきています。

「我が妃はいつもつれない」

そう言って、溜息をつく陛下。

「・・・たまにね」
「君が足りなくて寂しくなっちゃうんだよ」

急に子犬モードになり、本当に寂びしそうにつぶやきます。夕鈴は突然の不意打ちに、ドキューーーンと胸を射抜かれます。

「わかりましたしばらくは全力で陛下をかいまいたおしますから・・・!」

ワタワタしながら、そう言う夕鈴の言葉を聞いて、陛下の表情がとても嬉しそうな笑顔に変わります。

そして、そのまま寄りかかってくる陛下。

「って ちがうへーか!!」
「押し倒せとは言ってなーい!!」

翌日

この日は、蘭瑶のお妃講座の日。夕鈴は、改めて今後も妃の心得を伝授してもらうようお願いします。

「さしあたって」
「陛下のご寵愛の程はその後いかがですか?」

いつも陛下にふり回されっぱなしの夕鈴は、イキナリ核心を突かれてドキッとします。

妃としての知識や振る舞いだけでなく、後宮では王の寵愛を掴み続けることも大切だという蘭瑶。

「油断なく怠慢なく」

そう言って、この日は男女の駆け引き講座を始めます。自分の最も苦手な分野の話を聞かされ、講義を終えた夕鈴はプスプスと頭から湯気がでてきそうになってしまいます。

後宮の他の女性たちの振る舞いを思い浮かべる夕鈴。

(彼女たちは)
(・・・視線ひとつで気を引いて)
(心を惑わせて)
(時には手に入らない存在かのようにふるまって)
(思いがけない時に懐にもぐりこむ)

と、そこであることに気づきます。それはまるで陛下そのものみたいに思えてきます。

「・・・陛下がもしも女性だったら」
「そりゃあもうとんでもない厄介な美女になってると思うんですよ」

陛下の隣でポーっとしながら、溜息をつく夕鈴。夕鈴は、陛下が後宮で生き残る才能に溢れていることを力説しますが・・・

「・・・僕がもし女だったとしても」
「きっと僕は夕鈴が好きだよ」

サラリとそんなことを言う陛下に、赤面硬直してしまいます。

これが男女の駆け引きなのかと思い、自分も何かうまいこと言おうとしますが・・・

「わっ」
「私も」
「私がもし男だったとしたら柳方淵みたいになってると思います!」

出てきた言葉がコレ。

「うん」
「なんか嬉しくない例えで来るね」

陛下の反応を見て、自分にはやはり駆け引きの才能がないことを実感します。

「夕鈴が夕鈴らしければ」
「きっといつでも僕は心を奪われるから」
「ぜんぶ君の好きにしていいよ?」

またもサラリとこんなことを言ってくる陛下に、赤面しワナワナしてくる夕鈴。

「~~~こんなあふれる才能に勝てるかーーーー!!」
「たちうちできるかー!!」
「かけひきなんてでーきーるーかーーー!!」

恋の駆け引きで、陛下に勝ち目などないことを悟ります。

翌朝

翌朝、仕事に出かける陛下を夕鈴が見送ります。

恋の駆け引きをしたくても、いつも自分の方がふり回されるばかりで、もうどうしていいか分からない夕鈴は・・・

「・・・今日も」
「貴方が好き」
「です」
「よ」

陛下の耳元で、思い切ってありったけの想いを伝えます。

すると、みるみるうちに陛下が赤面。珍しいことに、陛下がカアアアアっと本気でテレています。

「いや」
「今のは」
「反則・・・」
「じゃないの?」

狼陛下の花嫁15巻83話の感想【ネタバレ注意】

朱音姫編が終わって、今回は特にストーリーに新しい展開はありませんでした。でも、こういう普段の日常こそ、狼陛下の花嫁と一番面白いところですよね~ 今回も読んでてこっちまで恥ずかしくなってきたり、微笑ましかったり、応援したくなったり、そんな場面がいっぱいでした♪

いつも狼モードと子犬モードを駆使する陛下に翻弄されっぱなしの夕鈴ですけど、この日は蘭瑶から男女の駆け引きを伝授されたみたいです。でも、結局はうまくやれませんでした。

まあ、駆け引きもいいですけど、やっぱりそれは夕鈴らしくないですね。というか、夕鈴には無理でしょう(笑)結局、何も駆け引きなんかせずに、一生懸命気持ちを伝えるだけの方がうまくいったという(笑)

陛下に全く余裕がなくなって、本気でテレる姿っていうのはレアですね。夕鈴に、がんばったって言ってあげたい!

まあ、陛下が言うように夕鈴は夕鈴らしくそのままの方が上手く行くと思います。でも、今回のように駆け引きしようとして、上手く行かずに爆発してしまう姿もいいですし、陛下に翻弄されまくって赤面硬直してしまうのもかわいいですし、これからも駆け引きにチャレンジしてほしいような気もします(笑)

これから、二人がどんな関係の夫婦になっていくのか、とてもウキウキします♪