漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

オオカミ少女と黒王子13巻46話のネタバレ感想

  コメント (0)

別冊マーガレット2015年5月号のオオカミ少女と黒王子は第46話です♪
第46話はおそらくコミック13巻に収録。
13巻の発売日は2015年8月25日です。

オオカミ少女と黒王子2015年5月号13巻46話のあらすじ【ネタバレ注意】

さんちゃん達が会話で盛り上がるなか、ひとり憂鬱そうな表情のエリカ。
恭也を廊下のスミに呼び出すと、父と母が恭也を家へ誘っていることを伝えます。
「えっ・・・」
と、固まる恭也でしたが・・・
なが~い沈黙の後、行くことを告げます。
前に、エリカのお父さんと約束したことを守りたいようです。

ピンポーン
日曜日、エリカの家を訪ねる恭也。
白王子モードで、挨拶や会話も卒なくこなし、和気あいあいとした雰囲気に。
しかし、エリカが恭也の部屋はいつも綺麗だという話をすると・・・
ピクッ
「・・・エリカはよく遊びに行ってるのかい?」
「ひとり暮らしの男の子のへ部屋に・・・?」
お父さんの表情が変わります。
エリカとは健全な付き合いをしてると誤魔化しますが、父からのプレッシャーに恭也は負けそうに。

棚にたくさん並んでいるDVDを見て、映画の話に話題を逸らす恭也。
みんなで父が大好きな極道モノのDVDを見ることになります。
エリカは血が苦手な様子で、血が吹き出るシーンのたびに・・・
ギャッと恭也に寄り添います。
昔はエリカは自分に抱きついていたことを思い出し、寂びしくなる父。

映画が終わり、お母さんとエリカは夕食の準備に。
父と二人っきりになり、重い雰囲気に恭也が潰されそうになっていると・・・
「エリカのことどうして気に入ってくれたの?」
言葉にはできないと答える恭也。
「けど」
「・・・オレには」
「エリカが必要なんです」
「そう・・・」
シンミリした表情で席を立ち、酒を買いに出かける父。

夕食が出来、恭也も一緒に食卓に。
早くも恭也とエリカが結婚した時のことを想像し、はしゃぎまくる母でしたが・・・
ダン
「うるさい!」
「ごはんはもっと静かに食べなさい」
不機嫌になる父。
どうやら、お酒も相当回っているようで、グチグチと恭也の文句を言い始めます。
「それに私のほうがもっとエリカを必要としてる」
「世界でたったひとりの娘なんだ」

父を落ち着かせようとお茶をつぐ恭也。
しかし、父がその手を振り払うと・・・
バシャ
鍋が溢れて恭也にかかってしまいます。
火傷を心配する母とエリカ。
エリカは父をキッと睨みつけると・・・
「パパのバカッ」
「連れてこなきゃよかった!!」
恭也は着替えを借り、この日はこれで帰ることに。
エリカは外に恭也を送りに出ます。

父は一気に酔いも覚めたようで、冷静さを取り戻します。
大変なことをしたと気付き、謝ろうと外に出ると・・・
「ホント パパ 最低 大キライ」
エリカの言葉が聞こえ大ダメージを食らってしまいます。
さらに父の文句を言いまくるエリカの鼻を、恭也はふぎゅっと握ると・・・
自分は何とも思ってないから、父を許してあげるようエリカを説得。
娘の男の存在を見せつけられて爆発してしまうのもしょうがないと言う恭也。
「それほどお前が可愛くて仕方ねぇんだよ」
一応なんとか納得した様子のエリカ。
そのエリカの頭をそっと抱き寄せると・・・
「・・・まぁ」
「やらないって言われても」
「そこはしっかり奪ってやるから安心しろ」
エリカの目は♡に。

そこへ父が現れ、慌てまくる恭也でしたが・・・
「佐田くんすまなかった」
深々と頭を下げる父。
そして、また家へ来てくれるようお願いします。
もちろん快く了承し、帰っていく恭也。
父はエリカと二人っきりになると・・・
「佐田くんいい彼氏だね」
「大切にしてもらいなさい」

オオカミ少女と黒王子2015年5月号13巻46話のあらすじ【ネタバレ注意】

最後にちょっと恭也の黒王子モードが出て、お父さんにバレたかとヒヤッとしました(笑)
聞こえてなかった(?)のかどうかよく分かりませんが、お父さんの方から仲直りしてくれてよかったですね♪
まあ、自分の居ないところで自分を擁護してくれるのをたまたま耳にしたり、人づてに聞いたりすると、その人のことを信用しちゃいますよね~

でも、最近は恭也の白王子モードと黒王子モードの境界も大分あやふやになってきたような気がしますね。
今日も意識して好青年を演じていた部分もあるでしょうが、わりと素だったような?
まあ、少し物足りない気もしますが(笑)
恭也が少しずつ変わっていく様を見えるのが、とても面白いです♪