漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

オオカミ少女と黒王子16巻57話のネタバレ感想

  コメント (2)

別冊マーガレット2016年4月号のオオカミ少女と黒王子57話のあらすじと感想です♪

57話はおそらくコミック16巻に収録。16巻の発売日は2016年5月25日です。

オオカミ少女と黒王子16巻57話のあらすじ【ネタバレ注意】

夏休み

学校以外はずっとおばさんの工房で修行し、GWも実家に帰れなかったエリカ。夏休みになり、4ヶ月ぶりに恭也が会いに来てくれることになります。

(やっと会える)
(会える)
(会えるんだ)
(恭也くんに会えるよーっっ)

京都駅でドキドキしながら、恭也を出迎えるエリカでしたが・・・

「あ・・・あ・・・あぅ・・・うぅ」

イザ顔をあわせると、久しぶりすぎて上手く話すことができません。

しかし、すぐに元の調子を取り戻すとベタベタしはじめ、恭也にウザがられます。

(あぁこれこれこの感じ)
(やっぱりあたしたちなにも変わってないや)

観光

エリカの案内で、ふたりは京都をいろいろ観光してまわります。

「いつもね」
「こっちで素敵な場所見た時とか美味しいもの食べたときとか」
「恭也くんに見せたいなー食べてもらいたいなーって思うんだよね」
「離れてても忘れるどころか余計恭也くんのこと考えちゃうよ」
「遠恋ってそんなもんなのかなぁ」

願いが叶ってとても幸せそうなエリカ。しかし、恭也は・・・

「オレはおまえのことなんか考えたくないね」

と、つれないない態度。そんな恭也をエリカは、上目遣いでジッと見つめます。

「・・・・・・」
「会いたくなるから」
「とか?」

エリカの言葉に、一瞬顔色を変える恭也。

「調子に乗んな」

ビシッとエリカにデコピンを食らわせます。

エリカの部屋

恭也が京都にいる間、自分の部屋に泊まってもらうことに。恭也が自分で部屋にいるだけで、エリカは嬉しすぎてニコニコしてきます。

そんなエリカをジッと見つめている恭也でしたが・・・

「え・・・」
「なに?」

突然、エリカの頭をナデナデ。

「なにってべつに」
「触りたかったから」

恭也の言葉にトキメき、ギュッと抱きつくエリカ。自分で決めた道とはいえ、やはりひとりは寂しく、この日は恭也に会えてとても幸せです。

しばらくしてお風呂にも入り、一緒に寝ることに。しかし、今日はじーっと天上を見上げながら何かを考えています。

「やっぱ盆に一回帰って来いおまえ」

突然そんなことを言われて慌てるエリカ。しかし、工房での修行もあり、帰れるかどうかは分かりません。

「絶対だ」
「いいな」
「てめぇだけがガマンしてると思ってんじゃねぇ」
「バカ」

また恭也にギュッと抱きつくエリカ。

「うん・・・」
「ぜっっったい帰る~~~~~!」

あっという間に3日が過ぎ、恭也が帰る日に。駅まで見送りに来たエリカは、名残惜しくてたまりません。

「じゃ盆にな」

時間になり、電車に入っていく恭也でしたが、はたと足を止めます。

「・・・・・・」
「エリカ」
「卒業したら一緒に住むか」

(え)
(え)
(ええええええ!!?)

オオカミ少女と黒王子16巻57話の感想【ネタバレ注意】

このまえ卒業したと思ったら、あっという間に夏休みになってました。エリカは専門学校なので、多分2年で卒業だと思います。学生編はトントン拍子で進みそうかな~

でも、おまけ程度に数話で終わりという感じでもなかったので、ちょっと安心しました♪

久しぶりに恭也に会えてエリカはメチャクチャ幸せそうでした。やっぱり遠恋で久しぶりに会えると、ただ話をしたり一緒にいたりといった、あたり前のことの幸せを実感できるのかなあと思います。

まあ、現実はそんなやさしいものではないと思いますが、このふたりは大丈夫そうです。

次回はたぶんお盆で実家に帰るのかな。さんちゃん達もどうしてるのか気になります。

久しぶりに実家に帰って、高校時代を思い出しながら、ゆっくり楽しんで欲しいなあと思います♪