漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

俺物語10巻33話のネタバレ感想

  コメント (0)

別冊マーガレット2015年7月号の俺物語33話のあらすじ&感想です♪
33話はおそらくコミック10巻に収録。
10巻の発売日は2015年10月頃だと思います。

俺物語10巻33話のあらすじ【ネタバレ注意】

人助け

砂川と一緒に帰っていると、いつものように自然と人助けをしてしまう猛男。電車で席を譲ったりといったチョットしたことから、バスに乗り遅れた人に気づいてドアが閉まるのを止めたりと人間離れしたことまで。

しかし、いつもは人助けしたつもりが逆に怖がられたりしますが、最近は誤解されることもなく感謝される猛男。体のでかい自分が相手を驚かせないように、自分がしようとしていることを声を出して伝えたり、猛男なりに工夫しているようです。

「いつまでもおまえに甘えてばっかりいられねえからな」

そう言って猛男はホルホルしますが、砂川はどこか寂しそうな表情を見せます。

スマホデビュー

大和と携帯ショップへ行く猛男。スマホに機種変更します。猛男は自分がスマホを使えるか不安ですが、砂川は大分前からスマホなので困ったら訊くことに。

「砂川くん日焼けした?」

この前から気になっていたことを訊く大和。猛男は一之瀬さんが大和を好きだと知って海で色々考えていた自分に、砂川がずっと付き合ってくれたことを説明します。

「あいつは言わなくてもわかってくれっから」
「甘えてばかりなんだオレは」
「オレはこれからニブイことに甘えないねえで」
「言えねえ気持ちにも気づいてやれるようになりてえ」

スマホにアプリを入れたりコードを入れたりする猛男。訳が分からず砂川に頼ろうとしますが、思い直しなんとか自力で設定します。

猛男は入れたばかりのLINEで、砂川の誕生日プレゼントについて大和と相談。しかし、結局思いつかず、何がいいかさり気なく砂川に聞いてみることにします。

猛男が砂川の部屋へ行き腰を下ろすと、猛男がLINEを始めたことに気づいた友達からどんどんメッセージが入ってきます。

「あれ?」
「おまえスマホ・・・」

猛男の携帯がスマホになっていることに気づく砂川。

「すなに頼らねえで色んな見せ調べたりできるからな」
「これがあれば」

猛男が友達に返信しながら答えると、砂川の顔色がみるみる真っ青になっていきます。

真希

結局、その日は聞き出せず、翌日さっさと帰って大和と相談する猛男。一方、砂川がひとりで帰っていると、猛男の母と出会います。

猛男のお母さんは買い物にいくところですが、真希が砂川にひっついて離れません。砂川はお母さんが買い物をしている間、公園で真希を見ていてあげることに。

まだ7ヶ月だというのに、真希はもう歩き出しそうな様子。さらに転んでも兄ゆずりの強さで泣きもせずムクッと起き上がります。

そんな真希をなぜか寂しそうに見つめる砂川。ちょうどそこへ猛男が通りかかり二人に気づきます。

「君のお兄ちゃんは」
「優しいんだけど器用じゃないから」
「真心が人にうまく伝わらなかったりすることも多かったけど」
「お兄ちゃん変わってきたかもね・・・」
「もうオレのフォローはいらないかな・・・」
「そう思うといいことなのに」
「・・・意外に・・・寂しいね」

寂しそうな表情で、真希へ語りかける砂川。

「聞こえたぞ!」

それを聞いた猛男が砂川の前に立ちはだかります。砂川は真っ青になり、次に真っ赤になるとその場から逃げ出そうとしますが・・・

がしっ

猛男から肩を掴まれてしまいます。猛男はちょうど戻ってきた母に真希を返すと、無理やり砂川をどこかへ連れて行きます。

温泉

猛男たちが向かった先はなぜか温泉。風呂に浸かりサウナに腰を落ち着けると・・・

「なんでオレに言わねぇで真希に言うんだ」
「オレに言やあいいじゃねえか」
「寂しいってよ」

猛男にそう迫られ、砂川は真っ赤になってしまいます。

「言ったっけ」
「そんなこと」

意外と往生際わるく誤魔化そうとする砂川。そんな砂川に猛男はこれまで甘えてばかりだったので、成長する努力をしようと思っていることを伝えます。

「だから すな」
「オレと一生友達でいてくれ」

猛男から真っ直ぐにそう言われ、

「・・・ああ」
「はいはい」

砂川は照れくさそうに答えます。

帰り道。ここは猛男のおごりのはずでしたが、猛男の財布の中には小銭しか入っておらず、結局砂川が建て替えることに。猛男は、やはりまだまだ自分には砂川が必要だと実感します。

「まあ」
「雑なのがおまえの長所だから」

そう言う砂川に・・・

(そうか)
(変なムリすんのやめとくか)

俺物語10巻33話の感想【ネタバレ注意】

今回は砂川くんの意外な一面が見れてすごくよかったです。

これまでの砂川くん全く欠点がないような感じがしてましたが、実は寂しがり屋なんですね(笑)寂しがり屋というか、正確には猛男がいないとダメな感じかなあ。

猛男が成長して自分の元から巣立っていくのが寂しくて仕方ないようです。まるで子離れできてない親みたい(笑)

往生際もかなり悪いみたいで、猛男に近距離からハッキリ聞かれていたにも関わらず、なんとか誤魔化そうとする姿が面白かったです。

それと猛男の言動に真っ青になったり赤面したりと、いつもは見せない表情もかわいい!

結局、猛男はまだまだ砂川に頼るつもりになったみたいですし、砂川くん寂しい思いをせずにすみそうでよかったですね♪