漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

俺物語2巻6話のネタバレ感想

  コメント (0)

俺物語2巻6話のあらすじと感想です。
以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

俺物語2巻6話のあらすじ【ネタバレ注意】

6月15日
砂川がマンションのドアを出ると猛男が立っています。
病院へ向かう砂川へ、猛男が無言でこぶしを差し出しグータッチ。

大和と待ち合わせ、メモを見ながら計画した場所へと向かう猛男たち。
まずはボーリングを楽しみ、次はおしゃれなカフェへ。
「お誕生日おめでとうございまーす」
席につくとサプライズでバースデーケーキが。
火を消す前に願いごとをするよう言われ・・・
「たけおくんと来年の誕生日もその次もその次も一緒にいられますよーに!!」
大声を出し、他のお客さんにクスクス笑われてしまいます。

カフェを出て、手をつないで散歩。
砂川が店の人に誕生日だと伝えろと言ってくれたことを話すと、大和は砂川に超感謝。
「親友っていいねえ」
「砂川くんは今日は何してるの?」
何気なく言った大和の一言で、猛男は無言に。
「すなは・・・すなは・・・」
今日のプランのメモとチケットを大和へ手渡す猛男。
今日は砂川のお父さんの手術があることを説明し、
「すなには来るなと言われたが」
「オレはやっぱりあいつのところへ行きたい」
(すな)
(すまん)

大和に早く行くよう言われ、猛男は病院へ走り出します。
手術室の前には砂川ひとり。
砂川はあきれたような目で猛男を見ると・・・
「・・・まあ」
「おまえは来ちゃうような気は」
「してたよね」

ポツリポツリと父のことを話しだす砂川。
父は生まれつき心臓が悪く、姉や自分が生まれた時元気だと分かると、泣いて喜んだそうです。
手術はこれで2回目。
父が倒れた日、本屋へ寄ったりCDを見たりしていた砂川。
帰ると父が倒れていて、いつから倒れていたのか分かりません。
「もっと早く帰っていれば・・・」
「出かけていなければ・・・」
「・・・オレのせいだ・・・」
自分を責める砂川に猛男は、
「そう思ってるのはおまえだけだ」
と、即答。
「・・・オレだけか」
「・・・うん」

手術が終わり説明を始める医者。
「自身の弁を・・・弁形成術で・・・凝固剤を・・・不整脈が・・・」
延々と訳のわからない説明を続ける医者。
「結果は!?」
「成功か!?」
「成功なんだろ!」
猛男がものすごい力で医者の肩を揺らすと・・・
「せ」「成」「功」「で」「す」
猛男の迫力に砂川は笑い出してしまいます。

そこへ旅行から帰ってきた母と姉が駆けつけ、後は任せて帰ることに。
「大和」
なんと待ち合い室に大和の姿が。
手術が成功をしたことを伝えると、喜んでくれます。
メモの通りに進んだものの、気になり来てしまったという大和。
何度も書きなおした跡のあるメモを見て、猛男が一生懸命考えてくれたことを感じます。
「すごいうれしくて・・・」
「・・・ありがとう・・・」
「今日はうちの最高の誕生日だったよ」
愛おしそうにハンカチを手渡す猛男。

「いいね」
思わずこぼれた砂川の言葉にばっと反応し、ふたりが振り返ります。
「おまえ彼女がほしいのか砂川!」
「砂川くんはたけおくんみたいな女の子がいいんだと思うよ」
「きっとむこうも好きになる!!」
「Wデートとかできるね!」

「頼むからもうやめてくれ・・・」
勝手に盛り上がるふたりに、頭をかかえる砂川。

俺物語2巻6話の感想【ネタバレ注意】

砂川くんのお父さん手術成功してよかった~(;_;)
しかし、やっぱり猛男は駆けつけちゃいましたね。
いくら砂川がそう願ったとしても、自分だけが楽しんでいられる猛男じゃないでしょ~
大和じゃないですが、やっぱり親友っていいですね。

あと、砂川くんの猛男と大和を見て出た「いいね」という言葉、きっと心からそう思ったんだと思います。
砂川くんにもこれから彼女が出来るフラグかもしれないですね~
しかし大和、猛男みたいな女ってどんな女なんだ(笑)