漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

終わりのセラフ9巻33話のネタバレ感想

  コメント (2)

ジャンプSQ2015年6月号終わりのセラフは第33話です♪
第33話はおそらくコミック9巻に収録。
9巻の発売日は2015年8月ごろだと思います。

終わりのセラフ9巻33話のあらすじ【ネタバレ注意】

優一郎を先頭に、君月、三葉が次々と襲いかかりますが、あっさり攻撃を受け止めてしまうクローリー。
「開け!!!」
「阿修羅観音」
阿修羅丸の特殊能力で無数の刃をクローリーへ飛ばす優一郎。
これはクローリーを捉えるかに思いましたが・・・
クローリーの部下の貴族2人に防がれてしまいます。

撤退の命令を守らず救助に来た優一郎たちを怒鳴りつけるグレン。
約束の5分が経ちシノアも撤退を命じます。
「・・・お・・・おい」
「冗談だろシノア」
「グレンが捕まったんだぞ?」
「俺ら家族じゃなかったのかよ!!?」

「おい五士!!」
「助けに来てんだろ!!」
「どこだ!!」
グレンの怒鳴り声と共に、窓を突き破り乱入してくるグレンのチーム。
美十はなんとしてもグレンを助け出そうとしますが・・・
五士達にも自分は見捨てて、仲間を逃がすために力を使うよう命じるグレン。
ズ・・・
ドン
迷ったすえに五士は、幻術で吸血鬼と仲間を引き離し、全員撤退させます。

仲間に引っ張られて走る優一郎。
その手を振り払い、本当にグレンを見捨てるつもりなのかと訴えます。
どうしてもグレンを置いてはいけない優一郎。
しかし、グレンとの付き合いの長い深夜たちはもっとツラそうです。
その深夜たちが任務のため、生きて帰るよう説得しますが・・・
「こんな何もない世界であっさり家族を捨てたら」
「これからは俺達一体」
「何に執着して生きりゃいいんだ」
「グレンは俺達の家族なんだぞ!!!」
優一郎は涙ながらに叫びます。

4年前
毎日、家族が吸血鬼に殺される夢を見て寝付けない優一郎。
優一郎の部屋へ来たグレンは、ベッドの側で優一郎が寝るまで居てやると約束。
優一郎はグレンになぜ自分を助けたのか訊ねます。
生まれた時から家族がなく、やっと出来た家族も吸血鬼に殺され、もう生きる意味が分からない優一郎。
「苦しい」
「辛いよ」
「グレン」
そう言って泣き出す優一郎に、グレンは自分も同じであることを告げます。
大切な人を救えず、それでも無様に生きているというグレン。
それでも生きていれば、誰かに必要とされる時がくるかもしれない。
辛いなら、今は復讐で頭をいっぱいにしても、とにかく生きるよう伝えます。
「そしたらきっと・・・」
「いつか・・・」
「おまえを必要としてくれる奴が現れる」

その時のことを思い出した優一郎。
ゴシゴシと涙を吹くと・・・
「ごめん」
「みんな」
「やっぱ俺にはチームプレイは無理だった」
そう言って笑うと、鬼呪促進剤を2錠同時に飲んでしまいます。
これで合計3錠。
シノアは真っ青になりながら、早く吐き出すよう迫りますが・・・
家族を見捨てるぐらいなら死んだ方がマシだと拒否。
ドクン
ゴプッ
「があっ!!!」
「うあああああ!!!」
口から血を吐き、優一郎の顔がみるみる黒く染まっていきます。

終わりのセラフ9巻33話の感想【ネタバレ注意】

グレンの救出作戦は失敗してしまいましたね・・・
そして、諦めきれない優一郎は薬を合計3錠飲んでしまいました。
たしか2錠で体はボロボロ、3錠飲んでしまうとほぼ死に至るという感じだったと思います。

その代わり鬼との融合の度合いが高まり、一時的にかなりの力を得ることができますが、優一郎の場合、鬼との融合というよりも優一郎の中の人間ではない部分が目を覚ますんじゃないかと心配ですね。
新宿での戦いでは、それが暴走しシノアを殺そうとしてしまいましたが、今度は大丈夫なんででしょうか。
まあ、その力でもなければグレンは救えないかもしれませんが。

それと「終わりのセラフ」という計画がどういうものか途切れ途切れにしか分かりませんでしたが、そろそろその全容も明らかになるかもしれませんね。