漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

終わりのセラフ10巻38話のネタバレ感想

  コメント (18)

ジャンプSQ2015年11月号終わりのセラフ38話のあらすじと感想です♪
38話はおそらくコミック10巻に収録。
10巻の発売日は2015年12月4日です。

終わりのセラフ10巻38話のあらすじ【ネタバレ注意】

名古屋空港

ハアハア

息を切らせてなんとか名古屋空港へ辿り着いたシノアに与一たちが駆け寄ります。さらに、シノア隊とは別にシノアへ駆け寄る女性の姿が。鳴海真琴隊の利香。

「ちょっとアンタ!!」
「何生き残ってんのよ!!!」

シノアがミカを守ったせいで仲間の弥生と鍵山が死んでしまい、怒りと悲しみが抑えられない利香。

「ごめんなさい」

利香の気持ちが痛いほど分かるシノアはただ謝ることしかできません。ひたすら殴られ続け、利香の悲しみを受け止めるシノア。

「あっさり・・・謝るくらいなら・・・」
「私の仲間を・・・」
「返してよ・・・!!」

利香が涙ながらに訴えます。

任務の目的

どうにか利香を落ち着かせる鳴海真琴隊長。そして、現状の把握に努めます。

命令に従い、仲間や指揮官すら失いながら、振り返らずひたすら名古屋空港へ向かってきた鳴海たち。しかし、空港へ着いてみれば罠が張ってあるわけでもなく、援軍が来ているわけでもなく、吸血鬼がここへ辿りつくのも間近。

「これは全滅前提の囮作戦か!!」

みなの怒りが今度は上官である柊深夜へ向かいます。今回の作戦について説明する深夜。これが兄である柊暮人が立てた計画。ここに逃走用のヘリが用意してあり、それを吸血鬼に追わせて新宿へ誘導するはずでしたが・・・そのヘリすら見当たりません。

上から命令するばかりで、仲間を平然と見捨てる柊家への怒りが爆発する隊員たち。

「月鬼ノ組は一瀬グレンに従う」
「ですが・・・」
「少なくともおまえのためには死ねないぞ」
「柊深夜」

真琴にそう詰め寄られるものの、自分も一体どうなっているのか分からない深夜。グレンが自分に何を託したのか考えます。しかし、考えている間にもさらに詰め寄ってくる真琴に・・・

「うるっさいなぁ君は!!」
「じゃあもう任務は放棄しよう!!!」
「体勢を立て直し仲間を・・・」
「一瀬グレンの救出計画を始めるぞ!!」

上層部からのこの場への待機命令を無視することを宣言。

名古屋市役所

吸血鬼に捕らえられ絶望的な状況のグレン。しかし・・・

「あきらめてんじゃぇ!!」
「おまえが俺に無理矢理生きろって言ったんだろうが!!」
「ならガキな俺にちゃんと見本を見せろよっ!!」

今にもそう叫びながら詰め寄ってきそうな優一郎の姿が思い浮かびます。

吸血鬼になぶられているグレンの様子を見つめるクローリー。するとそこへフェリドがやってきます。面白いことが色々起こるの今回の事件はどうせフェリドの企みだったのだろうと見当をつけいた様子のクローリー。

「でも気になるのは・・・」
「君が僕の居場所も人間に売ったことだ」

笑みを浮かべながらも、冷たい表情でフェリドを見つめます。

「でも楽しかったんだろう?」

軽い調子で答えるフェリド。そして、事件の真相を説明。自分も関わっていたものの、本当の黒幕にいるというフェリドが見つめる先は・・・なんとグレン。死んだ恋人の怨霊に憑かれ、グレンは今にも鬼になる直前だと愉快そうに笑います。

その時、グレンの体から真昼の姿が浮かび上がり、自分をなぶっていた吸血鬼のクビを跳ね飛ばします。そのままクルルへ歩み寄り、クビへ刀を突きつけるグレン。

「・・・名古屋空港で」
「終わりのセラフの人体実験をする」
「手伝え吸血鬼」

「・・・なるほど」
「おまえ柊真昼からの使者か?」

終わりのセラフ10巻38話の感想【ネタバレ注意】

前回も急展開って感じだったのですが、今回も驚きでした!

前回はシノア以外は全滅か!?という感じの終わり方だったので、とりあえず与一や鳴海隊、グレンのチームなども生き残っていてよかったです。

それと衝撃的だったのが後半部分ですね~ グレンが真昼に憑かれて鬼に成りかかっていたとは。グレンは仲間をメチャクチャ大事にするのに優ちゃんを利用しようするし、なんとなく違和感があったのですが、真昼の人格と自分の人格がせめぎあっていたのかな。

さらに真昼とクルルが手を組んでいた?名古屋空港へ集合させたのは、月鬼ノ組の隊員たちをまるごと人体実験に使うつもりなのかな!?

ちょっとずつ全貌が見えてきたような気がします。次回もどうなるのかハラハラしそうです♪