漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

終わりのセラフ11巻39話のネタバレ感想

  コメント (30)

ジャンプSQ2015年12月号終わりのセラフ39話のあらすじと感想です♪
39話はおそらくコミック11巻に収録。
11巻の発売日は2016年4月ごろだと思います。

終わりのセラフ11巻39話のあらすじ【ネタバレ注意】

車中

車で名古屋空港に向かう優一郎とミカ。途中ミカがやっぱり空港へ向かうのは反対だと言い出しますが、優一郎はいつもの軽い調子で適当にミカをなだめます。

さらに、シノア達だけでなくグレンの救出までお願いする優一郎。ミカはあまり気が乗らないものの、グレンがまだ生きているなら、どうにかできそうなことを伝えます。

「僕を飼ってた吸血鬼の女王に頼む」

ミカはそう言うものの、その吸血鬼は信用できるのか疑問に思う優一郎。しかし、一応ミカの命を救ってくれた人物であることを聞くと・・・

「じゃあ信用できるな!」
「そいつがいなきゃ俺は生きておまえと会えなかったんだ」
「なら俺はそいつに感謝しないと」

あっけらかんとそう言い放つ優一郎に、ミカは呆れてしまいます。

市役所

自分に剣を突きつけるグレンを殴り飛ばすクルル。クルルはグレンが柊真昼からの使者かと思いますが、グレンの反応をみるとどうも違う様子。

「私は世界崩壊前 柊真昼と取引した」
「だが おまえが柊真昼でないなら手は組めな・・・」

「なら殺せよ」
「でもおまえはできない」
「どうせ後戻りできないところまで吸血鬼どもを裏切ってるんだろう?」
「今日 おまえも『終わりのセラフ』の実験を成功させる必要が・・・」

グレンを蹴り飛ばすクルル。グレンに痛いところを突かれてしまったようです。

そして、吸血鬼たちに向かって人間が集結している名古屋空港へ向かうことを宣言します。

名古屋空港

名古屋空港に数台の車が入ってきます。敵かと慌てるシノア達でしたが、車から降りてきたのはミツハの姉の葵、そして・・・なんと柊暮人。

「任務達成おめでとう!!」
「君達月鬼ノ組の犠牲の上に我々人間は今日!!」
「吸血鬼どもに完全勝利する!!」

柊暮人が月鬼ノ組の生き残りの隊員たちに宣言。自分たちは助かったのかとやや気が緩む隊員たち。しかし、シノアは何か悪い予感がして警戒を続けます。

状況が飲み込めない柊深夜。暮人にどうやって吸血鬼を倒すつもりか聞きますが、暮人はそれには答えず逆にグレンの居場所を問いただします。そして、吸血鬼に捕まったことを聞くと・・・

「冗談だろ?」
「・・・あいつ馬鹿か」
「どっちの人格だ」
「それとも俺のこともたばかるつもりか」

実験

ますます状況が分からなくなる深夜たち。深夜がそして鳴海隊長が説明を求め突っかかりますが、暮人はそれに答えるつもりはないようです。

「・・・みなさん」
「離脱準備を」

不穏な空気を感じるシノア。

「実験を始めろ」

暮人の合図で大量の鎖が月鬼ノ組の隊員たちに向かって伸びていきます。次々と鎖に貫かれていく隊員たち。

警戒をしていたシノアたちはどうにか生き残こります。そして、シノア隊に撤退を指示しますが、そのシノアに向かってまた鎖が伸びてきます。

バキキンッ

優一郎が現れ、シノアを貫こうとする鎖を跳ね飛ばします。

「シノア!!!」

「ゆ 優さん!!?」

終わりのセラフ11巻39話の感想【ネタバレ注意】

なんとなく話が煮詰まってきましたね~

クルルは大分前から真昼と手を組んでいたようです。そして、吸血鬼への裏切りももう誤魔化せるレベルではないみたいですね。

帝鬼軍の方は今度は暮人まで来ちゃいました。しかも、グレンの人格のことも知っていたようです。この二人お互いを利用し合うような感じで、ある程度手を組むのは分かるんですが、思ってたよりも深い繋がりなのかな。

誰と誰がどの程度繋がっているのか、かなり複雑な感じですね(笑)

そして、名古屋空港の実験はクルルにとっても、暮人やグレンにとっても、絶対に成功させないといけないレベルのかなり重要なもののようです。この実験をめぐって、暮人、グレン、クルル、優ちゃんやミカといった色々な立場の者たちが、どう絡んでいくのか興味深いですね。