漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

終わりのセラフ11巻43話のネタバレ感想

      コメント (48)

ジャンプSQ2016年4月号終わりのセラフ43話のあらすじと感想です♪
43話はおそらくコミック11巻に収録。
11巻の発売日は2016年5月2日です。

終わりのセラフ11巻43話のあらすじ【ネタバレ注意】

小屋

「なあミカ・・・」
「ミカ」
「この鎖外してくれよ」

うつろな目でミカに呼びかける優一郎。しかし、ミカは相手にせず何やら時間を計っています。

ミカに相手にされないと分かると、優一郎は今度は凶悪な顔になり暴れ出します。しかし、手に繋がれた鎖を外すことはできません。

「あ」
「オレまた鬼になってたのか・・・」
「おはよミカ」

優一郎は突然我に返ると、いつものトボけた表情に。どうやら定期的に鬼に憑かれ、その間鎖に繋がれているようです。

優一郎が我に返ったのを見計らって、そこへシノアもやってきます。

シノアを嫌なものを見るような目で見つめるミカ。ここしばらく一緒に生活していたものの、やはり人間への不信感は拭えていない様子。

イライラしているミカに、シノアは自分たちの体から抜いてきた血を飲んでもらおうと差し出しますが・・・

パシッ

「あ・・・」

血の入ったペットボトルを振り払うミカ。

「・・・おいミカ」
「今のはだめだろミカ」

「・・・あれを飲めっていうの?」
「僕は彼女たちのペットじゃない」

「そんなんじゃない」
「仲間の血だ」

「シ・・・シノア隊のみなさん!!」
「助けてください!!」
「またバケモノの襲撃です!!」

そこへ村人が飛び込んできます。サッと外に出ると、襲ってくるバケモノ達を次々と葬っていくシノア隊とミカ。この村の安全を確保するのと引き換えに、シノア達は食料を提供してもらっているようです。

アッサリとバケモノを退治し、シノア達は村人たちと一緒に朝食を取ることに。そんな人間達の様子をミカと優一郎は遠くからボンヤリと見つめています。

ミカの手には先程のペットボトルが。ミカはそれをしばらく見つめると、ゴクゴクと飲み始めます。

「・・・ねぇ優ちゃん」
「この仲間ごっこすら」
「実験の一部だったらどうする?」
「彼女たちは優しい」
「それはわかる」
「でも本当に信じていいのかな」

会議

朝食を終えると、今後について会議を始めるシノア達。日本帝鬼軍は目的のためには手段を選ばない凶悪な集団だと分かったものの、優一郎の治療をするためには、投降する以外にないように思われますが・・・

「ふざけるな」
「優ちゃんを人間には渡さない」

やはり、それはミカが強硬に反対。その優一郎は、自分のことよりもまず他のみんなのことを考えるよう提案しますが・・・

「黙れガキ!!!」
「君の実験に巻き込まれて僕は仲間を失ったのに」
「ふざけたこと吐かすな」
「君は絶対に救う」
「じゃなきゃ仲間が死んだ意味がなくなる」

自分のことを軽く扱う優一郎に怒り出す真琴。そう言われると、優一郎は何も言葉を返すことができなくなってしまいます。

一方、優一郎が救う手段が帝鬼軍へ投降するしかないとしても、妹を実験体にされた君月は絶対にそれだけは許せません。

「俺は何があろうと妹だけは絶対に救いたい」
「それはおまえらを裏切ってでもだ」

ここで議論は行き詰まり、ミカへ意見を求めるシノア達。自分も同じように仲間扱いされ、ミカは複雑な表情に。

「・・・・・・」
「・・・終わりのセラフの実験をしている吸血鬼がいた」
「僕を飼っていた女王だ」
「彼女はたぶん信用できる」

いま女王は捕まっているものの、何でもありの人間たちよりも、人間に興味のない吸血鬼から女王を奪還する方が楽だというミカ。

その案にまず真琴が賛成。次に君月。そして、他の仲間たちも次々と賛成していきます。ミカはアッサリと自分の提案を受け入れる人間達に呆気にとられます。

結局、全会一致で女王救出を目的にすることに決まります。

海岸線

そのころ車で海岸線を走るフェリドとクローリーの姿が。とても楽しそうに車を走らせているフェリド。

そんなフェリドにクローリーが今どこへ向かっているのか訊ねます。

「とある小さな漁村」
「愛しの優ちゃんミカちゃんの」
「仲間になりに行くのさ」

終わりのセラフ11巻43話のあらすじ【ネタバレ注意】

フェリド抜け抜けと(笑)相変わらずふざけた吸血鬼ですね(笑)ミカ達の仲間になるなら、最初からクルルを逃がせばよかったのに。

まあ、ラストの様子を見た感じでは、わざとクルルを捕らえさせて、それを優ちゃんやミカと一緒に救うというゲームでもやるような感覚なのかなあ。平凡な日常には飽き飽きで、面白ければ何でもありって感じですね。

シノア達は、そんなふざけたこと言われても、絶対に受け入れられないでしょうね。でも、もし本当にフェリドとクローリーが味方になるのなら、かなりの戦力アップになるのは確か。

結局優ちゃんが、それで目的を達成できるなら別にいいじゃんという感じで、OKしちゃうような気がします(笑)個人的にはフェリドもけっこう好きなので、優ちゃんとフェリドが一緒に戦うなら、ちょっとだけ楽しみです♪

あと、優ちゃんは今のところ1日のうち数時間以外はちゃんと自分の意識を保てるみたいでよかったです。まあ、ずっとこのままってわけにもいかないでしょうけど。

うまくクルルを救出して、そのクルルが何か鬼や天使を制御する方法を知っていればいいのですが。