漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

終わりのセラフ13巻52話のネタバレ感想

      コメント (37)

ジャンプSQ2017年1月号終わりのセラフ52話のあらすじと感想です♪

52話はおそらくコミック13巻に収録。13巻の発売日は2016年12月31日です。

終わりのセラフ13巻52話のあらすじ【ネタバレ注意】

フェリド邸

フェリド邸へやってきた優一郎たち。クローリーは鍵を持って、館の門を開けにいきます。

庭でクローリーを待っている間、優一郎は与一が持つ茜の首へ目が行きます。やはり、どうしても茜を生き返らせたいようです。

「で」
「優ちゃん本気なの?」
「フェリドを救うってやつ」

一方、フェリドへの不信感が拭えない様子のミカ。

「何度も言ってるけど信じるには値しないよ」
「仮にあの話を信じたとしても」
「『終わりのセラフ』は死者を蘇らせた代償に世界の人間を殺した」
「君の大好きな一瀬グレンとかいう男のせいで世界は終わった」
「で」
「僕らはどうなった?」

二人は暗い地下で家畜にされ、家族まで殺されてしまったことを思い出します。

「茜ちゃんを生き返らせるには」
「今度はどんな代償がいる?」

シノア達の方へ目をやるミカ。今度はシノア達 今の仲間が死んでしまうかもしれません。

「・・・これは泥沼だよ」
「優ちゃんに生きて会えただけでもう十分だ」
「これ以上欲張ったら優ちゃんは・・・」
「結局第二の一瀬グレンに・・・」
「鬼になっちゃうんじゃないのか?」

ミカと鳴海

「いや」
「もうそいつは鬼だろ」

二人の話に横から鳴海が入ってきます。

「どっかの誰かが吸血鬼になった」
「そのことに責任を感じて」
「優は鬼になった」

鳴海の言葉にミカは「・・・あ」とショックを受けてしまいます。

「そいつの話は建設的じゃない」
「優と二人で逃げることばかり考えてる」

さらにミカに食って掛かる鳴海。しかし、ミカも考えは変わらないようです。

「僕はもう何度も見た」
「『終わりのセラフ』の実験を」
「際限のない」
「醜い欲望が最後に生み出すのは・・・」

「希望だ」

「絶望だよ」

やはり意見が正反対に食い違い、互いの顔を睨みつけるミカと鳴海。

「まあまあ二人とも・・・」

そこへやってきた与一とシノアがミカと鳴海をなだめます。二人や優一郎の顔を見て、ミカも冷静になった様子。

「ごめん」
「二人だけで逃げようとしてるんじゃない」
「僕は不安なんだ」
「僕の頭が悪いせいで」
「また仲間を失うことが・・・」

そう素直に謝られると、鳴海ももう何も言えなくなってしまいます。

吸血鬼

バンッ

その時 館の扉が開き、貴族らしき吸血鬼がイキナリ現れます。

「まずいっ」

そのまま問答無用で斬りかかってくる吸血鬼。突然の襲撃に、体勢の整ってない優一郎たちは蹴散らされてしまいますが、全員の力で対抗して、どうにか距離を取ります。

「あいつ」
「とんでもなく強ぇな」
「でも」
「たぶん陣形組んでみんなでやれば」
「オレたちは」
「勝てる」

陣形を組み、吸血鬼に向き合う優一郎たち。すると吸血鬼は不安そうな目で、チラッと後ろの扉の方へ目をやります。

「つきあってられないな」
「こっちはバケモノに追われてるんだ」

優一郎たちの相手をやめ、スッとどこかへ去ろうとする吸血鬼。しかし、その前に今度はクローリーが立ちはだかります。

「・・・クローリー」
「ユースフォード」
「おまえは十三位のはずだ」
「十位の私に太刀打ちできるはずがない」
「どけ」
「時間の無駄だ」
「死」
「ねぇ」

クローリーに斬りかかる吸血鬼。しかし、一瞬で返り討ちにあい、殺されてしまいます。

クローリー

優一郎の方へ目をやるクローリー。

「陣形か」
「懐かしいね」
「ちょっと試してみよう」
「ミカ君の加わったその陣形で」
「僕が止められるか」

と、クローリーがかかってきますが、みな一瞬で蹴散らされてしまいます。

クローリーの圧倒的な強さに驚く優一郎たち。さきほどの十位との戦いといい、とても十三位の力には思えません。

そんな優一郎たちに、クローリーは実は自分がフェリドではなく二位の血を飲まされ、七位程度の力があることを説明します。

「これはアドバンテージだよ」
「僕を知ってる上位始祖は僕を十三位だと思うから」
「一瞬だけあなどってくれる」

800年前フェリドに血を飲まされてから、ずっと誰にも知られてないというクローリー。しかし、800年前からそんな計画を立てていたフェリドに、ミカはますます不信感がつのります。

「それは同感だよ」
「彼は迷惑な奴だしねぇ」
「あ そうだ」
「いっそ救うのやめようか?」
「そしたら僕もちょっとだけ解放されるかも」

ミカの考えにクローリーも同調しますが・・・

「いや」
「救うと決めた」
「フェリドにはまだ話を聞く必要があるし」
「女王には家族を救われたんだ」
「だから助ける」

優一郎がキッパリと言い放ちます。

そんな優一郎たちをにこやかに見つめるクローリー。

「じゃあ急速に強くなる必要があるね」
「これから戦う相手は僕より格上・・・」
「第五位だ」

その言葉に、みな真っ青になってしまいます。

終わりのセラフ13巻52話の感想【ネタバレ注意】

今回は特に話が進んだわけでもないですけど、細かい部分が色々と興味深くて面白かったです♪

冒頭ミカと鳴海が対立してしまいました。鳴海はチームの仲間が全員 殺されてしまったので、きっと終わりのセラフに希望を見出してるんでしょうね。

それは家族を皆殺しにされたミカも同じはずですけど、終わりのセラフの酷い実験をたくさん見てきたミカは、それが行き着く先は絶望しかないように感じるみたいです。

これに関しては多分ミカの方が正しいのだと思います。ただ、自分が鳴海の立場だったら、仮にミカの言うような結果になると分かってても、やっぱり一縷の望みにかけたくなるんじゃないかなあ。

でも、その後ミカがシノア達を仲間と呼び、素直に謝ったことには驚きました。一緒に過ごしてるうちに、いつの間にかミカがちゃんと仲間になってて嬉しかったです♪

それと、ミカと十位始祖が戦うシーンがチラッとあったんですけど、ミカは全く敵わない感じでしたね。二位の血を飲んだクローリーが七位ぐらいで、もし七位の血を飲めば十三位ぐらいになるなら、三位のクルルの血を飲んだミカは九位ぐらいはあってもよさそうな気がするんですけど。

まあ、吸血鬼の強さは血だけでなく生きた長さも関係するらしいので、そのせいかな?いずれは、もっと強くなるかもしれませんね。最後のクローリーの言い草だと、ミカだけでなく優一郎たちもまだまだ強くなれる余地があるみたいですし、何かワクワクしてきます((o(´∀`)o))ワクワク

あと、いつもはフェリドからクローリーが酷い扱いをされますが、立場が逆になって今度はフェリドの扱いが酷くて面白かったです(笑)クルルは早く助けて欲しいですけど、フェリドはしばらく日光拷問にかけててもいいかもしれませんね(笑)

何となく次は一気にストーリーが進みそうな感じなので、次の発売日がとても待ち遠しいです♪