漫画ファンBlog

大好きな漫画について語り合いましょう♪

終わりのセラフ15巻57話のネタバレ感想

  コメント (54)

ジャンプSQ2017年6月号終わりのセラフ57話のあらすじと感想です♪

57話はおそらくコミック15巻に収録されると思います。

終わりのセラフ15巻57話のあらすじ【ネタバレ注意】

暮人vs天利

暮人が天利に立ち向かい、それを葵が援護します。

「はっ」
「まだ三宮家の女を大切に飼ってるのか」
「まさか恋でもしたか?」
「執着は『人』を殺すぞ」

暮人をバカにしたように笑う天利。しかし、暮人はそれを無視して斬りかかります。

ドッ

「やった!!」

暮人の一撃が天利の首を跳ね飛ばしますが・・・

天利の身体からヒュルヒュルと鎖が伸びて行き、首と身体が繋がります。

「・・・ちぃっ」
「これで死なないのかよ」

天利のバケモノっぷりを見せつけられ、暮人の顔に脂汗が浮かびます。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

地下室

「・・・柊や日本帝鬼軍も」
「駒・・・」
「ですか?」

グレンの言葉が信じられない三葉。

そんな三葉にグレンが、なぜ柊はこれほど強くなったのか、なぜそれが何百年も続いているのか、世界が終わってさえ頂点に君臨しつづけるのはなぜなのか、おかしな天が山ほどあることを言って聞かせます。

「きっとどうせ」
「『柊』は何かいろいろ悪いことをしてるんでしょう」

ひとり離れて話を聞いていたシノアが、みんなの方へ近寄ってきます。

「よぁ」
「柊の女」

シノアの方へ目をやるグレン。

「・・・結局」
「暮人も真昼と同じだった」
「・・・『柊』の血に生まれ」
「あがく」
「それぞれがいま自分にできる」
「ぎりぎり正しいと思えた道を行く」

グレンはシノアというより、その横に浮かぶ真昼の方を見ながら、語りかけます。

しかし、グレンの話を聞いても、シノアはあまり興味のない様子。自分には柊の権力闘争など関係ないと思っているようです。

そんなシノアをグレンがジッと見つめます。

「おまえは狂った実験で鬼と生まれた」
「その生まれた時から植え込まれてた鬼は何と言ってる?」
「『四鎌童子』は」
「おまえに何を囁く?」

グレンが変なことを言い出し、横で聞いてた三葉達は意味が分からず戸惑います。

「とにかく『柊』は何かに選ばれ」
「それぞれがそれぞれに抗う」
「暮人もいま必死に戦っている」
「目の前の絶望と」

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

暮人と天利

暮人と天利の戦いは、未だ継続中。

「おまえは『柊』だ」
「『柊』の運命を継ぐ男だ」
「『柊』に生まれた者は誰とも馴れ合う必要はない」
「ほら見ろ」
「弱さがお前を殺すぞ」

天利の身体から伸びた鎖が葵の方へ向かって行きます。

「葵!!!」

その鎖をギリギリで寸断する暮人。

「暮・・・!」
「いやぁあああああああああっ!!!」

葵は助かったものの、その代償として暮人の右腕が切り落とされてしまいます。

「八年前」
「高校の頃と同じじゃないか」
「最後の最後でくだらない部下を守り」
「おまえは正しい判断をしない」
「いったいいくつになった」
「いくつになればおまえの努力は真昼の才能に追いつく?」

その場にうずくまる暮人を見落ろしながら、天利が呆れたように語りかけます。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

決着

「よく喋りますね」
「父上」

「・・・あ?」

脂汗を流しながらも、ニヤリと笑みを浮かべる暮人。

「・・・なっ」

ビルの外から放たれた「終わりのセラフ」の一撃が天利を直撃。そして、吹き飛ばされた天利に、暮人が刀を突き刺します。

「これでいかがでしょう」
「父上」
「すべて計画通りです」
「私がくだらない部下を守るとあなたが侮り」
「長く喋るところまでが全て」

致命傷を負い、口から大量の血を吐く天利。しかし、暮人の成長を見せられ、どこか嬉しそうな様子。

そんな天利に、暮人は誰が天利を柊を操っていたのか、問い詰めます。

「急くな」
「どうせお前のまえにも現れる」
「旧い神が」
「そして『柊』は呪われる」
「今日からはおまえだ」

暮人に向かって、震える手を伸ばす天利。

「自信を持て」
「暮人」
「おまえは真昼より優秀だ」
「人間の心のまま私のもとまでたどりついた」
「ありえない」
「私より遥かに優秀だった」

そこで天利はついに息絶えます。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

暮人

グルリと周りを見渡す暮人。天利の最後の言葉が正しければ何かが現れるはず・・・

そして、その言葉通り、突然 暮人の前に神々しい姿をした女が降臨します。

「誰だおまえは」

「天利はなんて?」

「旧い神と」

暮人の答えに、女は笑みを浮かべます。

「ははは」
「神なんかじゃないけど」
「彼はもっと性格が悪い」

「まるで神を知ってるかのような口ぶりだな」

女に向かって斬りかかる暮人。どうやら何者かがここに現れるのは、暮人も事前に予想していたようです。

暮人が女に刀を突き刺すものの、傷一つ負わすことができません。さらに、暮人の合図で「終わりのセラフ」の攻撃が放たれようとしますが・・・

「止まれ」という女の一言で「終わりセラフ」は沈黙。「終わりセラフ」さえ操ってしまう女に、暮人を始め みな青ざめます。

「さあ」
「君に取り憑くよ暮人」

女の手がググっと暮人の身体へ入っていきます。

「ぐぅ・・・!」
「いあったい・・・」
「おまえは何者だ?」

「・・・名前」
「聞きたい?」
「私の名は」
「四鎌童子」
「一番最初の吸血鬼だ」

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

終わりのセラフ15巻57話の感想【ネタバレ注意】

発売日は明日ですけど、コンビニにSQが置いてあったので即買いました(笑)でも、朝気づいてれば・・・(-_-;)

今回は一気に話が進んでメチャクチャ面白かったです(^O^)

グレンが言ってた柊を操っている存在ってのはしーちゃんこと四鎌童子だったんですね。しかも、一番最初の吸血鬼とのこと。

今はシノアからは抜け出してる状態?シノアに憑いているはずですけど、天利にも憑いてた?その辺は、イマイチよく分からなかったです。シノアのことは真昼やグレンがえらく気にかけてるし、重要人っぽかったですけど、重要どころか一番のカギになる存在なのかなあ。

あと、「終わりセラフ」の力でグレンが死者を蘇えらせたのが神の怒りに触れて、世界は滅亡したという話だったと思います。その時 言われていた「神」ってのは宗教的な意味なのか、何かそういう存在がいるのかよく分かりませんでしたけど、四鎌童子の口振りからすると、実際に何者かががいる感じですね。

黒幕が分かったと思ったら、さらなる黒幕が・・・ 「神」が四鎌童子を通して、柊や日本帝鬼軍を操ってたということなのかなあ。

今月号を読んだばかりですけど、また来月号が早く読みたいです♪

※追記

月刊少年マガジン7月号からグレンの小説が漫画化されるって告知が載ってました\(^o^)/ 小説も本編に負けずすごく面白いので、それが漫画で読めるなんてメチャ嬉しいです。

あと、しーちゃんは敵対する神に対抗するために、人間を使ってセラフの実験をさせているのではないかというコメントをいただきました。確かに、そっちの方が色々とシックリきますね。すっごいスッキリしました(笑)

コメたくさんいただき、ありがとうございますm(_ _)m