漫画ファンBlog

大好きな漫画について語り合いましょう♪

終わりのセラフ15巻58話のネタバレ感想

      コメント (9)

ジャンプSQ2017年7月号終わりのセラフ58話のあらすじと感想です♪

58話はおそらくコミック15巻に収録されると思います。

終わりのセラフ15巻58話のあらすじ【ネタバレ注意】

暮人

一旦意識を失うものの、すぐに目を覚ます暮人。

「取り憑かれたのか?」
「オレは・・・」

自分を見つめ直しますが、何も変わったことがあるようには思えません。

「・・・おい四鎌童子」
「オレに取り付いて何をするつもりだ?」

四鎌童子に呼びかけても、全く反応はなし。

「雷鳴鬼」

暮人は精神世界で雷鳴鬼を呼び出します。

さきほどの暮人と四鎌童子のやり取りは見ていたという雷鳴鬼。しかし、始祖だと名乗った四鎌童子と自分との関係など何も思い出せないようです。

「そもそも鬼は過去の記憶がほとんどないんだ」
「だから欲望が欲しい」
「あなたの欲望が」
「たとえば」
「1、従順な三宮葵をめちゃくちゃにしたいとか」
「2、責任を全て放棄して逃げ出し・・・」

「・・・オレの欲望の話はどうでもいい」
「おまえどっちの味方だ」

暮人は四鎌童子の話を遮り、逆に問いただします。

「信じて」
「今だけは」
「なにせ私の本体はいま」
「あなたを必死で守ってるから」

次の瞬間、地面にヒビ割れが走り、あたりに黒い影が立ち込めます。

「!」
「なっ!!」

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

異変

地割れが広がっていき、雷鳴鬼がそれを必死に押さえ込みます。

「・・・四鎌童子が君の心に扉を作って入り込んでこようと・・・あ」

地割れから今度は何本もの鎖が飛び出し、暮人を襲います。しかし、どうにか雷鳴鬼がそれを制御。

「ぐ」
「私より強い」
「ぐぅ・・・」
「全然力が足りないんだ・・・」
「欲望が・・・」

雷鳴鬼は辛そうに顔を歪ませます。

さきほど雷鳴鬼が欲望を欲していたわけを、ようやく理解する暮人。

「欲望をお前にやれば勝てるって?」
「罠だ」
「おまえはオレを取り込もうとしている」

「・・・ははは」
「信じてくれないのね」
「・・・お好きに」
「私はあなたの鬼」
「あなたの選択に従う」

青ざめた顔で必死に地割れを押さえつける雷鳴鬼。

暮人はギュッと拳を握りしめます。

「・・・くそ」
「待ってろ」

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

暮人と葵

再び目を覚ます暮人。

「暮人様!!!」

目の前には、必死に呼びかける葵の姿が。

暮人は周りを見渡し状況を確認。報告によると、暮人の部隊が渋谷を占拠し、見事に勝利を収めたようです。

ピクッ

暮人の右手の指がピクリと動き、暮人は驚いたように自分の手を見つめます。どうやら帝鬼軍の必死の治療により、千切れたはずの右腕もつながったようです。

身体を起こし、葵を顔をジッと見つめる暮人。そして、つながったばかりの右手で葵の顔を引き寄せます。

「・・・え」
「暮人様・・・」

真っ赤になり、ドキドキと胸が高鳴る葵。暮人そのままま葵にキスをします。

「あ・・・」
「・・・ん」

暮人はしばらく唇を合わせた後、ようやく葵を解放。

「・・・暮人様」
「これは・・・」

突然キスさた葵は、訳が分からず狼狽します。

すると、心の中から雷鳴鬼の声が。

「足りない」
「保って十時間かも」
「この調子で君のタブーを破り続けて」
「じゃなきゃ」

今のままでは遠からず、四鎌童子に心を乗っ取られてしまうようです。

「葵」
「・・・負けた」
「オレは王である資格を失った」
「天利から移ってきたバケモノに取り憑かれた」
「自分を律せない」
「鬼に欲望を大量に供給し続けなければ」
「乗っ取られる」

「欲望・・・」
「じゃじゃあ今のキスは・・・」

葵はその意味を理解し、カアっと真っ赤に。

「・・・どうすればいいか」
「どうすれば・・・」

頭を抱えて悩みだす暮人。

「・・・葵」
「オレはもう信じられない」
「だから信用できるヤツを呼ぶ」

暮人はグレンと深夜を呼び戻すよう、葵に命じます。

その時、暮人の心に雷のように欲望が降り注ぎ、雷鳴鬼が歓喜します。

「ああすごい」
「すごい欲望が供給された」
「いいぞ暮人」
「信じちゃダメなのに」
「あなたは本当は誰かを信じたい」
「さあもっと堕落して」
「弱さを受け入れて」

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

地下室

嬉しそうにグレンに語りかけている優一郎。しかし、そんな優一郎やグレンの見ていると、ミカはふつふつと怒りが湧いてきます。

ギインッ

突然ミカがグレンに襲いかかり、グレンがそれを受け止めます。

「ミカっ!!!」

グレンに斬りかかるミカを優一郎が必死に制止。しかし、どうしてもミカは納得がいきません。

「こんなのおかしいよ優ちゃん」
「何でみんなこいつが来て笑う?」
「こいつが世界を滅亡させたんだろ?」
「こいつのせいで僕らはこんな世界に住んでいるのに!!」

怒りを爆発させるミカ。そんなミカに代わり、鳴海が冷静にグレンに問いかけます。

「中佐が柊深夜たちを蘇生させたから世界は滅亡した」
「そうですよね?」
「じゃあ仮に中佐がそれをしなかったら」
「世界は八年前のまま存続してたんですか?」

ギュッと拳を握りしめるグレン。

「・・・言い訳はしない」
「引き金はオレが引いいた」
「オレがやらなければ回避されていた可能性は・・・」

「ないでしょう」

グレンの言葉を遮り、シノアがそれを否定。

「中佐は柊に抵抗できない」
「おまけにその柊を操ってる黒幕がいる」
「それを中佐は知ってる?」

「いや」

グレンは黒幕の存在は本当に知らない様子。しかし、黒幕すら知らずに、グレンが一体何をしようとしているのか、皆ますます訳が分からなくなってしまいます。

「教えてくれグレン」
「オレたち家族なんだろ?」
「お前はいったい何をやってる?」

優一郎の問いに、グレンはしばらくのあいだ沈黙。そして、ようやく口を開きます。

「・・・・・・」
「人類の全蘇生だ」
「オレが殺してしまった人間を」
「すべて元に戻す」