漫画ファンBlog

大好きな漫画について語り合いましょう♪

終わりのセラフ15巻59話のネタバレ感想

      コメント (25)

ジャンプSQ2017年7月号終わりのセラフ59話のあらすじと感想です♪

59話はおそらくコミック15巻に収録されると思います。

終わりのセラフ15巻59話のあらすじ【ネタバレ注意】

地下室

「すっげぇ」
「えええ!!!」
「みんな聞いたか!!?」
「全員生き返るって」

グレンの話を聞いて、優一郎は大喜び。しかし、優一郎以外は皆どこか微妙な表情になります。

「こんなの信じるなよ優ちゃん」
「できるわけない」
「こいつに騙されちゃ駄目だ」

冷静に優一郎を諭すミカ。

仮に生き返らせるとしても、誰を生き返らせるのか?8年前のウィルスで死んだ人間すべて?
茜や子供達は?最近 死んだ秀作たちはどうなるのか?死体がないと駄目なのか?

みな次々と疑問を口にしますが、グレンは何も明確な答えは出しません。

唯一、呪術式の説明資料はほとんどこの地下室にあることだけ告げるグレン。

「・・・でもあれ読めませんでしたよ」
「難しくて」

「知識のないやつが読み込んでいっても読むだけで一年はかかるだろう」
「だから・・・」
「信じてほしい」

ますます胡散臭い話になり、やはり誰もグレンのことを信用できない様子。

「嫌なヤツは去ってもらってかまわない」
「だが優」
「お前には俺に付き合ってもらうぞ」
「お前はこの全組成をするためのキーだ」
「計画の中心」
「俺にはお前が必要だ」

そう言って、グレンは優一郎を指差します。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

ミカ

「優ちゃん!!」
「まさか受け入れないよね」
「君を利用しようと・・・」

優一郎に問いただすミカ。しかし、優一郎はグレンの力になれるとあって満更でもないようです。

もちろんミカは大反対しますが・・・

「でもじゃあ茜はどうする?」
「子供たちは?」
「俺は生き返らせたい」
「お前のことも人間に戻したい」
「君月の妹も救って」
「鳴海の家族も」

茜たちのことを考えると、ミカの顔が辛そうに歪みます。

「でも欲張ったらまた全てを失う」
「やっと会えたのに」
「僕らまた離ればなれに・・・」

「なら離れなきゃいい」
「こんな世界じゃ家族は離れちゃ駄目なんだ」
「だからミカ」
「お前は俺の側にいろ」
「俺がやばいと思ったらお前が俺を助けてくれよ」

ミカはしばらく間だまって何かを考え込みます。

「・・・・・・」
「・・・やばいと思ったら」
「あの男はすぐに殺すぞ」

「大丈夫だ!」
「ミカもきっとグレンのこと好きになる!」

優一郎に満面の笑みでそう言われると、ミカは呆れてもう何も言えなくなってしまいます。

一応ミカも納得したものの、グレン1人では人類の蘇生はできないらしく、そのために必要なフェリドとクルルを取り戻すことに。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

地下室から出たグレンと優一郎は、グレンが気絶させた深夜達をベッドに寝かせます。

「なあグレン」
「仲間のこと」
「ずっと1人で抱えてて辛かったか?」

「・・・別に」

「そっか」
「・・・たぶん」
「きっと・・・辛かったろうな」

グレンの心境を推し量り、寂しそうな表情を浮かべる優一郎。

「深夜たちが起きたら」
「キ・ルク攻略の計画を話す」
「だがその前に」
「お前の修行をやる」

「修行!?」
「俺もっと強くなれるかな!?」

グレンが話題を変えると、それに優一郎が食いつきます。

薬を使って限定的にセラフのちからを使えるようにするというグレン。いつも優一郎は意識を失い無差別に攻撃してしまいますが、”限定解放”ならギリギリ意識ももつようです。

「リスクもある」
「おまえの心と身体への負担が・・・」

「いい」
「グレンが必要だと思ってんだろ?」
「家族の俺がそうなったとしても」
「これは必要なことだとお前は思ってる」
「ならいい」
「信じるよ」

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

そのままグレン達は外へ。クローリーやミカの力も借りて、ここで修行を始めることになります。

優一郎がグレンに渡された注射を射つと・・・

「・・・ウォ」
「アアアアアアアアアア!!!!」

あたりに凄まじい絶叫が響き渡ります。

羽を生やし、フェリドの屋敷に突っ込む優一郎。ちょうど寝ていた深夜達も吹き飛ばされ、目を覚まします。

「グワアアアアアア!!!」

「ぐわーって」
「なに!!?」

目を覚ましした途端 優一郎が襲ってきて、ワケの分からない深夜。

「撃て深夜!!」
「死ぬぞ」

グレン隊や、ミカ、クローリー総掛かりで何とか優一郎を叩き伏せます。さらに屋敷の中に待機していた三葉達も、その場へ駆けつけてきます。

「失敗だ」
「優がセラフをコントロールできるようになるまで」
「これを繰り返す」

あまりに過酷な修行方法に三葉達が言葉を失っていると、意識を取り戻した優一郎がムクッと起き上がります。

「あれ」
「俺どうしたっけ」
「失敗した?」
「したよな?」
「ごめん次がんばる」

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

3日後

相変わらず1人フェリド達を見張っているキ・ルク。すると、ピクっと何かを感じます。

「おっと~」
「やっぱりなんか来たぞ」
「なんだ」
「これだれ?」
「フェリド君」

キ・ルクがフェリドに声をかけると、炎の中からニヤッとフェリドが笑みを浮かべます。

「ん~囲まれてる」
「ああ十三人だ」
「場所もわかる」
「殺してまわるか?」
「いや敵の目的はフェリドとクルル様だろうから・・・」
「してどうするか」

一方、遠い場所に待機中の優一郎と与一。与一がキ・ルクに向かって月光韻を構えます。

「やるぞ」
「お前が撃つと同時に走る」

「撃ちます!!」

「いっけぇええええええ!!!」

作戦の時間となり月光韻を放ち、それと同時に優一郎がキ・ルクに向かって突っ込みます。