漫画ファンBlog

大好きな漫画について語り合いましょう♪

終わりのセラフ16巻60話のネタバレ感想

      コメント (20)

ジャンプSQ2017年9月号終わりのセラフ60話のあらすじと感想です♪

60話はおそらくコミック16巻に収録されると思います。

終わりのセラフ16巻60話のあらすじ【ネタバレ注意】

前日

冗談を交えながら、和気あいあいとキ・ルク攻略の作戦を練るグレンや深夜達。

「仲いいなあいつら」

「高校から一緒だったららしいね」
「僕らみたいな感じかな」

グレン達の様子を、君月や与一は少し離れた場所から見守ります。

「きっと」
「中佐達みたいにこれから8年も一緒にいたら」
「僕らもいま以上に・・・」

「生き残れたらの話だろ」

与一はこれからのことを嬉しそうに想像していると、そこへ鳴海ががやってきます。

「世界はひどくなる一方で」
「私の家族はみんな死んだ」

「あ・・・」

鳴海の言葉に、与一は現実に引き戻されてしまいます。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

作戦

人形を用意し、作戦の説明を始めるグレン。

「おまえらこいつがキ・ルクだ」
「クローリーやフェリドよりも上の第五位始祖」
「で・・・じゃあどう攻略するか」
「普通の陣形じゃ無理だ」
「だがクローリーは数秒なら攻撃を受け止められる」
「そうだな?」

グレンがクローリーに問いかけますが、クローリーはあまり自信のなさそうな表情を浮かべます。

「とにかくキ・ルク攻略には戦力が足りない」
「だからフェリドとクルルを救う」
「深夜と与一が紫外線防止リングを打ち込んで」
「二匹の吸血鬼を解放させる」

フェリドを解放できればクローリー以上の戦力に。そして、キ・ルクよりも強いクルルを救えれば、そこで勝負は決まります。

「やつが他の吸血鬼のように人間を侮るバカなら」
「簡単な作戦でいけるはずだ」
「だが頭がよければ・・・」

「バレるよ」
「彼は頭がいい」

グレンの説明に口を挟むクローリー。

「彼はいつも少し」
「楽しそうにしてた」
「吸血鬼には珍しいことなんだ」
「楽しいって感情は」

キ・ルクの説明に、皆フェリドと似たものを感じます。

「狂喜と冷静さが混在してる」
「きっと楽しそうに気づくよ」
「おまけにフェリド君より上位始祖だ」

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

本命

クローリーからキ・ルクの説明を受け、みな困ったような表情を浮かべます。

「だがまあ」
「そうキ・ルクに思わせれば勝ち」
「クルルを救えば勝利」
「次点でフェリドを救えば勝利」
「頭がよければヤツはそれに対応してくる」

淡々と説明を続けるグレン。

「だが俺たちの目的は別にある」
「相手が想定してない切り札を使う」
「そのためにこの3日修行してきた」
「優がやるキ・ルクを」
「そのために俺たちは死人が出ないように囮になる」
「全部フェイントだ」

優一郎に皆の注目が集まります。

「クルルを救う」
「フェリドを救う」
「そう見せかけて」

クスリの入った注射器を手に取る優一郎。

「・・・オレが」

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

戦闘開始

作戦開始時間となり、与一が月光韻を放ちますが、キ・ルクはそれを軽々と弾きます。

「ヤバイ匂いがぷんぷんするねぇ」
「オレに挑むには遅すぎる攻撃」
「これ目的なに?」

続いて深夜の白狐丸が放たれるものの、キ・ルクはやはりアッサリと弾いてしまいます。

「目的はあっちか?」

フェリド達の方へ目をやるキ・ルク。そこへ降り注ぐ月光韻を、手で受け止めます。

「ほら紫外線防止リングあった」
「つまり目的は2人の復活か?」

(もしくはそう思わせておいて)
(オレを殺すつもりか・・・)

キ・ルクは月光韻で打ち込まれた紫外線防止リングを見て、作戦の意図を推測します。

月光韻に続き、クローリーやミカ、そしてグレン達が次々と襲いかかるものの、キ・ルクは軽くいなして深追いはしません。

「相手しなーい」
「これも誘導なら困るから人質に戻る」

次の瞬間、フェリドとクルルに向かって、同時に白狐丸が放たれます。

(両方は止められない)
(ならどっちだ?)
(どうする?)
(決めた)
(フェリドを捨てよう)

瞬時に判断し、クルルへ向かう白虎丸を叩き落とすキ・ルク。しかし、フェリドの方は手が回らず、紫外線防止リングがフェリドへと届きます。

「よし女王を守りきっ・・・」

キ・ルクは少し安心しますが・・・

「ガアアアアアアアア!!!」

キ・ルクの後ろから、薬で限定的にセラフの力をまとった優一郎が襲いかかります。