漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

プラチナエンド2巻6話のネタバレ感想

  コメント (0)

ジャンプSQ2016年5月号のプラチナエンド6話のあらすじと感想です♪

6話はおそらくコミック2巻に収録。11巻の発売日は2016年5月2日です。

プラチナエンド2巻6話のあらすじ【ネタバレ注意】

球場

「さて第2部始めるか」

メトロブルーから翼と赤い矢を回収するメトロポリタンマン。すると今度は、イエローと先ほどの女の子に手錠をかけます。

「君たちは僕に赤の矢を刺されてるわけだが言うことを聞いてもらうにも限界がある」

そう言って白い矢をイエローに向けるメトロポリタン。さすがに赤い矢を刺されていても、殺されるのは嫌らしく、イエローは狼狽しまくります。

そんなイエローに構わず、メトロポリタンは顔色も変えず白い矢を放ちます。自分の横で、イエローが殺されたのを見て、真っ青になる少女。

「いやーーーっ」
「ヤダーーーッ」
「助けてーーーっ」

少女は助けを求めて泣き叫びます。

(やばい)
(やばい)
(やばい)

少女が殺されそうなのを見て、動揺するミライ。出て行けば自分が殺されるのは目に見えており、助けたい気持ちを必死に抑えます。

しかし、絶叫する少女の声に耐え切れず、ついに飛び出していこうとします。

マウンド上

「出ちゃダメだよ」
「動いちゃダメ」

ミライが飛び出そうとした瞬間、なんとマウンドの上空にナッセが現れ、球場中に呼びかけます。ナッセの声で、ミライはハッと我に返ります。

明らかに神候補をおびき出そうとしているメトロポリタン。しかし、おびき出せないと分かれば、赤い矢の刺さっている少女を殺すことはないのではないかという思いがよぎります。

「もうその女の子を使っても神候補は出てこないよ」

メトロポリタンに語りかけるナッセ。

「そうか用済みか」

そうつぶやくと、メトロポリタンは少女へ向かって白い矢を放ちます。

「残念だったね神候補が出てこなければ殺さないと思ってた?」

今度は逆にメトロポリタンマンがナッセに話しかけます。それを聞き、すぅ~とメトロポリタンマンに寄っていくナッセ。

「『残念だったね」?ってどういう意味?」
「私は自分の神候補が死ぬ意外は人間が死んでもほとんど何も感じないの」

そして、再び上空へ飛び上がるナッセ。

「さあ帰ろ」
「皆と一緒に帰ろ」

ナッセの言葉を合図に、観客たちがぞろぞろと帰り始め、それに混じってミライと咲も帰っていきます。

部屋

部屋で頭を抱えるミライと咲。

「何もできなかった・・・」
「3人見殺し・・・」

「架橋くんには何の責任もない憎むべきはメトロポリタンマン」

ミライは咲の「憎む」という言葉にピンの反応します。

(咲ちゃんでも人を憎むんだ)

「殺すしかないか」
「・・・でもダメなんだ」
「俺にはできない・・・」

ボソリとつぶやくミライ。

「一番してはいけないのは人を憎んだり恨んだりすること」
「そっからは何もいいことは生まれない」

昔そう言っていた父の言葉が、そして、いつもの皆の幸せを願っていた母の姿が思い浮かびます。

(父さん)
(母さん)
(俺・・・どうすれば・・・)

作戦

「仲間・・・」

ふとつぶやく咲。球場に行って、ほとんどの神候補はきっとメトロポリタンをよく思っていないと感じ、それなら力を合わせられないかと考えます。

「なるほど・・・」

神候補を殺すと、翼と矢を譲り受けることができ、さらにそれを神候補や、赤い矢を刺した相手に自由に渡せるというルベル。

メトロポリタンマンが、これまでに殺した神候補たちから譲り受けた矢と翼は、合わせて3セット。1級天使が3人味方についたのと同じ状態だと考えられます。

「少なくとも1級以上のついた3人の仲間が欲しい」

その時、豪雨の部屋の外から、バンッと窓を叩く男の姿が。

「その案に賛成だ」

男は虚ろな表情でミライ達に語りかけます。自分は翼と赤い矢を持つ神候補だという男。

「まず赤の矢を刺しなさい」
「それで『本当に思ってることを言え』と命令すればいい」
「さあ早く刺してくれ」

プラチナエンド2巻6話の感想【ネタバレ注意】

メトロポリタンマンは、赤い矢を指していたイエローと少女もサクッと殺してしまいましたね。奪った翼と矢は自由に他の人に渡せるようで、少女たちを仲間にしておくより、自分で管理しておいた方がいいということでしょうか。

最初思っていたより、このメトロポリタンマンは頭が切れて、度胸や決断力もあって、あと愛嬌もあって(関係ないけど)、かなり手ごわそうです。

メトロポリタンマンが最後まで、ミライ達の前に立ち塞がることになるのか・・・もっと手強い神候補がいるのか・・・ちょっとワクワクします。

今回2人死んで、13人いた神候補はあと9人かな?サクサクと話が進むのもいいですね。バクマンやデスノートは、行き詰まったり、壁にぶち当たることが多かった印象がありますけど。

でも、早すぎないかい・・・?(笑) 6話で4人減って、このペースだとすぐ終わっちゃうような(笑)まあ、これからはそうカンタンにはいかないのかもしれませんが。

それか、神が決まるのが終わりではなく、その後が本格的なストーリーになってりってこともあるのかなあ。

どうなるのか分かりませんが、色々と楽しみが多いマンガだと思います♪