漫画ファンBlog

好きな漫画について語り合いましょう♪

PとJK7巻27話のネタバレ感想

  コメント (1)

別冊フレンド2016年6月号のPとJK27話の感想です♪

27話はおそらくコミック7巻に収録。7巻の発売日は2016年6月13日です。

PとJK7巻27話のあらすじ【ネタバレ注意】

警察署

勤務終了後の更衣室。

「最近カコちゃん見かけないねー」

部長が功太に声をかけます。

「なんか忙しいみたいですよ」

そっけなく答える功太。

「新婚なのにドライなんですねー」

「奥さん忙しいからって浮気しちゃダメですよ!嵯峨野さん」

「バカかおまえ・・・」

軽く冗談を言ってくる後輩に、あきれたように功太が返事をします。

「あっ逆に奥さんが浮気って可能性も・・・」

「バカかおまえ」

今度は射殺すような目で睨みつけます。

ランニング

そのまま、ランニングしながら帰宅していく功太。すると途中のベンチに、うさぎの着包みが座っています。

功太はその前を通りすぎようとしますが・・・

「シカトよくない!!」
「シカトだめ絶対!!」

(うわコレ永倉か!?)
(めんどくせーーー!!)

バイト中にジローが何かを悩んでいたようです。放っといて帰ろうとする功太を、ジローが着包みを着たまま追いかけてきます。

そのあまりの速さに、功太も驚愕。

「自分のスペック以上のものを期待されちゃったらどうします?」

涼しい顔で走りながら、相談を持ちかけてくるジロー。意外とマトモな質問だったことに、功太は少し拍子抜けしますが・・・

「オレのことをヒーローのように慕って尽くしまくってくれる後輩女子がいるんですけど・・・」

(相談を装った悪質な自慢話だった)

ダッとスピードをあげる功太。しかし、ジローが着包みのまま、ピタリとついてきます。

自分が本当は運がいいだけのアホだと気づいたら、その子もガッカリしてしまうだろうと、不安な気持ちを打ち明ける功太。

「・・・まあ」
「気持ちはわからんでもない」
「好きな女に対しては慎重にもなる」

功太もあまり人ごとではないようです。しかし、その後もウジウジと恋愛相談を続けるジローにだんだんイライラしてくる功太。

「おまえが一番信頼している人間は誰だ」
「自分を信じられないならそいつの言葉を信じろ」
「オレなんかじゃなくてな」
「以上!!」
「仕事に戻れ給料泥棒!!」

そう言って、ジローを叩き返します。

功太の部屋

ジローの恋バナを聞かされたせいか、カコがどうしてるか気になってくる功太。

「新婚なのにドライなんすねー」

先ほど言われた言葉が思い浮かびます。

(・・・別に)
(まったくドライではない)
(少なくともオレは)

家に付き、ドアを開ける功太。

「あ」
「おかえりー」

功太をカコが笑顔で出迎えます。

汗まみれの功太に抱きついてくるカコ。こうしていると、もうカコから離れたくなくなってしまいます。

すると、カコのスマホへ三門からラインのメッセージが。これからお泊りの約束をしているようです。

(うちに泊まればいいのに)
(とは)
(口が裂けても言えない)
(永倉の気持ちは)
(やっぱり)
(わからんでもない)

着替えて、カコを送っていくことにする功太。

(オレはまだまだ)
(慎重に行く)

玄関に出たを功太をカコが呼び寄せます。そして、なぜか功太を少しかがませるカコ。

功太がよく分からないままそれに従うと・・・カコがチュッとキスをします。

(・・・たぶん)